現代文学のちょっとした裏話。 「1970年11月25日」……第5話


短編まとめ
推奨スレ
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No.52 【練習用】 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1284259845/
中編 短編投下所75                   http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1282913904/
やらない夫短編投下所23                 http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1283273433/
やる夫系R18ストーリースレ その12          http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1271794106/
ヒロイン短編投下スレッド11               http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1280923208/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1282825654/
【一発ネタ】 やる夫のネタスレ 【短編】  その3    http://yy69.60.kg/test/read.cgi/index/1258195912/l50
【歴史ネタ】短編・コピペAAスレ【古今東西】      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1269959376/
翠星夫短編スレ                      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
歌詞を短編やる夫storyにしてみるスレ         http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287520904/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】         http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1276815988/
【安価で】安価短編スレ【やるお!】           http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14504/1298996698/l50



647 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/11(月) 21:06:17 ID:QeH06Kx. [2/27]

それじゃあ始めますか。

現代文学のちょっとした裏話。



648 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/11(月) 21:06:34 ID:QeH06Kx. [3/27]
【「1970年11月25日」……第5話】
                      ___       ___
                         |. : . : . : |\.    |. : . : . : |\.
                         |. : . : . : |:  \. . |. : . : . : |: | \
                         |. : . : . : |: | ̄: ̄ ̄|. : . : . : |: | | .\               :
                         |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | \         :
    :::::::::::::::::::::: : . .      :      |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | |           :::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::: : : : :    ::::::::: . .  |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | | |  ..............   :::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::: : : : :    ::::::::: : :  |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | | :::::::::::::::: : :  :::::::::::::::::::
       .i =i、___.i =i、___i =i、___.i;;|. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | | | :::::::::::::::: : :  :::::::::::::::::::
 ____!|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | ,, ,,"''..;'';.";;.,.,".,,.... :::::::::::
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:| |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | ,;"":;";;;;'`:,:'.. : .:" ".`: ::::::::
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | ;;";'':,:'. ;;':,'..''''''' ''''': .'''''".';
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:| |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | ;;',;;';";"'''''ヽ`,:"'.` ,:'. : .  : .";`
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:_:_:__|. : . : . : |: | '';;,;;':,:'."''''';:,``'''''ノ:'`:,:'''''';";`
 |:.:.:.:.:.; :.|三三三三三三三ミi|i::_:_:_ | |. : . : . : |: |i   i   :|. : . : . : |: |. :|: :'''`',:'';;,;ヽ`',:'';;';;';;'`',:''''''' ...,,,,,,,
 |:.:.:.:.:.; ://ll|//ll|//ll|//ll|//!| i::|l!ll| | |. : . : . : |: |i\ i \:|. : . : . : |: |: :|: :|: :|: :|   `y;/ノ  `;'`;'`;';`;'`;'
 ______| ̄| ̄| ../ |] i::|l!ll| | |. : . : . : |: |i.. | ̄|二|_________________
  . : . : . : . : . : . :|. : |  | ''' ̄ ̄ ̄ ̄~''''''''''''''''''''': : |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |"""'''''''''' - ,, : : . :  : ..|: : |i: : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |,,,,,,,,,- - -'''".  .   .  .   |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |. .  .  .   . . .  .   .. |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|:_:_|,, -  .  . . .  .  .   .   . . |:_:_|i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄
 .    ,   " . .   ,,       ,,,   '. .       ,,  .   ''     " ,   .     .
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 東京地方裁判所。

 その日も、いつものように裁判が行われていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

649 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/11(月) 21:06:56 ID:QeH06Kx. [4/27]


         / ̄ ̄ ̄ ̄`丶、
      ,.-''⌒´              \
   /         ⌒`          ヽ
  /       i"'"! !`、         |
  '/     イ| |   | i i、      \  |
  |ィ′ / /ノ j lノ  ヽ\ヾト、、    丶 ヽ
  l'|.イ ,イ' ``丶、  ×´\\\     i
   |へ.| ===。=、  = 。==== ヽ \、  |
      |.` ー‐ '/   ー― '" |ト、   |
       |   /            ||,) |ヽ. |              ・ ・ ・ ・ ・ ・
       |.く__ - 丶      |!'ノ i||
       ハ ー――‐一    /! i |_  |
       ゙イ,`、 ===     / ,||||  ~"'''‐-
    ,. -‐'''"~ヽ.     /  ノノノ/|
          \__/    /  |
           | \    /    |
               |   ヽ/     |
             l  /\      |
            l/|  /\  |

           【井出孫六】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 井出孫六。以前は中央公論社の社員だったが、一年ほど前に、「諸事情」を理由に退社。
 退職後はフリーライターをしていた。

 その日、彼は、裁判の傍聴のために、東京地裁を訪れていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

650 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/11(月) 21:07:16 ID:QeH06Kx. [5/27]


                  , -‐ ´ ̄` ‐- .
               ,. ‐´           `ヽ、
              /: : : : : : : : : : : : : : : : :    'ハ
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    ハ
            ./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ヘ
           .i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヘ
           | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     .}
           i  : : : : : : : : : : : : : : : 、. : : : : _    /
           ,.-'´ ̄ ̄`''' : : : : : : : : : : : ` ̄    ̄`'ヽ'
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヽ,
        /: : : : : , : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
       ,i: : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、: : : :    ハ
     /´: : : : : : }: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : :      ハ
    /: : : : : : : : i': : : : : : : 〃: : : : : : : : : : : :   ヽ、: : :      i、
   /': : : : : : :   i: : : : : : : '": : : : : : : : : : : : :   ヘ: : : :     ハ
   / : : : : : :  i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヘ : : : :     ハ
 ノ' : : : : : :  /i : : : : : : : : : : : : : : : : : :       ヘ: : : : : :    ハ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 井出の傍聴していた事件……

 井出の著書によると「年若い殺人者の裁判」としか書かれておらず、
 被告の名は一切書かれていない。

 しかし、当時の裁判記録などを調べていくと、この日、ある有名な事件の裁判が行われている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



アクセスカウンター
アメリカンイーグルスズキ自動車光岡自動車メルセデスベンツゲイ



651 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/11(月) 21:07:35 ID:QeH06Kx. [6/27]

          _____.|┃┃
.         /       |┃┃
     /        |┃┃
    /   (●) (●)|┃┃
.   |.  (トェェェェェェェェイ|┃┃
.     \ \ェェェェェ/|┃┃
    /          .|┃┃
    / i       (.二つ┃
   { ミi      (.二⊃┃
   l ミii         ト、二)┃
   | ミソ      :..`ト-'. ┃

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 被告人の名は、永山則夫。当時21歳。

 事件名は「警察庁広域重要指定108号事件」、通称「永山則夫連続射殺事件」である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

652 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/11(月) 21:07:56 ID:QeH06Kx. [7/27]

                 __
               /´;;;;;\\;;;\
              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾヽ;;;;;ヽ
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_ヽ_、;;;;;ヽ
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,イ´::::::::ト、;;;;ヽ
           {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::::(●)ヘl;;;;;〉
            ヽ;;;;;;;;;;;|;;;;/::ェェェェェェェェイ)};;/
             λ_ゞ\ゝェェェェェ/_,/У
             イ;;;;;;;;\;;;;;;|;;§ミ三;;;§;;;|;;;;ゝ
             /;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;|;;§;;Ц;;;§;;;|;;;;;;;ヽ
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;∧;;;ゝ=//;;;;∧;;;;;;;;;\
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;∨;;;;;;;H;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;\
.           /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
        L.::::厂; ;rー'ゝZi ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;凵;;;;;;;;;;;|/〈X,,;;""ヽ  7/
       /  ノヾ ;;,>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ:入;;;;;;;;;;ヘ,,〈_,;;ノ
      /;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ〆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    `ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
      ``ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;i::::;;;;;;;リ
         `゙`‐‐-- 、;;/ヘ:::ノ     |::::::入--‐‐‐´ゝ
            __,∠;;;;;;;;;;;;;;//      ヽ_ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
         〈、;;;;;;;;;;;;;;;;;;/        iニ`ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ
                          ヽ、;;;;;;;;;;;゙ー‐‐'")
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 永山の犯した事件……それは拳銃を用いた4人の殺人事件である。

 1968年、アメリカの横須賀基地から拳銃を盗み出した彼は、
 同年10月から11月にかけて、東京、京都、函館、名古屋で、
 計4回殺人を犯したとされ、刑事訴追されたのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

653 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/11(月) 21:08:15 ID:QeH06Kx. [8/27]

                   _,,,...----..,_
                   ,r'´:::::::::::::::::::::::`.、,,r=-
                  /::::::::::::::::::;;::''::::::::::::::::¨ヽ
               /:::::::::::::::;r";;r';;;;r':;;;i;;;::;i;:::::i
              <:::;:::::;;;;;/;;;/;;;;;;;/;;;;/l;;;;;;;l;;:;;::!
              Σ;;;;;;;;;;;/;r'i;;;;;;r'i;;;/_''ト;;/;;!;;i;;;l
                `、;;;;;;´V;;;/  レf/! レi;;;;!;;!レ′
                  !;;;;_;;l;/!    ` l_レ!/
               _r<   ヽ    - / '′         犯行時未成年であったこと、
               /:::`ヽ、`ヽ、 i´` 、/             家庭環境や生育環境の劣悪さを考えたら、
             f:¨::ヽ::::::::`..、 `7、               情状の余地はあるはずだ。
             /::::::::::::`:、:::::::::〈:.:.:i
            i:::;;::--::;;:::::`ー-、;ト、:l
            /;''::::::::::::::`、::::::::/:::::i.:l
           i:/::::::::::::::::::::::i::::/:::::::::!:l
         .  i:i:::::::::::::::::::::::::l;;;:ヽ::::::::l.:!
           l:::!:::::::::::::::::::;;;;;;!:::::ヽ:::::::!l
           !;;;!::::::::::::::::::;;;r'i;:::::::ヽ:::::`!
           !;;;!::::::::::::::::::;;;!;;!::::::::::ヽ::::l
           !;;;!::::::::::::::::::;;;!';;:::::::::::::ヽ:l
           !;;;!:::::::::::::::;;;;;;!;;::::::::::::;;;;;;;!
           !;;;;!::::::::::::::;;;/;;:::::::::::::::;;r7
           !;;;;!:::::::::::ヽ;;!;;;::::::::::::::::::l′
           !;;;;!:::::::::::::::`!;;;::::::::::::::::::!

              【遠藤誠】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 余談ではあるが、永山の裁判の弁護を担当したのが遠藤誠弁護士である。
 帝銀事件などでも弁護を担当し、のちに、暴対法違憲訴訟では山口組の訴訟代理人まで務めている。

 曲がったことが大嫌いな、筋金入りの反権力の人、といえよう。

 永山とはその後20年近くもの長い裁判を戦い抜き、
 後に彼が死刑になったときには、その遺骨を引き取り、散骨している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

654 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/11(月) 21:08:36 ID:QeH06Kx. [9/27]

.            /::::/::::::::/::::::: /:::: /::i::::::::::∨::::::\:::: \
           /::::::/:::::::::::/::::::::; イ:::::::::/:::::ト;::::::::::∨:::::::∧:::::∧
.          /::::::/:::::::::::/::::::::/ |:::::::/::::::::! \:::::∧ :::::: ∧:::::∧
          '::::::/:::::::::::/i:::::::/⌒゙i::::::ハ::::::::| ̄`∨::∧:::::::::∧:::::::i
            i::::/:::::::::::/:::l::::/ __,,,Ⅳ| Ⅵ::i ィt=∨::::i:: ∨::∧::: !
            |:/i::::::::::/::::::l:::l ん:刋Ⅵ!  Ⅵ!  斥圷::::iヘ:::∨::∧::!
           ' |:::::::/i::::::::l::l〈 比::リ \  \ 比::リ∨ ∨∨::: リ
.            |::::/ l::::::/::i  ゞ-′      ゞ-′  jK_∨:::>       永山君。
.            |:/  l:::/小     く:.            {__j ∨::::>
             ′   !/  !                j___ソ\!´        やけになっちゃいけないよ。
                   '、     r _,         //
                     \             /!
                        ` 、        / .:.:|
                     \__  ..  ´   ..:.:|
                       |       ...:.:.:_jー 、
                      __j   __ .. - ´   ヽュ、、
                      ノ ハ_/          /:i:i:i:i:iヽ、、
                ..</ /////∧          /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
               ..<:i:i:i:i:/ ///////∧        /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:


     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :: : :: : :: : :: : :: : :: :\
  /: : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
/: : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : \
: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
: : : : : :.; '⌒`: : :: : :: : :´⌒ヽ: : :: : :: : : l  _,-ー、
: : : :.:;;(w●w): : :: : :(w●w): : :: : :: : |/'、=--ー: :メ,           ・ ・ ・ ・ ・ ・
: : : : : : ´'==´: : :: : :: : :`==´: : :: : :: :/: /' _.,,=-ー`´i
: : : : : : . ..: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :'ー/ /´,_=-ー'': : :)
\: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :/ 'ー(,,r'"_,--一,ー ,.゙(,
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\  ゝ: : ̄.:゙i,: : :: : :,r': ヽ
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´: : :: : :: : :: :\ ``-" \,_、: : :: : : :ヽ
: : : : . : : . : : .: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\   ``ヽ: : :: : :: : :ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第一審の頃の裁判記録を見ると、永山則夫の被告人としての発言は、
 かなり精神的に荒廃したものであったらしい。

 後に獄中で執筆をし、文学賞を獲った人物としては意外なもののようにも見えるが、
 逆に精神的に荒廃していたからこそ、それを後々に文学につなげられた、という見方もできよう。

 もっとも、荒廃したままで終わらせなかったのは、遠藤や支援者の努力あってこそだろうが。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

655 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/11(月) 21:08:55 ID:QeH06Kx. [10/27]

                      , -──‐‐-、
                     / ,-─==-‐‐、\
                    / ,,---、  ,,,---、ヽ
                    i ''"フ-ァ'ハ ,r‐< i
                    |   '`ー゚ 」  L`゚‐'^ |
                   __| ,,、--└Li┘---、 |___
                  { ti/   /\   \iァ }
                   Y    ./´ ̄`\   Y´               被告人、発言は?
                  ノ  ∠__/\_ヾ、  ヽ
                 / /  /  i  ヽ ヽ   \
                i  /   ,'    i   ヽ ヽ   !
                | i   i     i    i  }    }
            ,.、-‐‐┤ :   !     !    }  ! ノ ノ‐--、,_
         ,、-''"    ヽ ヽ  ヽ丶   !   ノ ノ  /    `‐-、,_
      ,、-'"         \ \ ヽヽ  !  /    //         `'‐、,_
     /            \ヽ、,,__ ヽ、,, i/ //  /            \
    / \             ヽ  `r-、,  _/ /   /            / i
┌‐────┐           ヽ  \ノ二ヽ /   /            /    |
│ サイバンチョ .!            ヽ   i   i   /            /,、-   |
├───‐─┴────────────────────────────
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし、1970年当時、永山の精神的な荒廃は、
 まだ文学を残せるほど穏やかなものではなかった。

 その日、裁判長は彼に発言する機会を与えた。

 そのとき、彼はこのように言ったという……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

656 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/11(月) 21:09:21 ID:QeH06Kx. [11/27]


          , ' ¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         /           :::::::::::::::::::::::::\
      /             :::::::::::::::::::::::::::::::\
     , '       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   │             :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i
  │              ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i
.  │      、-_.===-ー}  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
  |      ,.,r'/  _.,  ,' : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
  | (, `ン`〃,ィ" ̄Y!}》}i,r'   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
   {  ′ トリイヘ;_゚__ノ'  '     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    日 本 人 民 を 覚 醒 さ せ る 目 的 で 以 て 、
 .  ',   ,.' ヾ≡彡'メ、        ! `i ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    ヽ    - = 彳,勿ァァ __/^Y:1i. ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    天 皇 一 家 を テ ロ ル で 抹 殺 し ろ !
    . ゝ、       _ ノ\__ト-'_ i:|  :::::::::::::::::::::::::::::::::::l
       ヾ, 、  __ /^Y `!__ノr‐く_ノi:|   :::::::::::::::::::::::::::::,r'
         Y''く  `i |、_,ノrベ!_ } Y! /ハ ::::::::::::::::::::::}!
         \ハ___jニr'⌒ト、_}. `′ ハ_八_i :::::::::::::::/
            亡「\ `r:J r~',x'^⌒ヾJ| ::;_;:::イ! /
            ヽrヘ┘, _,x:+く    __,比ィイ //::::
              \.メ^      , ',∠=イ //::::::::::
                  i.    // lYト,//::::::::::::::::
                ヽ -='-:'´   lレ' /..:::::::::::::::::::



                /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                 /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
              /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
              /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
              |: : |: : : : : |: /  \: : /|: : r 、 : : :.|.: : : ト、:|
              |: : |: : : : /!/    | :/ |:.:(ヽ、`\:|.: : : | V
             < : 」_: : /  _   _|/   レ. \ \ \ : |
             <:: |. 小{  `゙''''''        ‐-\ \ \_
              厶ヘ ハ U      、 r--‐-、 >、    `ヽ
                \_!          ' ` ‐-、 ``      `、
            _, r´:/ : :| ヽ    r‐--っ   /\         `、
        _, r ´:.:.:.:./:.:.:.:.::| | \    ̄   /ヽ :`ヽ         ヽ
     _, r'´:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:|  \ ヽ _ , ィ ´ |::.:.:ヽ: : `、        `、
  _, r ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|    >-、ー_'/   !::.:.:.:.:ヽ: : ` 、 __ ___i__
 /゙: : : : : : : : : : : : ヽ:.:.:.:.:.:./i!  /ヘ i. / 入  |\.:.:.:.:.ヽ;,r'`‐´_,,..---┴‐,
l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\/:.:.:.:!'! /ヽ、ヽrk'´:_,r、 イ:.:.:\/ _>-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 遠藤は、この永山の発言については、特に何も記録に残していない。

 それまでも、そしてその後も長く続く彼の精神的荒廃の発露の1つぐらいの認識だったのかもしれないし、
 訴訟戦術ボロボロにしやがって……的な認識だったのかもしれない。

 まあ1つだけ言えそうなのは、その後の弁護の方向性から考えるに、
 遠藤がこの発言を永山に言わせたわけではなさそうだ、ということだけであろう。
 情状狙いの裁判で、あのような発言をさせる弁護士がいるはずがないのだから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

657 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/11(月) 21:09:35 ID:QeH06Kx. [12/27]

             _   __
             /´=:ミ´二.ヾ\
            / '/ '´rー=、ヽ.ヽ 、ヽ
          i / 〃,イ| u  | |_L| l l
            |.l.l ル'__リヽ  ヘl_Nヽ!.l |
          | |.バ ̄。`  ´。 ̄,".|l |
.          レ1 ゙ ‐- 〈|: -‐''u !`|
          ド」. トェェェェェェェ7,lイ!
      _,,... -‐| l ト、 ェェェェェノイ.l lー- ...._
   ,ィ''"´:::::::::::::::| l.l :::ヽ、三, .:´ :l.l |:::::::::::::::::`¨lヽ    
.  /:::|:::::::::::::::::::::::W \ ::::::::::: /lル:::::::::::::::::::::::|:::ヽ    
  /:::::: |::::::::::::::::::::::::l.  \ /  .l::::::::::::::::::::::::|::::::ヽ   
. /:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l  /\  .l::::::::::::::::::::::::|::::::::::ヽ  
/:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l/\_/\.!::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::ヽ 
:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l  ハ   /:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 一方、裁判を傍聴していた井出は、永山の叫びが、
 ずっと心の中に残っているような状況だった。

 その後、日比谷のレストランに入ったとき、今度はあの事件の叫びを、
 テレビで知ることになる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

659 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/11(月) 21:10:13 ID:QeH06Kx. [13/27]


           __ _ _ .
         ヾ彡:.:.:.::::::::::``ヽ
        /^^`ヾ,,;:::::::::::::::::::.\
        /jト、    `ゞ;;;;;;;;;:::::::::::::\
    .  _,ゝ ト、\    ``ヲ;;;;;;;:::::::::::::ヽ
   r '"´   `ヾミゞ、  ,イ;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::゙,
   ト、  i  `ヽ    i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;:::::::::i.
   ,}   ′    ,'  j;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:::::|            天 皇 陛 下 、 バ ン ザ イ ! 
   j二ヽ.      ,'   /,r'⌒ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:,'
  . /ー-'         ,イヲ/i!;;;;;;;:::.::.:.:::/
   )           ゞイソ´  ̄ ̄ ``ヽ、
  .( _ ____, イー-,イ´          \
       .  /  /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「天皇陛下、万歳!」

 テレビで中継された映像において、三島由紀夫は、そのように叫んでいた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

660 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/11(月) 21:11:29 ID:QeH06Kx. [14/27]

               ____
   ::       、 ー¨´      `゛'- .,
    ::     ,.,r'  ,r'      ゛'-.,,   \
     ::  ,.,r'     ´゛'-.,,     ゛'┐  _゛'ー、
     ,.,r'         /´、-=='=-.,,_    ) /    ゙i
    ,r'         <iiiiiiiiiiiiiiii\゛'-=ゝ,r' __,へ !
   ,r'             ̄ ̄ ̄ ゛'''= <iiiiiノヾ゙|
  ゙i                 ,'´゙.ー,.^‐ー----------‐^ヽ)
 ::゙i             /::::/ ,r 'T"丁 ̄| ̄ | ̄|`ji゙',
                 /.:::/ ,イハ__,|__,∟_⊥ ___.!.._,!、ハ_!
             i.::::! ロ              V_/
                \\仁!              ||    日 本 人 民 を 覚 醒 さ せ る 目 的 で 以 て 、
              `ヽ仁!     _,__    ||
              ___ノ lニレ'´ '´     `ヾ'、 ||   天 皇 一 家 を テ ロ ル で 抹 殺 し ろ !
               \ 「]、         ヾ>、||
                 ヽ`「ヽ          }A||
                      ヽ`「ヽ、、,__,,_ノ∧|
                        \`'〔`'T''''''T_´ノ|
                       \ ` ̄ ̄ ̄  /
                            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                    ,,、 - ―─ -- 、
                                                ,.'"  _,,. -…;.,     ヽ
                                               〈i'"((´  __ 〈;       }
                                                i |: /  `ヽヽfハ.   }
                                                |i {イア    :.:.:.}|トi   }         _... -‐―
                                                7 {::     :.:.:.イ_ハ  {       /   ̄ `:.:
                                                ヽ_ ,     :.:./:.:.:.:.`ヘ   _ ィ ':.:.:.:.:.:.:.
        天 皇 陛 下 、 バ ン ザ イ !                   `{_     ., イ:.i:.:.:l:.:.:.:.:. ̄:., :.:.:.:.:_:.:.:.
                                                   |  _... -:.:.:.:.:.:| :.:|:.:.:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.三ミ、:.:.:.:.:.:.:
                                                  ` ̄`ヽ:.:.  :.| :|三/  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄_>
                                                        ハノ.: :.:| ,ゝ'   .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://__
                                                     /∧: .:.:.|/     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:':.:.:.:.:.z<ミ
                                                  __/_. '-‐-:.:.イ       :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ミiミ:.ヽ
                                                 /‐ ''´    .:  /      :.:.:.:.:.:.:.:':.:三|ミミ:.
                                                /´     -―-、}/        .:.:.:.:.:.:.:.:.:三}ミ:.{:.:
                                                  /          ′       .:.:.:.:.:.:.:.:.:三/:.:.:l|:.
                                              /  .:.:,        {      .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:三/:.:.:.:.:}:.

663 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/11(月) 21:13:17 ID:QeH06Kx. [17/27]

                          γ⌒ヽ-___  υ⌒ ̄ ̄ヽ
                         /      ∨       ヾ
                   ..     /      ミ  ∠   ゝヾ ヽ
                        /    /              ヽ
                   ....   /    / 彡ミミ¥γヽヽ      ヽ
                       |      /::::υ::::::::::::::::ヽヽ   |  │
                       |  |   /:::::::::::::::::υ:::::::::丶∧|  | ||
                       |  | ∧/ ⌒ヾヽ   /⌒  ヽ  │
                       |   /ミ====  u ====″ │
                       | 彳../ゞ   ◎    ◎   ミ|:ミ |│
  せ 、 精 神 風 土 の、     | |a|. ヽ ─  ./:::|  ─ 丶 |:6》| |     活 断 層 か 、
                       |  || υ     ヽ::|       |: | |
                       |   |..   ┌────┐   | | |      こ 、 こ れ は ・ ・ ・ ・ ・ ・ 
                       | |  |::   |二二二二二|  /| | │
                   .    | | |::::::\ └─┴──┘ /:::| ││
                        ||  |:::::::\   三    /::::::| |│
                   ..     |  |   |\     / |  │ |
                   ..   ̄ ̄ | | ̄ /\ ─── /\ ̄| | ̄ ̄
                             │ \    /  |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「(永山の)そのなまなましいことばのひびきにふりかぶさるように、
 テレビに映し出された三島由紀夫の口をついで出た「天皇陛下万歳」という叫びが重なった。」

「ぼくは東京の日比谷にいて、
 この国の精神風土の底深く走る活断層を見たような気がした。」

 井出はその日なされた、正反対の叫びを2つ受け止めたことになるのだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

664 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/11(月) 21:14:42 ID:QeH06Kx. [18/27]
                 __
            xー´ ̄:::::::::::::::\
          /:::::::::ハヘ:::::::::::ヽ:::\
          }::::::::::/イ  ヽ:::::::::::\::::ヽ
          V}::::/ーx  >ヘ}ハト、:::::::::'.
           ハ{≠ex  xe≠ .ト、::::::}
             '.`¨ア `゙¨´  ,ノ::::::|              そうですが……
              '.ム-  _,   /}:::::Lj
                ハ ̄こ  / ,ル}::::>-            どうかなさいました?
            , <へ  ./  ,イ::::::::::::::
          ./:::::::::::::::::`爪   / |::::::::::::::
      __/__,-x::::::::::::::::{  X´   }::::::::::::::
   Y´ ̄    {州ノ::::::::::::::::|.,イ ゙ト、 /:::::::::::::::
   .|        {州::::::::::::::::::::| .}示{ ./:::::::::::::::::
  /!        {州::::::::::::::::::::| ,ハ/ハ/:::::::::::::::::::
  /:|.        {州::::::::::::::::::::|ハ///::::::::::::::::::::/:
  |::|.       {州::::::::::::::::::::|///:::::::::::::::::::::/:::
  |::!       ⊂二二⌒ヽ: |//:::::::::::::::::::::/::::::
  | |       と二二  .}::|/:::::::::::::::::::::/::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 井出孫六と三島由紀夫には面識があった。
 「憂国」の原稿を受け取りに三島宅を訪問したのが井出であったのだ。

 そしてそのとき、三島は深沢七郎の「風流夢譚」と「憂国」を同時掲載にしたほうがいいとも言っていた。
 もっとも、これは編集部が認めなかったのだが。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

665 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/11(月) 21:14:59 ID:QeH06Kx. [19/27]
        ,..-一ー''゙゙ ̄~゙'''ー- ..、
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. \
     .,i";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;;;ヽ
    .|丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!
    l丶;;;;;;;/!マダ゙'''!゙'V┐;;;ii―=i,xri-、;;ヽ
    |;;;;;;;;;;;,!       ゙゙.!;lリ     .!;;; !
    |;;;;;;;;;│          !′     .!;;.l'
    .l;; ∴/.`-ニニ;;;;x,  ' wr=ニ`-'.|、!
     ]/'.l.|          "      l、.!
     ,!゙ .川  `”´丶   │.'' ̄´  .l l      深沢さんの今度の新作……「風流夢譚」だったかな?
     ヽ ゝ            |     !.|l゙
     .'Lヽ         ,     l゙/       あれはなかなか扱いが難しいと思うけど、
      l'ァ.l       .゛.'"    .|’       僕のこの作品と並べてのせれば、
      .リ ヽ    .-- --     ,/        毒が相殺されるはずだよ。
      /'゙i  .ヽ     ..y.   .ノ|
     /゛ .i′  \        / ; |`'、
 ._..-''ア  ll  l  .\、 ." .,/;;;;;;;;l.l \
` .. l゙  .!|  ..l    .`゙゙´  ;.,;;;;;;;| !  .゙ぐ- ..,,_

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 井出はこのときの三島を、
 「偽悪的なポーズとかけ離れた真摯さに彩られていたように思う。」
 と、評している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

666 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/11(月) 21:15:13 ID:QeH06Kx. [20/27]

      , ‐―‐-、
     l ,.-‐‐-, l
     ni`Ii iI´h
      ゝ、___ノ
     / y/ ヽ
 ━(m)二フ⊂[_ノ
     (ノノノ l l l )
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 井出の受け取った原稿である「憂国」……
 のちに三島自ら主演して映画化された作品であるが、
 その内容から、主に左派的立場の文化人から、酷評されている。

 しかし同じ左派的立場であっても、井出のこの作品に対する批判は、少々異なっている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

667 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/11(月) 21:15:35 ID:QeH06Kx. [21/27]

      、-‐-、r''二∠‐- 、
    < ̄ニ ミ -─  、  \
    ///r .ニ、 ヽ \\\ヽ
   レ'〃,' l f'''゙゙l ∥  l  l  ! ヽ.l
.   /イ//,.1.|  l l、i 、 | ∥ l.|
    レ/イ-lノ、  ゝlヘ.「ヽ\ | l |
      |==ij  ==i;j=''| | l |          もしも文学として完結してるのなら、
.       │"ー)   ー‐ '゙ |lゝ、 !
       | < 、        |Lノ│|         映画作る必要はなかっただろうよ。
.       | ヽニニニフ   ,| l |.∥|
        ヽ、 ー   ./リ ノハ l !|
.         ` 、__,. '´ ///_,.ゝ!|.!
           ,」 -‐ イル',. -‐}ル}
.           /\  /::;::-─-:ヽ.
          /-r'´>':::::/::::::::::::::::::::ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「ある観念の呪縛によって、作品自体が自由な飛翔を阻まれている。」
 「作品それ自体で完結していたとするならば、
  どうして作者自らスクリーンの中で、切腹のシーンを演じなければならないのか。」

 確かに、映画を制作し、また自ら主演を演じて初めてその表現が完結するとしたら、
 文学というものは中途半端なもの、表現し切れていないものということになる。

 これは三島の能力そのものの限界なのか、
 それとも三島の想像力がいろいろな表現技法を超越していたのか……

 とにかく、三島の筆力の限界だった、と考えることができよう。

 井出は、編集者らしく、そういう点を見ていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

668 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/11(月) 21:15:53 ID:QeH06Kx. [22/27]

                           ,, - ―- 、
                        ,. '" _,,. -…;   ヽ        _人_ *
                       (i'"((´  __ 〈    }          Y  ┼
                           |__ r=_ニニ`ヽfハ  }        +
                           ヾ|!   ┴'  }|トi   }
                            |! ,,_      {'  }
                              「´r__ァ   ./ 彡ハ、__ ,...,___
                            ヽ ‐'  /   "'ヽ/ '´   `丶、         ┼
                            ヽ__,.. ' /     , ′       iヽ      _人_
                            / ヽ ‐、 / '///           ! ',   +  Y  ┼
                          ,.イ  l \   /__ i         ,'   i
                        /   !| ., ' ´ ,={          /  亅   _人_ *
                     ,. -'ァ‐==ニ_‐-v′   ^ヘ       /    ,′   Y  ┼
                     /  /-     ._ 〃,     ',    _,.イ    /      +
                        /   ハ`     ミ {/      〉   ´  i  !イ{   ┼  _人_
                    i  ,イ`       _,,.t'      /      亅 ノ ! ',         Y  +
   r‐、__               ! ,厶ヘ        ヘ.     ,′      .' /  |
⌒`‐く   ヽ-‐-、_             v'  / ヽ     -_込._   {       ' ,   j
   丶r-f⌒ヽ、 ヽ____         /    \__,,.. ァ'´  { `¨¨¬     /  /  / *
ー、  _r'  !  iく__/  `ヽ. o   ,′ !   ',  ヘ._,. 个、___,,. }__ー‐'´   v'  /  _人_    _人_
  `「ゝ、__   ! `! ノ  )'    {     ',   ハ  ノ    ,、,.-‐'´    )   V//    Y  + Y
  ヽ! ヽ) `Yヽ  (ヽ、_∠     ∨  ,ハ.  / ,{  ヽ-‐'/      /     {/
r、_ゝノ ヽ__i/_ノ  rハ /____`ヽ  ,」∠ム-、く  ハ ノ_/   _,,. -‐'´   /  ノ
`) `ヽ、\__,r'__く` _ノ´   `ヾ.j   }/,ト/:.:.:.:`77了´  -‐'_,.-‐'´   __,,.-‐'´{
 \  `゙'ー-‐' 」/⌒r'⌒´ ̄`)/,.トt_:.:.:.:.:.j:{:::{     ´     __,,∠:_ ̄`丶、
\_ `二ニ=--‐く_r‐‐'´「__    {__  ⊥ニー厶!い __,,.. -―  ̄ __r'>'⌒「__,rへノ⌒ゝ
 { ⌒ヽ、  /⌒ r'  ト、__   `┐-r‐く. ヽヽ ̄-r¬::T" ̄_r'⌒く {   (_ ヽ/´7^ー-、_
__j--‐‐‐、`Y´  ___r'「    (_  r'^ヽ、    r┬'⌒j_,.o  r´ヽ   ヽj   _,.ゝ_丶     く
 }    `ー-く`  !ー-、 i   !ー-i__r‐┤   { ノ   _r'   {_r-┴-、 ヽ、 {   ヽj     _ノ
 {_j      /    { l 。  _}   )_   i-‐-、j'  r'´「   r┴-、_>「 {___r、ゝ、  /`ヽ、
 ヽ `ー--、__{_ _r'y'⌒ヽ!o。 /(    _)`ゝ  `o    _> (___ ヽ」 \ ヽ}_r' /⌒´\    ノヽ
  l__     `ヽー'  ノ-、o゚  j' ハ´ヽ┴、 。 ゜  r'‐-y'´ `7_j`ヽ (⌒´(___ハ/-'7 /)    )-く
    `ヽ、    {、⌒ヽ く-、_r'-‐'__ノ  \__>    (  <   ヽ、ー-( ̄`ソ  {  ヽ' }/)'´ _ノ
      `ーニ二´>‐‐'⌒`ー'´_r'´i'    {´-!    `}‐-┤   ゝ-=ニ) ∠_r' ̄j  / ヾ、 ヽ丿

669 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/11(月) 21:16:07 ID:QeH06Kx. [23/27]

     _   , -─- 、
   / ニ `′二_`ヽ.\
  / / ヘヽ  -‐、 \  ヽ
 / / , l f'``"" | ト  l l |
 ! | 〃 , |     l | l |、 | |.|
 | l /イノー-、  rヽ!'ヽ!ヽ  |
. | /l''==a= , =a==''|r、!
  |,イ| ` ̄ 〈|    ̄´ ||'イ           (今日の三島さん、妙に存在感あるな……)
.  ド||. ,__ヽ__、 l'イ|
  l l.ト、   __   イ l |
-‐'''l ! l.\     /:| ! |`:ー-
::::::::::l,ル ト、 ` ー '´ ./!ル':::::::::::
:::::::::::::::N \  /  |':::::::::::::::
::::::::::::::::|    ,><    |:::::::::::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 井出が最後に三島由紀夫を見たのは、事件から1週間前のとあるパーティのことである。

 そのパーティは1000人が参加するもので、どうしても雑踏の中に埋没するものだが、
 なぜかその日は、三島の姿はとても目立った、と井出はいう。

 「誰かがスポットライトでも当てているのではないかと思うくらい、その日の三島由紀夫は目立った。」
 このように井出は自著に記した上で、

 「綿密に計算された告別の行為」

 だったのではないかと、井出は後に考えている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                               【つづく】

670 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/11(月) 21:16:30 ID:QeH06Kx. [24/27]
【1970年11月25日に起こったこと…5話補足】

             ⌒ヽ、
          _ ,-─ 、,〉ゝ--::... 、
        ,..::´:::::ヽ:::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::`\_
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   ,/:::. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    l:::./.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    |/|:::::::::::::::::::::::::::::::: ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    |:::::::::::::::::::::::::::::/ l:::::::::::::::::::|\::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    |::::::::::::::::::::::ゝ/L  l:::::::::::::::::|   \斗‐:::::::::::::::::::::|
    |:::::::::::::::::::/l /  `メ::::::|\::::lィ´  \:::::::::::::l:::|     永山君、三島由紀夫が割腹自殺したそうだよ……
    |::::::::/|::::/ リ  ,__、 ヽl  \l;,__   |l |人::::::::|∨
.    |::::/ |:::fzll ^`=='´     ^===‐'´ljlノ::::::::/       君が「天皇をテロルで抹殺しろ」と叫んだ、ちょうどそのときに、
     |/  ヽ::::|ヘ              /ィ<"l/       「天皇陛下万歳!」と叫んでね。
         ゝ;八      ;       /イ
           x > 、    ─     イゝ:::`>-、
         〆::::;//ハ` 、     <´/  l):::}:::::::::::::::` 、
        //::::://  \  `‘´   /  /::::7::::::::::::::::::::ハ::l
       ノ::::/::::::《〈 ヽ/ヘヽ     /  /::::/::::::::::::::::::::::/::::l


         ____
         /     \
.     / (ー)  (ー)\
    l^l^ln (トェェェェェェェェイ)\                ・ ・ ・ ・ ・ ・
    ヽ   L \ェェェェェ/  |
     ゝ  ノ         /
   /   /         \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 永山は翌26日、面会に来た弁護士……おそらく遠藤だろう……に、
 昨日、三島由紀夫が割腹自殺したことを告げられたという。

 そのとき永山の「天皇をテロルで抹殺しろ」という叫びと、三島の「天皇陛下万歳」の叫びが、
 ほぼ同時刻だったことも告げられた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

671 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/11(月) 21:16:47 ID:QeH06Kx. [25/27]

     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :: : :: : :: : :: : :: : :: :\
  /: : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
/: : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : \
: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
: : : : : :.; '⌒`: : :: : :: : :´⌒ヽ: : :: : :: : : l  _,-ー、
: : : :.:;;(w●w): : :: : :(w●w): : :: : :: : |/'、=--ー: :メ,
: : : : : : ´'==´: : :: : :: : :`==´: : :: : :: :/: /' _.,,=-ー`´i
: : : : : : . ..: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :'ー/ /´,_=-ー'': : :)
\: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :/ 'ー(,,r'"_,--一,ー ,.゙(,
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\  ゝ: : ̄.:゙i,: : :: : :,r': ヽ
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´: : :: : :: : :: :\ ``-" \,_、: : :: : : :ヽ
: : : : . : : . : : .: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\   ``ヽ: : :: : :: : :ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「なぜかしら不思議と考えざるをえない出来事である――この時刻が同時だったということが……。」

 「“極”の附くこの2つの思想が公然と発言されたということは、
  現代資本主義社会体制内では、  ごく自然的だと言えないこともない。
  しかし、その思想内容の中核的焦点が、一方ではその擁護の絶叫であり、
  また私の場合自覚したプロレタリアの発言としては不変妥当なものであり、
  また自然生的なものであった。」

 彼は日記にそのように書き残している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                                            【補足編終わり】

672 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/11(月) 21:17:37 ID:QeH06Kx. [26/27]

以上でございます。ご清聴ありがとうございました。


673 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2011/07/11(月) 21:17:58 ID:QeH06Kx. [27/27]

   , ' .r二ゝ.      次回の現代文学のちょっとした裏話は、
    {. ィ|irwri|      明日12日の19時からを予定してるんだよ。
.  丿.l|.゚ヮ゚ノ{
   ヽ([リ史リ)       次回は私も出るんだよ。
.     く_ムソ,>

674 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/07/11(月) 21:18:52 ID:IPIaFQHU



しかしまぁ、濃い面子ばかりだこと



675 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/07/11(月) 21:21:10 ID:s798pGFI

乙でした。
精神風土の活断層という表現にグッときました。



676 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/07/11(月) 21:27:59 ID:DX2DnOOM

乙でした!



677 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/07/11(月) 22:16:39 ID:HEw2b4NI

乙でした
反権力の弁護士と言えば恰好良いけど、この人はこいつにやられた被害者に対してはどう考えていたんだろ?



678 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/07/11(月) 22:31:25 ID:vFehb9zw [2/2]

まあ、そのあたりは良しにつけ悪しにつけ昭和中盤以降の価値観ってことで・・・






2 Comments

  1. 名無しさん 2011年8月2日



    >犯行時未成年であったこと、
    >庭環境や生育環境の劣悪さを考えたら、
    凶悪事件の際の常套句だが、
    被害者には関係のない話だ

  2. Mukankei na nanashi san 2017年5月16日

    月光条例では「どれほど暴虐を尽くそうがそれが悲惨な生い立ちの人間なら許すべき」みたいなテーマだったな。
    あれ読んだときは藤田先生もおかしくなったのかと思ったわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。