やる夫Ⅱクリスマス恋愛物限定自虐短編祭り 君が好き

短編まとめ
推奨スレ
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No.53 【練習用】 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1284259845/
中編 短編投下所93                   ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1313420444/
やらない夫短編投下所23                 http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1283273433/
やる夫系R18ストーリースレ その16          http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1271794106/
ヒロイン短編投下スレッド12               http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1280923208/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1282825654/
【一発ネタ】 やる夫のネタスレ 【短編】  その3    http://yy69.60.kg/test/read.cgi/index/1258195912/l50
【歴史ネタ】短編・コピペAAスレ【古今東西】      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1269959376/
翠星夫短編スレ                      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】         http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1276815988/
【安価で】安価短編スレ【やるお!】           http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14504/1298996698/l50
やる夫Ⅱクリスマス恋愛物限定自虐短編祭り その1
やる夫Ⅱクリスマス恋愛物限定自虐短編祭り その2
やる夫Ⅱクリスマス恋愛物限定自虐短編祭り その3
「小さなやる夫板」企画 ちいさなクリスマス



128 名前: ◆sUYKCqHxxg[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 01:15:37 ID:XcGPpg2.


    ┌────────────────────────┐
    │――とある遺伝性の難病の治療……ではなく、       │
    │『研究』を主目的とした、小さな施設。                 │
  ;;;;;;;│                                    │
  ;;;;;;;│そこに、一人の少年と、一人の少女が入院していた。    │
  ;;;;;;;└────────────────────────┘
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;;:;; :::::::: :::::: ::::: ::::: :::: ::: :: : : :  :: :: : : :
  ;;;;;;;;;;;;::;;;;:::::::: ::: :: ::: ::: ::: :: :: :: : : :     r;;"|\
  ;;;;;;;;;::;;;::::::: :::: ::: :: :: :::_,,_,,, -:''"|"'''ー : ,,,_  |:::::|`ト|
  ;;;:::;;;:::: ::::: ::: :: ._,, -'' | |;;:::::::::::::|   、    "'''ー:: ,,,|_      _,,.. -'''|\
  ::::::: :::: ::     |:::::::_ | |;;i-,::「: :|  |  「 f r    "'''ー :. ,,,_":::::::::: |  \
          |::「::l :| |;;:::::::::::::|          _____::::::|':::'::::'::::| ' ; , \
  ,,, ,,,        .|::::: :: | |;;:::::::::::::|            |_|__|::::::|;:::;:::;:::::| ; : : : : |
  ;;;;;;::;;;:.. .. ..... .. |::「::「:| |;;「::::「: :|  「 「 「 「   ||  | || :: :::|::::::::::::::|    _, ..|..............
  lll iii!:;: :: :: :: :::| ::::::: | |;;:::::::::::::|        __,, !!--'‐ '''''"" ゙""''''' ー'''"~: : :.: : :: : :.:
  ,. ;:''':::::::::::.::::::::::゙::":::::‐-- ..,,,__ |__,,,.. --‐'''''"": : : .: : : : : : .: : : : : : .: : : : : : .: : : :
    ┌─────────────────────────────────┐
    │     少年は、ちょうど10歳の誕生日にそこに入所する事となった。      │
    │                                                │
    │  彼に降りかかった突然の病は、彼の外見すらも著しく変貌させてしまった。   │
    └─────────────────────────────────┘



                      ____
                    / ノ  ヽ_ \
                   /  ●   ●  \
                   |⊂⊃ (_,、_,) ⊂⊃|
                   \         /



      ┌──────────────────────────────────────┐
      │  髪は全て抜け落ち、肌は異常に白くなり、体は過食でも無いのにブクブクと膨らんだ。  │
      │                                                       .│
      │      あまりの変貌ぶりに、自分自身ですら鏡を見るのも躊躇ってしまう程に。      │
      └──────────────────────────────────────┘



                      ____
                    / ノ  ヽ_ \
                   /::::::::::::::::::::::::::::::\
                   |    .(_,、_,) :::::::::::|
                   \      :::::::::/



      ┌───────────────────────────────────┐
      │        今や外の空気は、環境は、彼の体にとって毒にしかならず、         │
      │  清潔且つ厳密に管理された施設の中でしか、生きられない体になってしまった。 │
      │                                                    │
      │             彼が想い描く未来には、絶望色しか無かった。            │
      └───────────────────────────────────┘

.

129 名前: ◆sUYKCqHxxg[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 01:15:47 ID:XcGPpg2.


            ┌─────────────────────────┐
            │少女は、物心着いた時からそこで育ち、過ごしていた。    │
            │                                      │
            │少年と違い、外見上の異常は見受けられなかったが、    .│
            │体内は少年と同等…いや、それ以上に蝕まれていた。   ..│
            └─────────────────────────┘


           ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ    ┌─────────────────────────┐
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||    │  彼女が知っている世界は、白くて狭い、施設の中だけ。  .│
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ    └─────────────────────────┘
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^ }   ┌─────────────────────────────┐
      |::.:.\::..::.::.::>ー'―-L∠_¨´   │    明るい太陽も、青く白い空も、緑の草原も、赤い夕焼けも、   │
      l::.::.:..:. ̄ ̄ト 、, --、―弋i   │  黒い夜空も、浮かび上がる淡黄色の月も、白い雪も、何もかも。  │
       ヽ::.:..:..:.::..∧/    ヽ  i   │                                           .│
       ``ーニ´/ー-、   | _|   .│       全ては、本の中の世界にしか存在しないもの。       │
       _. -―  ̄  ト―.:「:.:l   └─────────────────────────────┘
                 ヽ:..__:L_|
                ヽ.__)ノ

       ┌─────────────────┐
       │ それが、彼女の世界の全てだった。  │
       └─────────────────┘

.

130 名前: ◆sUYKCqHxxg[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 01:15:58 ID:XcGPpg2.



      ┌──────────────────────────┐
      │  それは、少年が入所してから一年程経ったある日の事。   │
      └──────────────────────────┘


                              _|〃    |
                              |_||-,_   .|
                              [ニニ]/|   !
__________ __ __   ____ |   ! ,| __|
                             |__|/   \
           /「|,、 -───────-,   _. , ,/|   rェ, \
         ,/|!/               /ヘ > /|:: ||   {|:::]
         | ||/               、、_,>|:::: i: ||  /゙|」
         | |!、__________」|ナ-- .|:::::/| ./ .||
         | |___________ i! ._二_]. '┘/  ||
         |_|        ┌────────────────────────────┐
                │少年の容態が比較的安定した為、今までは半日程かけて       │
                │行なっていた血液検査が、ほんの二時間程(それでも長いが)    │
                │の簡単な検査で済むようになった。                   ..│
   ┌──────────────────────────────┐──────┘
   │少年は、今まで検査を行なっていた手術室の様な                  │
   │白く狭く重たい部屋ではなく、白く明るく少し広い無菌室に通された。    │
   └──────────────────────────────┘



           ┌─────────────────────────────┐
           │医者は、少年の体に簡単な器具を取り付けベッドに寝かせると、     │
           │他の作業に取り掛かる為、そそくさと部屋を後にした。             │
           └────────────────┌─────────────────┐
                                       │いつも通りの、退屈な検査の時間。  .....│
                    ___             └─────────────────┘
                     /ノ  ヽ_ \
               __   / ●   ●  \      __
           | |==|⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |====..| |
           | |   >        /        .| |
           | |  / l        ヽ        | |
           | |  / /l       丶 l  ̄ヽ___.| |
         / ̄ ーュ¨‐‐- 、_     .l !__ノ  /| |
        /     ` ヽ__  `-    .し|     /  .| |
       /    ヽ         ` ̄ `ー、_ ./   /| |
    ノ               ヽ__     |   /  |_|
  /                   ┌────────────────────────────┐
/                     │目を閉じて、心を殺し、今やもう遠く彼方にしか感じられない、     │
|      .|         |     │外での楽しかった日々を頭のキャンバスに思い描きながら、    ..│
|.      |     .|   .|    │ひたすら時間が過ぎるのを待つだけの、暗い時間。        ......│
| |     |     |へ  |   |..└────────────────────────────┘
|_|___ノ|___|  \|__|_ノ |_|

                            ┌────────────┐
                            │……に、なる筈だった。   .│
                            └────────────┘


.

131 名前: ◆sUYKCqHxxg[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 01:16:16 ID:XcGPpg2.


           ┌────────────────────────────┐
           │――ふと、視線の様なものを感じて、少年は横に首を向けた。     │
           └────────────────────────────┘

              /
     ___     ―
    / ノ  ヽ\   \
  /    ●   ●\
  |   ⊂⊃ (_,、_,) | 彡
  ヽ          ィ’


                         ┌────────────────────────┐
                         │少年と同い年ぐらいの少女が、少し口を開けた、       .│
                         │驚いた様な表情で、少年をじーっと、見つめていた。    .│
──────────────...│                                    │ .─────
  ∨: : : : : : : : V        / .∧:.  .│雪の様な白い肌をした、綺麗な少女だった。        .│ ∧
   ,: : : : !: : : : ′      /: : :.∧:.  .└────────────────────────┘ ∧
   ∨: :|: :. :′     ./ !: : :.i '、.   |   丶: : : : : . l   \: : |  \ : : : : : : : :  | ヘ   |    l    ∧
   ∨: :! : : ,'       f ∧: :| \   |    \ : .: : :.l     \!   _ ≧ ___: : :. :.|  ',  リ    |     :ト、ヘ
     V j: : /      j:/ ∨ |   \ |      \: : :.l     -‐      \ : : ̄ : |   ', /     l     ! `丶
      ゝ≠'      |′  ヽj ,.。rz====ミx       ヽ: :!       z=====ミ气.:.:. : :l  ノ′   l   i |
                 i    .イ ん::::::::::::::::ハ汽       \       r芹云示圷ミx: :i|         l|  リ |
                 {    《  {:: O:::::::::::::ノ} . -―‐- 、     〃んo:::::::::::::ハ } 》 :リ         リ   ′ !
                ヘ     '::::::::::::::::::.ィ´       }        {ト:::::::::::::::::ノ} ノ从/       .イ  イ  :′
              ヘ、     ∨う::::/       /        Vう::::::::::://   j     .:  // / ! /
   /             ハ':,     ヾン         /           ヾ辷rzン′   ′  .:. :   ン / } /
 /             }∧   ァ´       /                  ′  .: : :   ′ ' ノ'′
               乂_厶イ        /     ,              .′ .: : :.:   ′,′
                          /                         /  .: .: : :i: . / /
        /                .イ        rっ             .イ . : : : : : リ :/ /
       '                  /                     .イ/: : .: .: : : イ.:/ /
      /                    />                   < : /: : .: : :/ }/ /
──────────────────────────────────────────────


                             ┌───────────────┐
                             │ 少年は、慌てて起き上がった。  .│
                 ,ィ             └───┌───────────────────────┐
               / '--ァ                │  体に取り付けられた器具が外れそうになったが、  │
       ___    ヘ   '-ァ                │        そんな事はどうでもよかった。       ..│
      /\   /\   ヘ=-┴                 └───────────────────────┘
    /  ●   ● \     人_从人_从人
  /⌒ヽ u, (_,、_,)   |/⌒i   ) …ガバッ!! (
  ヽ  ヽ   (_ノ  ィ’  /    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒

132 名前: ◆sUYKCqHxxg[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 01:16:29 ID:XcGPpg2. [6/35]


           ┌──────────────────────┐
           │少女は、少年にとっては、この施設に入ってから    │
           │初めて出会った、同年代の人間だった。        .│
           └──────────────────────┘

     ____
    /\   /\
  /  ●   ● \   ., っ
  |  u.  (_,、_,)   |./ .丿
  ヽ   (_.ノ   /  ノ

                   ┌──────────────┐
                   │ 少女にとっても、それは同様。 .│
                   └──────────────┘

          ┌──────────────────┐
          │彼らの周囲には、白衣に身をつつみ、    .│
          │マスクで顔の下半分と表情を隠した、    .│
          │冷たい目の大人達しかいなかった。    ..│
          └──────────────────┘

    {   .∧
    iゝ、__l:.:.:.ー.、___
    ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄`ー.、_
     ヽ:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー..、
   . /:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
   /:.:.:.:.:.:.:,:.:l:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.ヽ  っ
  ./:.:.,:.:.:.:.:.i:.:l:.:.:.:.:ヽ:.:i:_:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.ヽ
 /:.:.:.i:.:.:.:.:.l:.六:.:.:.:.: ハ´ヽ:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.l  っ
 l:./l:.:.:.:.i:l:.l ヽ:.:.:l ヽ:.l\:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.l
 !'   l:.:.:.:!:l,ィぇ、ヽ:l ィ=卞、ヽ:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ_
    .l:.:.ハハ{tィ   ` {:i:::i:} 〉 }:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:iー'⌒
    V .i:l し'    弋:ソノ ノイ、:.:.:.:.:.:ヽ:.:,ヘl
       !{   '      u.  ζソ、:.:.:.:.:l/ .!     ┌─────────────────────────┐
       ゝ.、  r‐、       ヘi:./レ\:.:l         │  二人は、互いに近寄ろうと、ほぼ同時に手を伸ばした。 .│
         \`...、='__  イ  ./:´:`ー、 `:!         └─────────────────────────┘
         ヾ`,-‐':`}   /: : : : : : `ー、
          〈ll: : : :l、___,.l: : : : : : : :_〃,ー、_
           . l.!ll: : :.{ー‐‐l: : : : : _〃/:::::::::::l
             lヾゝ: :l: : : l: : : _〃,イ::::::::::::::::::`ー、_
          l::::ヾゝ、: :.l: _〃/::::!::::::::::::::::::::::::::::::::`

133 名前: ◆sUYKCqHxxg[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 01:16:47 ID:XcGPpg2.


           ┌─────────────────────────┐
           │だが、彼らが互いに直接触れ合う事は出来なかった。     │
           └─────────────────────────┘



┌────────────────────────────────────────┐
│                     ー―=≠   : : : : : : : : :\ ', : : : :/_z                 │
│                           , : ´    : : : : : _ : :::::i <-: :`丶、               │
│                     /:     , '  /  /  ', ' ,  \ \               │
│                    /::::::::/: : /            i   ',       ヽ            .│
│                    //:::::::, '::: :., ': : : : : : : : : :/: : : :.i : : : :     ┌─────────────────┐
│                    /イ_.:::/ : :, ': : : : : : : : : : /: : : : : !: : : : : : : : : : .│薄く、透明で、だが強固なガラスが。   │
│   / /         ー '   ./-/,-、./ : : : : : ;.イ://: : : : /|: : : : : : : : : : : └─────────────────┘
│                   /ミ / ーイ.:{{: : : : / 〃 .i: : : ,'/  ヽ: : : : : : : :: : : : : :            │
│                  ,イ  / ミ‐/:::il:-―/―{{- 、l|: : /{{ ,、 -\-ヽ__: : :.i:::::::::::::    / /    │
│               /.lミ-/  /.: : il: / {   ヽ  |:.:/ `   __ `丶V: :.:l:::::::::::|:: //        │
│         //  ...,イ .l  |=.  l..: : λ:i ,xィ==ミ. |/    彡==x |: : ,':::::::',:/!:             │
│                l=|.| |   l: : :小ヽ,ィ=、:::::::}` {      'ん:::::::::} 》!: /:: : :::::\           │
│                 l .lリ .ノ    ',: : : : / `-イ :リ       .O辷::ソ '/, ':::::: ',::ト、::            .│
│                 l           i: : :/  .ミl.¨´   ,     `ー‐' ./|::::::::::: 'リ .}ヽ           │
│                |          `シ    /             /i_,.ィ:::::: : :.|             │
│     //       . ',            /       .‘’       イ/ .リ::::::::ノ//           .│
│              ,           / :. >       , イ ///'" j        /     │
│       / /   .i、         / :. :. :∧ `丶 </ V:.:.:.:/イ,| |::}       //      │
│                  /         / .:. :. :. :. ∧   /   }:. :. :. ///:/                     │
│               /        .//\:. :. :. :. :.∧、__   / .{:. :. :.////                      │
│              ./        /´ .:.\//\:. :. :. :∧、 ` ' λ:. :.///'                      │
└──────.../          ./ . ──────────────────────────┘
            ./         ./
.          /         ./
                 ┌───────────────────────┐
                 │二人の手が触れ合うのを、互いの声が届くのを。     │
                 │         無慈悲にも、阻んでいた。         .│
                 └───────────────────────┘

.


アクセスカウンター
占いクレジットカード比較おっきくなぁれ 販売カラコン 黒



134 名前: ◆sUYKCqHxxg[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 01:17:18 ID:XcGPpg2.


      ┌────────────────────┐
      │少年は、心底から悲しく、残念に思い――     │
      └────────────────────┘

              ,ィ
            / '--ァ
     ____  ヘ   '-ァ
    /ノ   ヽ、.\ ヘ=-┴
  /  ○ }liil{ ○ . \
  |  u  .(_,、_,)    ..|  ≡
  \  ヽ |!i|!|!| /  / ≡        ┌─────────────────────┐
        |ェェェ|               .│そして、思わず失念していた残酷な現実に     │
                        │気がつき、慌ててガラス窓から飛び退いた。    │
                        └──┌───────────────────────┐
                              │少女を見つめる自分の姿が、もう慣れた筈の      │
                              │自らの変貌した姿が、あまりにも異質だったから。   .│
                              └───────────────────────┘


             ┌───────────────────────────────┐
             │だが、少女は少年の外見に対し、彼の家族や元友人達がしたように、   │
             │嫌悪や、拒否や、忌避などといった、拒絶する態度など取らなかった。   │
             └───────────────────────────────┘

                   -─――- 、__
                '´             `丶、
             /                  ヽ
          _ /       /         \    ',
          ̄/ /   /   /     ヽ     ヽ    l
             / / /  /     {      } |\  ヽ │  {
.           /イ:! /|  |- ─‐ハ   ノ -/―ヽ- !  |   ヘ
         |l | レ l|  ∧∧_/__ハ /ノ/__∨| /   ト ゝ  ┌────────────────────────────┐
         リ | 小. | fTテ示〒∨   〒示テf∨   |     │  恐らくは、実際には初めて直に見たであろう同世代の異性が   .│
              ∨´|ヘ∧{ハ::::::::::}      {:::::::::::ハl}  |∨リ    │   珍しかったのか、興味深そうに、じーっと、見つめていた。    .│
             ゝ_|   ハ  ゝ- '      ゝ-- 'ノ  | _)    └────────────────────────────┘
            │ j人xxx.    _   xxx才   /´
             ヽ Ⅳ >  _ ‘ ’  _ イ/|  /
              ∨ \| \ __j  ̄ i/ |/ |/
                   八Y__Y八




     ____
    /ノ   ヽ、\            ┌───────────────────┐
  /  ⌒   ⌒ \             │  少年は、ただそれだけで、嬉しかった。   .│
  | u.    (_,、_,)   | =3        └───────────────────┘
  ヽ    (_.ノ   ィ’

135 名前: ◆sUYKCqHxxg[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 01:17:28 ID:XcGPpg2.



               ┌─────────────────────────┐
               │  次に彼らは、互いに何とか意思疎通を図ろうと思った。 .│
               └─────────────────────────┘

                                        ____
                                      /\ u./\ っ
                                     / ●   ●  \
                                   c |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
                                     r'⌒) {  }  (´ jイ
                                     | ´   ̄  ヽ  |
──────────────────────────────────────────
           / :. ィ.;:.:.:.:.:.:.:ヽ
        イ:.:.:.:/-|/|∧:;、:.:.〈 っ
        リ:.:./ ●    く!:,:.:..、
         l:.:.l.u   ●/:./ ̄ っ
         vヘ  -   ノ:./
          _,-+ 匸ヘ/V    ┌──────────────────────────────┐
        ,《 ヒ⌒j 》、       │手も触れられぬ、それどころか声も強固なガラスで阻まれ、         │
        l::\ l /∥::l     │どうしよう、どうしたものか、どうすればいいと、彼らは焦りに焦り。    .│
        |:::::::ト,Vイ:::::|     └──────────────────────────────┘
          |:::::::l介l:::::::|





                 /|_
               く  ∠__
       ___ .     ヽ  /     ┌────────────────┐
   c ./―  ― .       }  >     .│  少年の方が、先に気がついた。   .│
    /  >   < \    ̄`      └────────────────┘
  /⌒ヽ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|/⌒i
  ヽ  ヽ    (ノ  ィ’  /



           ┌─────────────────────┐
           │少年は、勉強用にと持たされていたノートに、  .....│
           │自らの名前と、挨拶の言葉を書いた。        .│
           └─────────────────────┘

                        ____
              .      c ./―   ―\
              .       /  >   <  \ っ
              .        |⊂⊃ (_,、_,) ⊂⊃|
              .       \         /
                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                  _(,,)  こんにちわ! (,,)_
                 /  |   よろしくね!  |  \
                /    |__________」   \

136 名前: ◆sUYKCqHxxg[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 01:17:38 ID:XcGPpg2. [10/35]


    ┌─────────────────┐
    │  少女も、直ぐ様少年のマネをした。   │
    └─────┌────────────────────┐
                │内心慌てながらも、表情だけは動かずに、   ..│
                │少年よりは遥かに綺麗な文字で、記した。   ...│
                └────────────────────┘

        /´ : : : : .:′ : : 〃: : : : :丶: :.‘,: : : : : :.
          /: :/: : .:/: : : : .:/.:/: : : : ヽ : : ヽハ : : : : 八
.         /ィ / : : /: : : : : : 〃: : : : : : :\: :.ヾ}: : : : : :トミ
       {ハ { : : .′: : : : :.i {: : : : : : i: : .:、 : : ヾ: : i: : 厂``
       / i,小: :{: : : : : :l: :|イ: :. :. :i: :|: : : :',: : : :',: :| ;イ.:ハ
.         l:∧: .:.: :l: :i: :イ∧ハ: : : :l: :ト、 トミx: : : .:. :Ⅵ イ
        八ハ: :爪{:┼‐i{ 大ハ: :从t―┼:.大: :リ } /}ノ
        ヾ! トミハ :{k=≡ミ{ \{rtィ≡=z:i: :/}ィⅣ′ ┌─────────────────────────────┐
            ハヾ: ヾ:i ゞニ'’     ゞニ'’"}/ 〃/.   │  挨拶と、出逢えた嬉しさを表す言葉と、雪の様な自らの名前を。  │
          ヾハ:圦 .:::::::.   ;   .::::::.. ィ7 /}/    └─────────────────────────────┘
             入{ヘ.           ,〃.:/、′
         ,.ィ´  ヾ {`ャ 、` ´ .ィ}///  `}:7 、
        r 1:{        !   `¨´  i: "     !::} ト、
        ,イ. l::i        ト 、..-ミ . 斗      ::リ .ノ: }
      〈:ハヾ::、       Y´___,r‐ミム    /:/ /: : i
       }: : :ヽヾ::、     ├―‐ァヘ ヽ{    /:/ィ/: イ
       j/: : : :\\:、__.l__r'     _Y_/ィ彡: :./リ
      /: : : : √ `ヾ、       ` ̄ ¨´  ̄ `ヾ: : ノ:.:./
      {: : : r/  7廴{                  \: :/:〉
      〃:ィi〈 ー:/                 \ノ

     ┌─────────────────────────────┐
     │少年が拙い文章を散々頭を悩まして綴って見せれば、        .....│
     │少女がそれに対する返事を簡潔且つ分かりやすい文章で返す。    │
     └─────────────────────────────┘

              ___
            / ⌒  ⌒\
           /  ⌒  ⌒  \         ┌───────────────────────────────┐
           |   /// (_,、_,)⊂⊃|        │  数回に一度、少女の方から少年に飾り気の無い質問が飛んできて。   │
            ヽu.   .`Y─────┐       └──┌────────────────────────┐───┘
           /⌒ヽ(^う        |             │  少年は、舞い上がりそうな筆圧を必死で抑えながら、 │
            `ァー─イ.~~だお!.|             │      身振り手振りも用いて何とか投げ返す。      │
           /     |________.|             └────────────────────────┘
           ノ    ⌒ヽ
         _/ / ̄`) ノ
        (_r__ノ    (_っ

         ┌────────────────────────┐
         │  あっという間に、検査の為に用意された約二時間、  .│
         │  正確に言えば1時間56分と32秒は、過ぎていった。  ..│
         └────────────────────────┘

.

137 名前: ◆sUYKCqHxxg[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 01:18:01 ID:XcGPpg2.


          ┌────────────────────────┐
          │  検査の時間が終わり、大人達に引き裂かれる様に  .│
          │  連れて行かれた少年は、声にならない声で叫んだ。  .│
          └────────────────────────┘


                                              ___
                                         ,. -'"´      `ー 、
                                        /               ヽ、
                                       ,.'  _ノ     \__      ヽ、
                                      / ,.'べヽ、    ,/^ヽ         ヽ、
                                     ./  .l:l  ,リ.     |:|  ,リ        ヽ
     ┌──────────────┐        / .  ゙'‐‐'"       ゞ_とつ           i
     │  また会おう、また「話そう」と。  │        /.__  (           )  ___     l
     └──────────────┘       .(__) `ー-r'´`jー--‐'′ (__)    /
                                   i        | /   |      u.   /
                                    ヽ、      `ー――'′          /
                                     ヽ、_                  /
                                        `i                  ヽ






      {:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : /:ハ\   l! {/.l .//.  |      、  '  ,ム、 メ>、    ヽ
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : /}: :l f、   ノ| //: : .        `  弋-タv/|ハ    丶
      , : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: l: : } .| l丶、_´ Ⅴ': : : : : : : : .         ¨´>イ  /ハ      、
      {: : : : : : : : : : : : : : : : : : _ノ: :/|: : l l '.    ̄{!: : : : : : : : : : : .        /ノ_. ィ´l: { \    ヽ
      丶、: : : : : : : : : : : : -: ´: : : /: j: : ハ '. :}    ト、____: : : : : : : :      _ノ´ / /  ヘ:|   ヽ    ヽ
        `¨¨ゝ────-: : : : : /: : : :ハ '. '.    V---- 、ヽ , 、..___ ,. <´  //   ヽ    ヽ    丶
            \: : : : : : : : : : : : _: : : : :ハ '. '.   '. ̄ ̄ヽ }l' ̄7/ /  _ イ/           ヽ    ヽ
             , ′: : : : : : :_: -: : : : : : : : ム'. '.  l    lリ`ヽ_ ィ_ - ´  ´              ヽ
           /: : : : _: -: ´ : : : : : : : : : / ヽ 、  } _   V  |                    __ -\
           _': : - ´: : : : : : : : : : : : : /, 、.  `、l V7'7j /  .┌───────────────────────┐
        _ - ´ : : : : : : : : : : : : : : : ://  `丶ハj/ .>'´     │. …少女の唇が、「うん」という形を、作った気がした。 │
   _ . : :´ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /  {     vヘ|<_>=、-└───────────────────────┘
- ´ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/   `¨¨>>く_ノ^∨ `7 - 、二 - ´: : :ヽ         ノ: : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : / 、    / /  /{ }  '. /: : : : : : l: : : : : : |     _ . :´: : : : : : : : : : : : : : : : :

138 名前: ◆sUYKCqHxxg[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 01:18:19 ID:XcGPpg2.


        ┌───────────────────────────┐
        │次の検査までの間、少年は激しく、果てしなく頭を悩ませた。   │
        └───────────────────────────┘


         ___
       /    \                 ┌──────────────────┐
     /. ノ  ヽ、 \                │  一体何を書こう、何を彼女に伝えよう。  │
      | ゚ ●  ● ゚o|                 └──┌─────────────────────────┐
      |   .(_,、_,)   |                   .│思うがままにシャーペンを走らせたが、抽象的な思考は    │
      \       /                     │彼の文章力を曇らせ、思いの丈を綴ったノートは、      │
     /´       \                        │取り留めのない雑文で真っ黒に染まっていた。        .│
    / /        l l      ___          └─────────────────────────┘
____l l_¶____ / /  ___/     ヽ
    ヽ´-'ヽ  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|   l二二二二l
      ヾ ノ   | '''' '   |   l二二二二l
    | 9=ε-8. | '''..--  |   l二二二二l:::..
    |   ..''  |  ''-.  ,|
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                          ┌───────────────────────────┐
         |               │   やがて、真っ白だったノートの約8割が黒色に変わった頃。   │
      \  __  /          └───────────────────────────┘
      _ (m) _
         |ミ|                  ┌─────────────────────┐
      /  .`´  \                   │少年は、単純だがつい見落としがちで、        .│
       ___                   │だがとてつもなく分り易い、自らの思いの丈を   .│
      /―  ―\                │一番伝えやすい方法を、ついに思いついた。    │
    /  >   < \              └─────────────────────┘
  /⌒ヽ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|/⌒i
  ヽ  ヽ    (ノ  ィ’  /

139 名前: ◆sUYKCqHxxg[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 01:18:32 ID:XcGPpg2.


       ┌──────────────┐
       │  それは、絵を描く事だった。  .│
       └──────────────┘


┌─────────────────────────────┐
│:::::....      :::::::::`'''‐‐--''''つ                         │
│.:.:.:.:.:.:....      ::::.:::.:::.::(´              ┌─────────────────┐
│::::::::::::::::::::....         :::::::ヽ、__-‐ 、     │  少年は、絵を描く事が好きだった。   │
│:::::::::::::::::::::::::::....        :::::::::::.:::.:::.ノ       └─────────────────┘
│:::::::::::::::::::::::::::::::::....           ::.::.::.:(   ,.-                     │
│  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::....            :.:` ̄: : :                  │
│    :.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::....                           .│
│      _ __:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....                          │
│:::.. :::..   `ヽ、`\:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....                            │
│::::.. :::::::..    `ー、 ヽ,_:.:.:.:.:.:.:.:::::::::...                           │
│::::::.. :::::::::..      ,>  └―‐‐ 、:.::::::::::...                        │
│::::::::.. :::::::::::..   '‐、 「´ ̄"''ー、 \:.:::::::::..:..                  │
│:::::::::::.. ::::::::::::..    `′     `゛` :.::.:.:..:.:.:.:...                    │
│::::::::::::::.. :::::::::::::..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.::.:.:::....                   │
│   , ⌒ヽ:::::::::::::::..      . .. ...::.:::    ____ .:::...            │
│丶''′  / :::::::::::::::::..         __┌‐ー'´,--‐'"´ :.:.:.::...            │
│    (   :::::::::::::::::::....     r'´_,.-‐-、''ー、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....           │
│     `‐' ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.. ,ィ'´''"´    レ'"´ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::....         │
│       丿:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::..        : : : : : : : : : : : : : : .      │
│       ヽ___ノ´ ̄ ̄`ー、         : : : : : : : : : : : : : : .     .│
│                 ):::..        : . : : : : : : : : .    .│
│                /:::::.:.::..                       .│
│          ┌────────────────────┐   │
└─────│想像の翼を小さな両手いっぱいに広げ、     .│──┘
            │ペンで白い雲を切り裂いて、そこに自らが    │
            │思い描いた奇跡の軌跡を記していく事が。    .│
            └────────────────────┘



                   ┌────────────────────┐
                   │  少年は決意した。やるべき事は固まった。  .│
     ___             └────────────────────┘
    /\  /\
  /  ●   ● \               ┌────────────────────────┐
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|             │その日から少年は、役立たせる機会があるか        .│
  \    n,っ  ィ’                 │どうかも分からない勉強など放り出し、自由に        │
   (  m/  ノi  )                  │処理可能な時間の大半を、絵を描く事に費やした。    │
   乂_  イ _ノ                   └────────────────────────┘

140 名前: ◆sUYKCqHxxg[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 01:18:43 ID:XcGPpg2.


            ┌──────────────────┐
            │  そして、次の検査の日がやってきた。  .│
            └──────────────────┘


          __   ____           __
          | |=/⌒  ⌒\======| |
          | |/ ─   ●  \        | |
          | | u. (_,、_,) ⊂⊃ |         | | 
       _rーー‐‐- 、_       / ̄ヽ___| |   ┌───────────────────┐
     __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ  /'| |   │機械的に横にならされたベッドの上で、    │
  / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、. / .,| |   │そって目を開けて、横を見る。         ..│
 ノ                    `ヽ/|  /| |   └───────────────────┘
/                      ) |/  |_|


              ┌──────────────────┐
              │ガラスの向こう側には、あの少女が。     │
              └──────────────────┘

.        /     .: / .:.:.:.:.: /.:.:.:. ;イ.:.:.: j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..::\.:.:.:.:.:.:.:.:\ .:.:.|.:.:.:.:.:.  |.:.:.:.:.:.:ヽ
       / /  .:.:/ .:.:.:.:.:.:.:l.:.:.: / .|.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l\.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.|.:.:.:.:.:.  |!.:.:.:.:.:.:.:\
       ,′ l  .:.:.l  :.:.:.:.:.:.: j:.:. /  |:.:. | ヽ .:l\.:.:.:.:.:.:.|  \.:.:.:.:.:.:.',:!.:.:.:.:.:.   |:l:.:.:.:.:.:. ト ヽ、
        l :/|   :.:.:|  :.:.:.:.:. /|:.:/   !:.: |.  ヽ:{  \.:.:.:.:|    \ .:.:.:.l|.:.:.:.:.:  i |.:.l:.:.:.:.:.:.| `ーゝ
        | / !   :.| l::.:.:.:.:.l V    l:.:.l    \   >┼ ── \‐:.! .:.:.:.:. i |.:.:.l.:.:.:.:.:|
        レ'  l   l l:.:.:.´丁 j ̄ ̄ `ヽ{     \´  >l _ -==r 、│.:.:.:.:. i |.:.:.:|:.∧:.l
           l   |ハ ヽ .:.:.:|〃チ不テミ、ヽ       ァ彳゚ア千.ハヾ}! :.:.:.:. i |ヽ:.:|/ V
           ヽ  .|i.: ヽ\:.:lヾハ_j::::::::ハ           | _j:::::::::} j " |.:.:.:.:.: i | }j:|
           \∧:.:l \ヽl  う、:::イi|          'う、:::::イ./  j :.:.:.:.: / レ':/リ
            ヽヽ|:.:.:. \l. _ヽ辷_リ           ゞ 辷='  l.:.:.:.:. / ∧/
            /::/ l:.:.:.:.: 小          ,           ,'.:.:.:.:./ /
              /::/  l:.:.:.:.:.:.lハ                       /.:.:.:.,イ ∧
        _, -、 /::/__,ム:.:.:.:.:.l::.:lゝ       ー        , イ.:.:.:./ j/  }
ー-、厂 ̄了::::/:: ̄::::::::::::∧ :.:.:.:l:.:|  丶、             / /.:.:. /∨   l
  〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ :.:.:l.:| ヘ {{> _        イ  ./:. /  }    |
  {{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:.:.:l:| ヘヽ|l  /:`irー-r<.     /:/   /   |
  ll::::::::: /' :::::::::┌───────────────────────┐
- ヾ}:::::: j ::::::::::::│想像でも、空想でも、幻でもなかった、少女が。      .│
          │                                  │
          │雪の様に白い肌をした、雪の如き名前の少女が。  .....│
          └───────────────────────┘

       ┌────────────────────────────┐
       │  少年は、土壇場で一瞬躊躇して、でもすぐに決意を改にして。 ...│
       │                                         .│
       │        少女に向けて、スケッチブックを開いた。        .│
       └────────────────────────────┘

.

141 名前: ◆sUYKCqHxxg[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 01:18:54 ID:XcGPpg2.



    ┌───────────────────────────┐
    │そこに描かれていたのは叶わぬ夢。あるいは幼稚な空想。    .│
    │                                       .│
    │ガラス越しの儚き雪の様な少女が、チラ、ホラと、         ..│
    │降り積もる雪の中、遊んでいる絵が描かれていた。         │
┌─ └───────────────────────────┘──────────┐
│                      |ハ : |: :ハ     ,      / : : 从: ハ                      │
│                      { ハ: |i: : :ト、           ノイ: : ハ/}' }                  │
│                           ノイハ: 人    ‘`     人:/:イ  ┌─────────────────────────┐
│                         o    人: :{ハ:. .       . .:ハ} /}′  │隅の方には、少年が雪だるまを作って遊んでいる姿も、    │
│                         `ヾ  _i .>-<. i_ ノ′  :. .:│恥ずかしそうに、割と雑に、描かれていた。           │
│                          。 . :´ : l       l : `: 。    └─────────────────────────┘
│                           o ゚.:´: : : : :K ___ ヾ: : : : :`:.゚ o                   .│
│                        /{:. :. :. :. :. :. :.:|/    \|:. :. :. :. : : : : }Y                  │
│                    l∧:.:. :.:。:. :. :. :|  ___  |:. :. :. : : : : :./::l                  │
│                      l:::∧:. :. : : : : : |/    \|:. :. :. :. :. :.:/:::::l                    │
│                        /!:::::∧:. :. :. :. :. :.      .:. :. :. :. :. :./::::::::l                │
│  ..          n n―‐ 、 _/:::::::::::∧:. :. :. :. :. :.     . :. :. : : : : /::::::::::ハ _>――‐ ァ       │
│ :. .:         {ヽ} lノ !7  ィ`ーァ:ヽ\::::::::.:. :. :. :. :. :. fォY . :゜:. :. :. :. :::::::/::イ _ YY´}/ レァ      │
│         ヽヽ{. {ヽ _    /c:::}:::::::Y:::::\o:. :. :. :. 从ハ . :. :. :. :/::::::/:::::{::::|   ィ ノ ノ イ ノ       │
┌───────────────────────┐. :/::::::::::::::::::人::ヽ..ィ::7´ ̄ ̄´     c │
│            折しも、季節は冬。           │ィ::::::::::C:::|::::::::::::::::::::´:::}          │
│                                  │ |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ             │
│  外に雪が降り積もっていても、おかしくない季節。  │|:::::::::::::::八:::::::::::::::::/            │
└───────────────────────┘|:::::i:::::::::::::i` ―                   │
│ o                       /::ハ::::::::::|::::::| |:::| |:::| |:::::|:::::::::::::::.                  │
│                        /::/ :l:::::::┌────────────────────┐│
└──────────────────│もっとも、外の景色など見る事が出来ない     │┘
                                │彼らに、知る術などなかったが。             │
                                └────────────────────┘
.

142 名前: ◆sUYKCqHxxg[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 01:19:04 ID:XcGPpg2.



     ┌───────────────┐
     │少女は喜んだ。とても喜んだ。    │
     └──┌───────────────────────────┐
           │本の中の知識でしか知らなかった雪の中に、自分がいると。   │
           └───────────────────────────┘
                   ,. :': : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : :`ヽ
                  /: : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : ` 、
                /: : : : : : : : : : : : : : : :,: : : : : : : : : : : : : : \
.               /    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `
            ,': : . .   . . : : l :./: ´: : :/ : :! : :! : : : : .: .  ヽ
              i : :: : : : : : : : : ::.! / : :  ::,イ: : : ∧: :i:.! : ::l: : : : : : `、
.            ノ: : :: :.:.::::|: : : : : :.|/: :  :.//: :/ リ :l:.:.ノl.: : ,: :∧l
           ̄!: |: .:.:.:! :j: : : : : :.|: : :/.ノ//   .ナ j: ノ:l.:.:.:.i: : l ll
           /l .:.: _l::::|: : .:: : :.|/ ,ィ=ミ    . .ィチ}:/.:.:|、:.:.:lゝl ノ
              Vl::::{ .  |:.:.: :: : :| / ,イノ:!      ハ7.:.:..:.|ヽ:.l .l'
               ノ:ヽ  |: :.:. : :.l〈 トz';7      {ソi.:.:.:.:! ...リ
               |/`-i ::. : :.|   ゝ‐'     ,   ,!.:.::,'      ┌────────────────────────┐
                ´  ヽ:;;. :::.!、 ///   ー. イ:.:.::/     │少女は笑った。大きく笑ったつもりだった。          │
                     ノ : ヽ:.:.! `' ーr-.::<_.:.:.:.!:./        │だが、自然な動き方を知らぬ少女の頬は、         │
               ,.へ`ヽ::::\!'r―-ヘ:::::::/><j:./         │ほほえみとしての形しか、少年に見せられなかった。   .│
              /`ヽ:::\\:::::::':,   l:::://:::/ヽ       └────────────────────────┘
                 //: : : ` 、::\\::::',   !://:::/: : : \


           ┌───────────────────┐
           │だけど、少年は喜んだ。とっても喜んだ。    .│
           └───────────────────┘

                                    ___
  ┌─────────────────────┐´      `ー 、
  │また描こう。何度でも描こう。幾らでも描こう。   ..│            ヽ、
  └─────────────────────┘     ⌒ヽ      ヽ、
                            /                     ヽ、
                           ./  彡三ミヽ      彡三ミヽ   ┌─────────────────┐
                           /.                     │声が全く伝わらなくても。           │
                          /.__  (           )  ___ .│言葉で上手く伝えられなくとも。      │
                          (__) `ー-r'´`jー--‐'′ (__).│自分には、絵があるから、大丈夫。    │
                          i        |/´ |           └─────────────────┘
                          ヽ、      `ー'′              /
  ┌──────────────┐   ヽ、_                  /
  │そう、思った。強く、思った。    .│     `i                  ヽ
  └──────────────┘

.

143 名前: ◆sUYKCqHxxg[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 01:19:15 ID:XcGPpg2.



   ┌────────────────────────────┐
   │ それからも少年は、一月に一度、時間にして約1時間57分程の  │
   │    束の間の邂逅の度に、様々な絵を少女の為に描いた。    │
   └────────────────────────────┘

          ┌─────────────────────────────┐
          │例えばそれは、少年と少女が草原を手を繋いで歩いている絵。     .│
          │例えばそれは、一緒においしそうな食事を食べている光景。      │
          │例えばそれは、二人元気良く外で走り遊んでいる夢想。         .│
          └─────────────────────────────┘


        ┌───────────────────────────┐
        │                               ___           .│
        │                           -‐'  ̄   ̄`ヽ、       .│
        │                      /           ヽ       │
        │           ____     /               ハ      │
        │          /⌒  ⌒\  / ///             l  ハ    .│
        │        / ⌒   ⌒   〃///  ∧  ハト、  | |  i l    │
        │        |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ll l l l  '7¬| l/‐-ヘ、 l l l  |ノ     │
        │         ヽ    __ .|N小l 厶ニミノ ┬=x ∨ l l  l     .│
        │         [_>o<_ , -- 、ゝ..| ll l 代ノ   ヒ::ノ  l  lルレ′   .│
        │         /||o    .V   \l从ルヘ   , 、 xx./| /       │
        │         /.|.|o     .V    \..,イ个ーr=ァー'´-‐レハ       │
        │       〈\| |o      V_ /./  ト、 {/ /    }        │
        │       (ヽノ |o      ヽ_ . {__,イ  YY⌒ヽ   ∧      ..│
        │        `ヽ/\___/ ゛'- '  |   レ1ー‐ヘ/  ヽ      .│
        │          /二、 y T i.― 、   ..|  八ト、       }      .│
        │        i ⌒ヽ  /-ノ_ノ  l|    ヽ厶ト  ` ー' 二フ′      │
        │        ヽヽ   /  .(_ノ        `T^T冖<_,ノ      ..│
        │         ゝ.,!_ノ                 ` ´            .│
        └───────────────────────────┘


                 ┌───────────────────────────┐
                 │どんな場面でも 、少年の絵には必ず少女が描かれていて。   .│
                 └───────────────────────────┘

             ┌────────────────────┐
             │少年は、淡い光の曇り空にデタラメと嘘を、  ....│
             │何枚も、何十枚も、何百枚も描き込んだ。    │
             └────────────────────┘

.

144 名前: ◆sUYKCqHxxg[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 01:19:40 ID:XcGPpg2.
     /::::::/::::::/:::::;|::::::∧:::|';::::::|::::::!:::::::::l:::::::::::i
      |:::::::!::::_/」_::ハ::::! ';::! ';::::|';::::!:::::::::|:::::::::::!
      |::::/|:::/  ';:l. ';::|  ヾ¨ヾ:|`';:|:::::::::j::::::::::::',
      |:::l. l:::| z=t=ミ、 ヾ   ,.z:=t、.'|::::::::;'::::::::::トヘ
     ヽl. Ⅳ',  |:::::」     |:::::」 |::::::/::::::;l:::l┌───────────────────────────┐
.       /:|:::l 弋tソ    弋tソ |::::/:/l:/ V.│  少女は、初めは少年の絵に見入り、感心するだけだった。   .│
        '´ l:::ト、        '''    |::/:/ ′, .│  だが段々と、自分も少年に、何かを伝えなくてはと思った。  .│
         ヾ! lン 、_ -__  ィ/:/|/    └───────────────────────────┘
.    r'ヘ., ‐ 、. _   ,r‐/__ /ヽハ/ シ
.    |', ', / ヽ /| | ./  ./゙i
.    | \}' 彡 ´ |.| | / /   |  


                ┌────────────────────────┐
                │        だから少女は、物語を書いた。         .│
                │  少年が描いた嘘の夢の光景に、物語を書き加えた。 .│
┌───────└──────────────┌───────────────────────────────┐
│                                  │例えばそれは、ただ少年と少女が語らうだけの話であり。          ..│
│                        r…―- ,,_/│例えばそれは、少年と少女を主人公に置き換えた童話であったり。     .│
│                         \ :::::::::::''´::::│例えばそれは、剣と魔法の世界で繰り広げられる冒険譚であったり。   ..│
│                          _>、_::::::ヽ└───────────────────────────────┘
│                   ____     ̄i `丶、:::`丶、_: :::::::::::::::::::::::: ト、       │
│                 /\  /\   | ! iハト、 i、丶、___` ー--::::::::::::::::\    ......│
│  _____ ||\ ,-―./ ●   ●  \  lハノ!イ仄ゝヽ ナアi`ー-=....,,,____,,.ゝ    .│
│<>―――――‐}◎'ユ |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |   |'、`┘  '^i下心!ハj  ,ハ!         │
│   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||/ ` ̄ ヽ  ヽ._)    .ィ’   |/\ 、  ゞ-イ //          ..│
│                 }   / .        ☆ ' r‐i> ‐rァ='7.イ´             │
│              r'´ ̄   |      ||    \ ⌒ヽ、,.ヘ.::´:::ハ           ......│
│              ヽ  マ、 .V    //     \rイ ,.ィヘ.:::::ハー- 、         .│
│               /  }/  `<>' ´       └攵アト=ヘ、::::ヽ ::::::\       .│
│               ゝ- '/   /            / 〈::::::::::::\:::::::::::::::::l     ......│
│                〆   /                〉―ァi'´ \ :::::::: |       .│
│                ゝ._ノ  .               /_ア^'┘  `ヽ、::j       .│
└──┌────────────────────────────────┐┘
      │無機質な机の上で、時には固いベッドの上で綴られた文字に導かれ、     │
      │少年と少女は白くて狭い研究室を飛び出し、様々な世界を駆け巡った。    │
      └────────────────────────────────┘

.

145 名前: ◆sUYKCqHxxg[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 01:19:55 ID:XcGPpg2.


       ┌───────────────────────┐
       │絵と、物語と、ノートに書き殴られた言葉によって    │
       │織り成される、少年と少女の淡き交流。          │
       └───────────────────────┘

              ___
            / ⌒  ⌒\
           /  ⌒  ⌒  \
           |⊂⊃  (_,、_,) ⊂⊃|            ┌─────────────────────────┐
            ヽ    .`Y─────┐        │少年にとっては、この狭くて白い研究所で唯一の。      │
           /⌒ヽ(^う        |        │少女にとっては、唯一且つ初めての友達との語らい。    .│
            `ァー─イ.         |        └─────────────────────────┘
           /     |________.|
           ノ    ⌒ヽ
         _/ / ̄`) ノ
        (_r__ノ    (_っ


          ┌───────────────────┐
          │  月に一度、たった二時間の秘密の逢瀬。  │
          └───────────────────┘


        _,,.-‐''"       ``丶、.
         //             "'- 、  \
     / /          、      、    \
.    /   /   /  l     l   l   ヽヽ   ':,
    /  / / l   |      l   l    l ヽ  ∧     .┌───────────────────────┐
.   ,'.     l   l   |      l  ∧ |V |  ':,  ∧     │  もっとも、彼らの行動如何全ては監視されており、 ..│
.   l      l  ∧. |ヽ   / l孑七 ナキ|- 、 l     \   │        大人達には完全に筒抜けで。        │
.   l.   l  l / ,ゝ十'''ヽ /  リ  レ'  リ l  l   l  l\ └─┌─────────────────────────────┐
   l    l  l, '|       ∨     , -=ミヾ. ノ li  l\l       │世間から隔絶された彼らに対し、せめてもの慰めと            │
   l    l  ハ l _,-==-、       ヤ::;;;;::d }/  lハ l          │ある程度意図的に与えられた、罪滅ぼしの黙認でしかなかった。   .│
  /   l   ハ| ',:::;;;;:c}      .ヤ:':':ソ ,' |  l ソ          └─────────────────────────────┘
  //l |`i.  ハ .又:':'J        `´   l  .l
     リ  `|.  ハ  `´           /  /
       ':,  ':,       __,,.    / | /
        ':,   ', ヽ         イ  | /       ┌─────────────────────────────┐
         \ |   ≧ー  - イ |\___   .│  そんな事は、彼らには知る由も無かったし、関係も無かったが。   │
       ,,..――‐''" ヽ|      Lヽ;,;,;,;,;,;,;,;,;| | - └─────────────────────────────┘
        /\;,;,;,ヽヽ;,;,;,;,;ヽ   ____|______|_| l \
.      /;:;:;:;:;:;\;,;,ヽヽ;,;,;,;,ヽ |ll| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |;:;:;:\
.      l;:;:ヽ;:;:;:;:;:;',;,;,ヽヽ;,;,;,;,;,;',|ll|              | l;:;:;:;:;:/
.      l;:;:;:;:ヽ;:;:;:;:;',;,;,;ヽヽ;,;,;,;,;,|ll|              |/;:;:;:;:/

146 名前: ◆sUYKCqHxxg[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 01:20:06 ID:XcGPpg2.


       ┌───────────────────────────────────┐
       │   少年は、少女と会う度に、巧な絵と拙い文と精一杯の笑顔で喜びを表現した。  .│
       └───────────────────────────────────┘


                             ___
                         ,. -'"´      `ー 、
                       /               ヽ、
                      ,.' '⌒       ⌒ヽ      ヽ、
                     /                     ヽ、
                    ./  彡三ミヽ      彡三ミヽ      ヽ
                    /.                            i
                   /.__  (           )  ___     l
                   (__) `ー-r'´`jー--‐'′ (__)    /
                   i        |/´ |                 /
                   ヽ、      `ー'′              /
                     ヽ、_                  /
                       `i                  ヽ

         ┌───────────────────────────────────────┐
         │  少女は、少年と逢う度に、豊富な物語と完結な文と不器用な笑顔で少年を迎え入れた。   .│
         └───────────────────────────────────────┘


           -‐  ̄ ̄ ̄  ‐ 、
         ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、
     /::/::::::::::::::/:::::::::::::::::::::\::::::::::、:::::ヾ:.、
     ':::::/:::::::::::::::::/:::::::::::/::::::::::::::::ヽ::::::::ヽ:::::ヽア
   /:/:::/:::::::::::::::::::i::::::::::::l:::::::::::ヽ:::::::ヽ::::::::ヽ::::i
   /イ:::::::::::::::::::::::::::{:::::::::::ハ:::::i::::::}:::::,.::-‐-、:::ハ::}
   i:{:::::i:::::::::::::::l::::::i:::l::斗┼-!::::ハ:i::::ハノjハ:::::::|::!
   jハ::::l:::::!::::::::|:::::::|::i:ハ::i jノト::::! リf芹テ }::::::jノ
     V|::::i::::/^|:::::::l/ィf笊  jノ  ヒソ イ::::l::!
.     jハ::::!::ト i:::::::レ弋ソ _      〈::::::jノ    ┌────────────────────────┐
       j八从`!:::::::i        '  人:::::!      │  少年と少女は、ある一点を除いてとても幸福だった。 .│
          ∧:::::ト     ー ' ,.イ  ヽj    └────────────────────────┘
        /:.:.:.:.ヽj  ≧ ., __,. イ、              ┌────────────────────────┐
       /ニ三三ミ、ヽ  /ヽ:.:.:.:.:.}:lハ              │…だが、ある一点において限りなく不幸でもあった。     │
     /イ´     ヽ:.:i   /}:.:.:.j/ }             └────────────────────────┘
     / /!       V|`   i:.:.:./ _ト,

147 名前: ◆sUYKCqHxxg[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 01:20:16 ID:XcGPpg2.



         ┌────────────────────────────────┐
         │  それは、少年と少女の間を、僅か1cm足らずのガラスが遮っている事。   │
         └────────────────────────────────┘


┌────────────────────────────────────────┐
│                     ー―=≠   : : : : : : : : :\ ', : : : :/_z                 │
│                           , : ´    : : : : : _ : :::::i <-┌────────────────────────┐
│                     /:     , '  /  /  ', ' , │  手は触れられず、互いの暖かな体温も感じられず。  .│
│                    /::::::::/: : /            i   ',└────────────────────────┘
│                    //:::::::, '::: :., ': : : : : : : : : :/: : : :.i : : : :       ヽ            │
│                    /イ_.:::/ : :, ': : : : : : : : : : /: : : : : !: : : : : : : : : : : : : : :           .│
│   / /         ー '   ./-/,-、./ : : : : : ;.イ://: : : : /|: : : : : : : : : : : : : : :              │
│                   /ミ / ーイ.:{{: : : : / 〃 .i: : : ,'/  ヽ: : : : : : : :: : : : : :            │
│                  ,イ  / ミ‐/:::il:-―/―{{- 、l|: : /{{ ,、 -\-ヽ__: : :.i:::::::::::::    / /    │
│               /.lミ-/  /.: : il: / {   ヽ  |:.:/ `   __ `丶V: :.:l:::::::::::|:: //        │
│         //  ...,イ .l  |=.  l..: : λ:i ,xィ==ミ. |/    彡==x |: : ,':::::::',:/!:             │
│                l=|.| |   l: : :小ヽ,ィ=、:::::::}` {      'ん:::::::::} 》!: /:: : :::::\           │
│                 l .lリ .ノ    ',: : : : / `-イ :リ       .O辷::ソ '/, ':::::: ',::ト、::            .│
│                 l           i: : :/  .ミl.¨´   ,     `ーっ゚./|::::::::::: 'リ .}ヽ           │
│                |          `シ    / ゚           ゚/i_,.ィ:::::: : :.|                │
│     //       . ',            /       .‘’       イ/ .リ::::::::ノ//           .│
│              ,           / :. >       , イ ///'" j        /     │
┌───────────────────────┐/ V:.:.:.:/イ,| |::}       //     │
│姿ははっきり見えるのに、声はまったく届かない。    .│  }:. :. :. ///:/                    │
└──────────────┌──────────────────────────┐
│              ./        /.│  ガラス越しに手と手を合わせても、温もりすら分からない。 │
└──────.../          ./ . └──────────────────────────┘
            ./         ./
.          /         ./


           ┌───────────────────────────────┐
           │  無機質で透明な壁が、二人の間を絶望的に隔て、引き裂いていた。  .│
           └───────────────────────────────┘

.

148 名前: ◆sUYKCqHxxg[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 01:20:27 ID:XcGPpg2. [22/35]


        ┌──────────────────┐
        │  悲しくて、悲しくて、どうにもならなくて。 .│
        └──────────────────┘

                                       ___
                                   ,. -'"´      `ー 、
                                 /               ヽ、
                                ,.'  _ノ     \__      ヽ、
                               /  .;'⌒ヽ     、ィ=ミ、、       ヽ、
                              ./  .l:l  ,リ.     |:|  ,リ        ヽ
                              /   .rつ‐'"       ゞ_ニ○         .i
                             /.__ o(           ) o __     l
                             (__) `ー-r'´`jー--‐'′ (__)    /
                             i        | /   |      u.   /
                             ヽ、      `ー――'′          /
                               ヽ、_                  /
                                 `i                  ヽ

            ┌──────────────────────┐
            │  会いたくて、触れたくて、でもどうしようもなくて。  .│
            └──────────────────────┘

───────────────────────────────────────────

          ┌─────────────────┐
          │  たまに彼らは、無性に悲しくなって。 .│
          └─────────────────┘

                       . -=ニ¨¨⌒ヽ-―-  .
                  . : ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
              /: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : :\: : :\
             /: : : : : : : : :/: : : : : : : : : :i: : : \\: : :\
            /: : : : : : :/: : : l : : : : : : i : : :|: : : : : \\: : :\
.          . : : : : /: : : /: : : : |: : : : : i :|:| | : : ヽ: : : : : ヽ: : : \
           /.:/: :/: :i: : |: : : : :,|: : : : : | :|:| |: : : : : : : : :i: : : :\ : \_
        /.:/: : : :|: : |: : |: : : :/:|: : : : : l :|斗/|:ー‐ト}、: : :|: :| : : : `¨¨⌒
.       /.:/': : : : |: : |: : | : :斗┤: : : :/:/|// :|∧:|i:ハ: : :,| : : : : : |
       :/ i: : : : :|: : l: :イ : :|..从: : /l/   ィ竺ミ}ト、|: :/:| /: : : : |
        i | |: :i :|:.i|: : |\斗=云:/     {r'^ー⌒う/|: /|: : |i: 八
        l | |: :.:|i八:.八: :|〃Vc::ツ       `¨¨^} i/イ|: : |: : ||/
        |八八: |人:.\ }/\ ゚¨´    〈{.     | | :八: : : : |
             \ \ :ヽ}八ヽ            | |/i: : : |人|
                  |:i: : : : 个: .    - -    ノ |/l: : :/       ┌─────────────────────┐
                  |:| : i : :|: :≧=-  .     イ∩| :|: :/        │  どちらともなく、涙をぽつり、たらりと、零した。  .│
                  lハ | : : |\(\i:_:|       Ji|:|:/ /       └─────────────────────┘
                    |八 : |  /. :丿    o l|.|/ヽ
                 _ : |彡 : : |: .     . :l|:|: : : : \__
                 r‐=ニ⌒ヽ|  . : : :|ー‐ 、  , -‐j|:|: : : : : : : : : :>x

149 名前: ◆sUYKCqHxxg[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 01:20:52 ID:XcGPpg2.



    ┌──────────────────┐
    │  ――それから、数年の時が流れた。  .│
    └──────────────────┘



               ____
             /       \
           /  ⌒   ⌒  \
          /  (●) (●)  \     ┌────────────────┐
            l      (__人__)      l    .│  少年は、恰幅の良い少年と成り。  .│
          \     `⌒´     /    └────────────────┘
          /              \




   '、
   ヾ 、             , -‐- 、
    ', ` 、      ,  ' ´      `ヽ、
     \  ` ""゙ ´              ̄ ̄`ヽ 、
      ヽ 、, '                      \
       /                      ヽ  ヽ
      / ´  ., , ' ´       ____       `,   ヽ
    /   /´    ,  ,     ´~   ヾ ー ,__   ',  `,
   / _/ /     ./  ',        、 \  `ヾ, 、 ! 、 `,
  / // /      /!   !        ヽ、 ヽ,ヽ、 \  ヽ ヽ
 l /  | ,!     , ./ |  l !、 ヽ、 ヽ    ヽ  ヽ ヾ、、ヽ, ', ヽ、
 `  .| |    _!,! ,' | l  ', ,ヽ ヽ  ヽ \  ヽ  ヽ  ヾ、! ',',ヾ     ┌─────────────────────┐
    l /|  | `,才ト、| ト  ', ', \ヾ、  ヽ \ ヽヽ ',     ヽヽ'.、     │  少女は、儚雪の様な美しい少女に成長した。 ..│
    ヾ ヽ |  !汁ド、トハ  ヽゝ‐-ヾ-'=、__!_ ヽヽヽ ',    / } ',ヽ   └─────────────────────┘
       ヽ}', ', ン:::rリヾ\ ヾ -ー‐ヽ ヾ,} ヽ ', ', ゞr,!   /ノ ', !
       .i| ヽヽ` ー´   ``ヾ 斗云弐ミ=!,ヽヾ   ,ヾノ /.//   ',!
       ´', ヾ,ゝ  ノ     リ::::r〃"} ハ ',   ',Y /, {/
        ヽ ヽ         ` ̄´  / } 、   ',.}  ´
         \ |\            / /.ハ   ',!
           `` \ ` ´   , '´/ /  ',  i,!
               〉ー- ' ´   ´}´    ',! ,!

    ┌─────────────────────────┐
    │肉体的及び精神的な成長を遂げた彼らはいつしか、     .│
    │架空の空虚な世界での逢瀬ではなく、現実の世界で。     │
    └──┌─────────────────────────────────┐
          │  外の世界で、互いに触れ合い、気持ちを伝え合う事を望むようになった。  .│
          └─────────────────────────────────┘


                       ┌──────────────────────────┐
                       │そんな事は不可能だとも。病に冒された体で外の世界に   ...│
                       │出る事は、自殺と寸分違わぬ愚行だと、理解していても。    │
              ┌─────────────────┐.──────────────┘
              │  それでも望み、夢見るようになった。  │
              └─────────────────┘

.

150 名前: ◆sUYKCqHxxg[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 01:21:03 ID:XcGPpg2.



      ┌────────────────────────┐
      │  ……だから彼らは、どちらともなく考える様になった。  .│
      └────────────────────────┘


             ┌───────────┐
             │                │
             │          ',  ))     │
             │         }  /(    ......│
             │       ,' ノし': :ヽ      │   ┌───────────────────────┐
             │     ((,イ: :  :: :V)  .....│   │  真剣に、外へと出る方法を。二人、“逢う”方法を。 .│
             │     ..∩_  .: :(ノ}   .│   └───────────────────────┘
             │     .〈〈〈 ヽ: :: :/    .│
                ____   〈⊃  }...;ノ     │
          /⌒  ⌒\   |   | . ────┘
           ./( ●)  (●)\  !   !
       / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
       |     |r┬-|       |  /
       \     ` ー'´     //
          ./ __        /
          .(___)      /

    ┌───────────────┐
    │  少年は絵で、少女は物語で。   .│
    └──┌─────────────────────────┐
          │自分達が何を為したら外に出られるかを伝え合った。    │
          └─────────────────────────┘


         ,,, -ニ三三三三ニ         / \
      ,,;;;'''ニ二三三三二ニー   ヽ , ヽ- '    ヽ
    , ', -=ニニ三三三三ニニ/=ニニ二ヽ, ヽ---――-ヘ
   イ '´  ,r'三三三ニニ/ 三/  、 ヽ ヘニ ヽ      ヘ                ┌───────────────────┐
      //三三三ニ/ 三/   ハ   i  }三 ヘ   ヽ   ヽ                  │  彼らの姿勢は、果てしなく前向きだった。  .│
      ,ィ'三/三ニニ/三ニ{  ,'  V | 斗t‐ニヘ ヘ ヽ ヾ\__               └───────────────────┘
    ,ィ三,ィ'三三ニニ,'三三ハ  |   ! '丁ノ  \ニ ヘニ ヘ  ヾ ̄
   ,'ニ//三/ニニiニァ'厂'弋 i   ゝ ,zモ示了、! ハニ |  ト ゝ
    レ' ./三,イ三三lノ l,ィ≠z>{       Vfzjソ !  !ニ !ヘヘ
     lニ,イ/三三ニ\ll Vfzjハ         ̄  | ,'三 ハ |ヾ  ┌──────────────────────┐
      レ' l三ハ三三ヘ ` ー'"  、        ノノニニ! レリ   .│自分達の計画が、未来に繋がるものではなく、     │
       レ'  V三三ヘ      _      /三ニハ !      │前向きな自殺でしかないと分かっていても。       │
           _」三三ニ丶、        /i三三/ .リ     └──────────────────────┘
          |     `丶 > 、 __ , < {ニ三/
          |        \三ヘ      , - ' ´ ̄ ̄ ̄\
      / ̄ ̄ ̄ ̄` ' ー- 、 \〉  , - '´ ,,ィニニニニニニニニヘ
     iニニニニニニニニニニニへ   ` v'  ,, ィ''"             ヘ
     V          ` ー 、====<´             ヘ
     ,-V            ヘ  _ V      , ---------ヘ
    {  V------------、 「ヽ V l `V , -‐' ´            ヘ

                         ┌───────────────────────┐
                         │  それでも彼らは、外に出る事を望んだのだった。  .│
                         └───────────────────────┘

.

151 名前: ◆sUYKCqHxxg[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 01:21:13 ID:XcGPpg2.


        ┌────────────────┐
        │そして、訪れたるはある春の日。   ..│
        │遂に計画は、実行された。       .│
        └─────┌──────────────────────┐
                    │火気など無い筈の所から燃え上がる火。         │
                    │作動するスプリンクラー、故障する数々の機器。   │
                    └──────────────────────┘

    \   ./                \   /
     | \/                   \/...|
     |  |                       |  |
     |  |                       |  |
  .._ |_|                       |_|_..
     |  |                       |  |
从;;从 |  |                       |  | 从;;;从人
     |  |                       |  |         ┌───────────────────────┐
     |  |                       |  |         │起こり得る筈の無い事故に、白くて狭い研究所と     .│
     |  |/ノ从;;;从人;;;;从人   .ノ从;;;;;;从人.\|  |          │白くて無機質な服に身を包んだ大人達は、        .│
     |  |ノ从;;;从人;;;;从人    从;;;从人;;;;从人|  |          │大いに狼狽し、我先にと、逃げ出した。          │
 ~⌒   ) (;; (´ (( ) )     ⌒(;; (´・:;⌒ ┌────────────────────────┐──────┘
) ;;~⌒))/ ´・    .ノ火.,、    ~ (⌒;;⌒;;~ │どの道遅かれ早かれ死に至るであろう           ..│
  (  ((⌒)   γノ)::)      ..( (( ⌒ ) │少年と少女の安否を気遣う者など、殆どいなかった。   │
ノ;;;;;从 ヽ⌒`;;)   ゝ∧ノ         ((⌒;;::人 └────────────────────────┘
炎ノ从;;;从人;;;;从人  ||       ;; (´:从;;从人Ilf炎ノ从;;;从人;;;



        ┌─────────────────────┐
        │混乱が始まってすぐに少年は、            .│
        │少女が待っているであろう部屋を探し走った。   │
        └─────────────────────┘

                        ____
                       /      三\
                      三     \ 三/
                     三  .   ( ○) (○)'
                      三  u   (__人__)  |
                      .三    .  ` ⌒´ /
                      r⌒ヽ  rヽ,  }
                     三    i/ | ノヽ
                     三   三   /    )≡
                     三  三  /   /≡   ┌───────────────────┐
                    ニ三   ./   /     │  少女の部屋は、存外早く、見つかった。   │
                   二≡、__./    /、⌒)     └───────────────────┘
                  三          \  ̄
                 三     /\    \
                三     /ニ ヽ 三   三
                三    /  ニ_二__/
               三  ./ .
              ≡  /  |
             ≡ /
            三_ノ

152 名前: ◆sUYKCqHxxg[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 01:21:25 ID:XcGPpg2.


        ┌─────────────────────────┐
        │  少年は、「はじめて」逢えたら言おうと決めていた事を。  │
        └─────────────────────────┘

            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      /                ',  .|   ……はっ、はじめまして、だお…!   |
     ./     , -‐、     _,, -‐、  ',  \__  _____________/
     l    /   `'    ´     .l      }/
     l      ,==ミヽ   ,ソ==ミ    .l      /
     .',   U   ,      ヽ /// /           ┌─────────────┐
        \ ///.   l   人   l   /`ヽ              │  恥ずかしそうに、言った。  .│
     /  `ー、    `ー´_`ー' ‐'    ',           └─────────────┘
    ./                     l




                         /´     /   /  i    、         \
                       /         ′      \         ヽ
                           /    / i  八 :. \
            .            /      /       |     :.   丶 :.   ヽ     :.
                     //     ′    i  i| :i     ト、     ∨  :.
                    /イ   :/ :   i :| : ハ ハ     ハ ∨i         |!
            .          / |  i   |  i |.:/| :ム孑: ト、    |ー } ハ   |!   i   ハ
                     |:  :|: .i|  l :七 ヘ:|   ハ| ヾ\:| ノ' Ⅵ ル i l  . : :ト\
                     |:. . :|: 小:ハ.:.孑示云ミ       } 孑示云ミ  l | . :i: |
                     l :ハ |:.. .:|:ハ:∧《 r':.f:j.:.}        r'.:f:j.:.} 》/ i:| : : ハ:|
                     l/ 从:. .:| }ヘ:.:ト う:::ソ          う:::ソノイ / l: : ′}
                     {   ハ ハ   从/iハ/iハ    ,    /iハ/iハノイ:.∧ {
                         }ヘト、i:ヾ: :.              /:  /:.ハ
                          ハ ハ{个      ー _ -     个 ハハ/
                            ヽ: :Ⅳ >        < i / メ
                             ヽ:{   ハ >   < ハ ノ ヘ
                            / } /{ !         ! Y   \
                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄\      l     `
                    |   …こちら、こそ……    |     __|           |:::::ト、
                    \__________/―<  :!           |:::::| i:、


       ┌──────────────────────────┐
       │    少女は、初めて聴いた少年の声に驚き、戸惑い、     │
       │  そして喜びながら、雪の様な儚い声で、唇を振るわせた。  │
       └──────────────────────────┘

.

153 名前: ◆sUYKCqHxxg[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 01:21:36 ID:XcGPpg2.


       ┌──────────────┐
       │  少年は、少女の手を取った。  │
       └──────────────┘

                   ┌──────────────────┐
                   │  少女は、少年の手を強く握り返した。  │
                   └──────────────────┘

                                       /        /
                                 /        /
 ┌──────────────────┐   /        /
 │  初めて伝わった、互いのぬくもりは。  .│  /        /
 └──────────────────┘ /         /
            \                   /        /
             \               /         /
                \_               /        /
   \_             \___        _/        /
     \_               `ー- 、/          /  ┌─────────────┐
       \_                /          /   │  どこまでも、あたたかくて。 │
         \              ヽ    /    |    └─────────────┘
           `ヽ              \_ /       /
             \                 ヽ_      /
              `v-、            /    /
              〈  〉__          /ヽ  /
               ̄〈   `ヽ       |   ,イ
                 `ー--く      ゝ一' ノ
                  (   ヽ---―┌──────────────────┐
                   ヽ-'      │  ほんの少しの間だけ、抱き合った後。 ..│
                          └──────────────────┘

            ┌────────────────────────┐
            │  少年と少女は、外の世界へと向かって、走り出した。 .│
            └────────────────────────┘

.

154 名前: ◆sUYKCqHxxg[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 01:21:47 ID:XcGPpg2.



     ┌───────────────────┐
     │……一体どれくらい走ったのだろうか。     .│
     └───────┌───────────────────┐
                     │病に体の心の芯まで浸食された体は、    .│
                     │外の空気に近付く度に、悲鳴を上げた。    │
:::::::::::::________ └───────────────────┘
::::::::::::|:::,、::::\\      |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||\:::::\\    !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!::::
::::::::::::|:::||:::::\:::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     ||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::   ┌────────────────┐
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::   │だけど、二人は遂に辿り着いた。   .│
::::::::::::|:::||::::::::::|〔 !lll!     !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!::::   └────────────────┘
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|______|:::::|::::
::::::::::::|:::\:: :: |::::|lll|     |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
 ̄  ̄:\:::\::|::::|lll|       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
::::::::::::::::::\::::`:::::!lll!     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::: \:::: !lll!     :::::::::::::┌─────────────────────────────┐
:::::::::::::::::::::::::::::\|lll|       ::::::::│  外の世界と白くて狭い研究所を隔てていた、天国へと続く扉に。  │
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       └─────────────────────────────┘







.:.:.:.:.:.:....      ::::.:::.:::.::(´
::::::::::::::::::::....         :::::::ヽ、__-‐ 、
:::::::::::::::::::::::::::....        :::::::::::.:::.:::.ノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::....           ::.::.::.:( ┌──────────────────┐
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::....            :.: │――少年にとっては、久方ぶりの。     │
    :.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::....        │少女にとっては、初めての青い空は。   ..│
      _ __:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....         └──────────────────┘
:::.. :::..   `ヽ、`\:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....
::::.. :::::::..    `ー、 ヽ,_:.:.:.:.:.:.:.:::::::::...
::::::.. :::::::::..      ,>  └―‐‐ 、:.:::::::::┌───────────────────────────┐
::::::::.. :::::::::::..   '‐、 「´ ̄"''ー、 \:.::::│耐え難い苦痛と、すぐ先に待っている終わりと            .│
:::::::::::.. ::::::::::::..    `′     `゛` :│引き替えに得た対価としては、本当に相応しいものだった。    .│
::::::::::::::.. :::::::::::::..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.└───────────────────────────┘
   , ⌒ヽ:::::::::::::::..      . .. ...::.:::    ____ .:::...
丶''′  / :::::::::::::::::..         __┌‐ー'´,--‐'"´ :.:.:.::....
    (   :::::::::::::::::::....     r'´_,.-‐-、''ー、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.....
     `‐' ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.. ,ィ'´''"´    レ'"´ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::....
       丿:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::..        : : : : : : : : : : : : : : .
   ┌───────────────────────┐
   │      死にかけの、絵が好きだった少年と。     .│
   │  死に行く運命の、物語書きだった少女にとっては。  .│
   └───────────────────────┘

.

155 名前: ◆sUYKCqHxxg[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 01:22:16 ID:XcGPpg2.



        ┌────────────┐
        │  暖かい、日差しの下で。 │
        └────────────┘

            ┌──────────────────────┐
            │  少年と少女は、扉に背を預け、肩を寄せ合い。   │
            └──────────────────────┘

       ┌───────────────────┐
       │  少しの間だけ、取り留めもない話をした。 │
       └───────────────────┘



    ィ   /:!!:::::::::::::::|::::/::::! /!    |/´::メ、    , ::::: /:::::::/  /::::! lヽ  ! ヽ      .\
       /::::|!::::::::::/´ヽ:::::/:::  ,  f/7ヘrィ:ヾj\/:_,.ィ:::::::::::/ ノ::::: /::::::!  |、:::|  /´⌒`ヽ \       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       '::: ∧:::::::/ f::ヽ|:::::::::::!  i  | !-::::jヶヘ /ヽ/:::::::: ,. イ::::::/ィ:::::::'  / |:::|        \    |   ……今日、晴れで良かったお…   |
      l::::/ j::::::{  ゝ:::!|:::::::::::! /  | r'._ン     .´ー "´   /::::/ !:::::::/ / ! l:,!  ./  ヽ   \  .\__  ____________/
      レ'  イ::::::ゝヽ_:(.|::::::::::::! ':::  |            ィ/´`メ::::/ / ! !:/  ...(ー─一)     \      }/
        /i |::ィ:::::\ ヽ|::::::::::::! !:: │               /:::::/ イ::: ィ ':/     .ヽ   ノ       \     /
       j!: レヘ:::::::::::゙ーヘ::::::::::::v::::! |         ,.-=ニ=、/:::::ィf:´::::/ ハ/  .i    `ヽ          |
      イ :.:.:.:. リ, -─、:::ゝ:::::::::::::::! |             イ7::/ ,/::::  /    .ノヽ     )           |
     f:.:. ,. - 、l   l:::::!::::::::::::::::ト、!            ∧!:://!::/,. '.‐--‐'′ `ー-一'′       .|
     !:.:. !   ヽ_!    |ゝ'ヽ:::::::::::: ! ヽ     ー '    /:/レ'  //  `\      /´         .l
     /'|   / l   | ー-ゝ :::::::|           イ:::! |        `ー- -‐'′          /
   ./  |   }ニゝ  ヽ.三三゙ヽハ..    /{ _ zィ' :::::::::' |                    /
   !    ト!   ヽ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄\::::::::|. !                   /
   丶  ヾヽ..   |   …うん、そうだ、ね……    .|ヽ::::! ル       __ __      ´\
    ノゝ   ヽヽ _.\____________/ニ|::::! .〆                     \



       ┌───────────────────────┐
       │  眠くなるまで、目を閉じるまでの、僅かな間だけ。   .│
       └───────────────────────┘


                     ┌─────────────────┐
                     │  絵では描けず、物語でも語れない。  │
                     └─────────────────┘

           ┌───────────────┐
           │  そんな、取り留めもない話を。  .│
           └───────────────┘


     ┌───────────────────┐
     │  眠くなるまで、ずっと、目を閉じる前まで。 │
     └───────────────────┘


.

156 名前: ◆sUYKCqHxxg[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 01:22:33 ID:XcGPpg2.


         ┌──────────────────────┐
         │――そして二人は、暖かな春の日差しの下で。    .│
         └──────────────────────┘


       , '::/:::::::::::: |::::::::/:'     |/:::::::://::_::,. イ:::::::::/::::   ! !  丶 . ___
      /ィ!f ::::::::::::: |::::::::!::  /   t:::、/ィ´/   /::::::: /::::::!  /:! ,    '!       \
    ィ   /:!!:::::::::::::::|::::/::::! /!    |/´::メ、    , ::::: /:::::::/  /::::! lヽ  ! ヽ      .\
       /::::|!::::::::::/´ヽ:::::/:::  ,  |,___レ'_  \/:_,.ィ:::::::::::/ ノ::::: /::::::!  |、:::|  /´⌒`ヽ \
       '::: ∧:::::::/ f::ヽ|:::::::::::!  i  |      /ヽ/:::::::: ,. イ::::::/ィ:::::::'  / |:::|        \
      l::::/ j::::::{  ゝ:::!|:::::::::::! /  |,.-ニ=-     ´ー "´   /::/ !:::::::/ / ! l:,!  ./  ヽ   \
      レ'  イ::::::ゝヽ_:(.|::::::::::::! ':::  |            ィ/´`メ::::/ / ! !:/  ...(ー─一)     \
        /i |::ィ:::::\ ヽ|::::::::::::! !:: │               /:::::/ イ::: ィ ':/     .ヽ   ノ       \
       j!: レヘ:::::::::::゙ーヘ::::::::::::v::::! |         ,.-=ニ=、/:::::ィf:´::::/ ハ/  .i    `ヽ          |
      イ :.:.:.:. リ, -─、:::ゝ:::::::::::::::! |             イ7::/ ,/::::  /    .ノヽ     )        |
     f:.:. ,. - 、l   l:::::!::::::::::::::::ト、!            ∧!:://!::/,. '.‐--‐'′ `ー-一'′         |
     !:.:. !   ヽ_!    |ゝ'ヽ:::::::::::: ! ヽ     ー '    /:/レ'  //                     l
     /'|   / l   | ー-ゝ :::::::|           イ:::! |                           /
   ./  |   }ニゝ  ヽ.三三゙ヽハ..      _ zィ' :::::::::' |                    /
   !    ト!   ヽニヽ   ! 三三三 \` ー ¨´ /:::∧::::::::|. !                   /      ┌────────────┐
   丶  ヾヽ..   i三ヽ_ ノ、 三三三三丶ヽ   '::::/! ヽ::::::! ル       __ __      ´\      │  眠る様に、命を喪った。  .│
    ノゝ   ヽヽ _ノ 三三三\三二二二ヽ,j__,j:::|│ニ|::::! 〆                     \     └────────────┘
   !   ` 、_ノ 三三三三三_ \::二二二 |!__ ,ゞ|│ニ!::/ /                        \
    ゝ- 、 ノ 三三三三二二三三\二二 ヽ___ `!`|三! /                        ヽ


                  ┌─────────────────┐
                  │  傍らに、少年が最後に描いた絵と。 .│
                  └─────────────────┘

                       ┌──────────────────┐
                       │  少女が、最後に書いた物語を遺して。 .│
                       └──────────────────┘

.

157 名前: ◆sUYKCqHxxg[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 01:22:44 ID:XcGPpg2. [31/35]



     ┌─────────────────────────┐
     │――これは、短い一生を懸命に生きた、少年と少女の話。 │
     └─────────────────────────┘

          ┌───────────────────────────┐
          │  「君が好き」という想いを、全力を賭けて表した、二人の話。  │
          └───────────────────────────┘


    ┌────────────────────────────┐
    │                                         .│
    │                             ___         .....│
    │            ____          -‐'  ̄   ̄`ヽ、      .│
    │   ..         /        \     /           ヽ     .│
    │         / ⌒  ⌒   \ . /               ハ   ....│   ┌────────────────┐
    │        / (⌒)  (⌒)    \.///             l  ハ   .│   │  少年は、絵に。少女は、物語に。  │
    │        |   '" (__人__) "'     |//  ∧  ハト、  | |  i l    .│   └────────────────┘
    │        \   `ー ´     /.l l  '7¬| l/‐-ヘ、 l l l  |ノ   │
    │        / ゝ         ィ'ヽ .小l 厶ニミノ ┬=x ∨ l l  l   ...│
    │       /                 \| ll l 代ノ   ヒ::ノ  l  lルレ′    │ ┌────────────────────┐
    │      /   ィ          r   \ ルヘ xx   xx /| /      .│ │  外へと出た後の未来を描き、残し、託した。 │
    │      |   `||           |ヽ  ヽ.イ个ー` ´ー'´-‐レハ       .│ └────────────────────┘
    │     ./⌒ヾ|          | |,  |  .ト、 {/ /    }     ......│
    │     ヾ___,ソl             │(、__,ノ_,イ  YY⌒ヽ   ∧     .....│
    │         |             |     .|   レ1ー‐ヘ/  ヽ      .│
    │         l    Y´     /      .|  八ト、       }     .│
    │         ヽ,   (     ,/       .ヽ厶ト  ` ー' 二フ′     │
    │          ヾ  |   |             `T^T冖<_,ノ       .│
    │            ≒;|   |            ` ´           │
    │            (.("_`゙_)                      .....│
    └────────────────────────────┘



                 ┌──────────────┐
                 │  とある一つの、恋の話――  │
                 └──────────────┘


.

158 名前: ◆sUYKCqHxxg[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 01:25:11 ID:XcGPpg2.

投下終わりです!
タイトルは、「君が好き」といいます。
ミスチルの名曲のPVを思いっ切り原作だったりモチーフにしました!
http://www.youtube.com/watch?v=p6fQ1SX_X5o

歌詞引用も外したので多分大丈夫…かもしれない!






One Comment

  1. 名無しさん 2011年12月28日



    こいつはいいな…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。