リリカルなのは祭り エリキャロとかロリショタとか

短編まとめ
推奨スレ
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No.53 【練習用】 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1284259845/
中編 短編投下所100                  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1313420444/
やらない夫短編投下所23                 http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1283273433/
やる夫系R18ストーリースレ その16          http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1271794106/
ヒロイン短編投下スレッド12               http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1280923208/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1282825654/
【一発ネタ】 やる夫のネタスレ 【短編】  その3    http://yy69.60.kg/test/read.cgi/index/1258195912/l50
【歴史ネタ】短編・コピペAAスレ【古今東西】      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1269959376/
翠星夫短編スレ                      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】         http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1276815988/
【安価で】安価短編スレ【やるお!】           http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14504/1298996698/l50
「小さなやる夫板」企画 一周年祭


348 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 19:20:40 ID:FNu4C3RE
               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \     ロリショタっていいよね!
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/     お互いがお互いのために頑張って愛し合う様とか最高だよね!
          /     ー‐    \



       ./ ̄ ̄\
      ./     _ノ ⊂_ ‐-‘ <
      |     ( ―)  λ   ヽ
    ,ヘ__|    u. (__人)  ヽ  ’,
  __,/   ` <    ⌒ノ  . r’-‐¬
/—‐――–.、ゝ\  ノ   」-‐>ヽ        突然なんの話だよ。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ. ´_ノ   /  ´   l
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!
.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,’ l !
.:.:.:.:.:l _十””””””     \ <   ’ l



               ____
             /      \
           / ─    ─ \       エリキャロもっと活躍しねーかなぁって、メイン級で。
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |      あいつらやる夫界隈でラブラブイチャイチャしねーかなぁ。エロエロでもいいのよ。
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \      むしろエロエロ希望。



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ          エリオとキャロか……確かに少年少女の恋愛劇が
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  ‘‐、ニ⊃         アニメ的に素晴らしいのは百も承知だけど、あいつらただのサブキャラだろ?
   ヽ、l    ´ヽ〉
””::l:::::::/    __人〉          メイン級に活躍させるにはいろいろ厳しいものがあるんじゃ……。
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー’〉゙||i l\>::::゙’ー、      あとエロエロはAA数的に無理なんj……。
:::y′.: ‘,ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|

349 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 19:21:10 ID:FNu4C3RE [3/30]


   ミ\\\\   \川ミミ\ミ      ・ ┃ ・ ,.,┏┓┏┓ ┏┓┓フ ╋¬┃┃╋¬┃┃╋¬┃┃╋¬┃┃╋¬┃┃
  ミミ\/二l’二\ミ┏┏┏┏┓ミ\・ ・┏  ,./l┃┃┃┃ ┃┛┛ノ. ┃  ノ レ┃  ノ レ┃ .ノ レ┃  ノ レ┃ .ノ レ
 \ミミ/◯ミミlミミミl ┃○○○ ノミ\┗・┃┏┃┃━__━┏━━┓フ ╋¬┃┃╋¬┃┃╋¬┃┃╋¬┃┃╋¬┃┃
 \ミ/○○ミミ\ミミl┃○○ミ/\ミミ\ ┃┃┃┃-‐’/  ┗━┓┃>.┃  ノ レ┃  ノ レ┃ .ノ レ┃  ノ レ┃ .ノ レ
 \ミ/○○。ミミミlノ ミ\○=ー,.ミミ∧ .∧. ┃ ┏┛  ┏━┛┃> ╋¬┃┃╋¬┃┃╋¬┃┃╋¬┃┃╋¬┃┃
 \\\○。┌┐□\ミミ\ミミミミ,ミミ/ ヽ/ ヽ.┃ ┃ミミ ┗━━┛フ ┃  ノ レ┃  ノ レ┃ .ノ レ┃  ノ レ┃ .ノ レ
.  ミ\ミ\ └┘_ミミ\\ミ\\ミ/◯ ◯, -┗━┛\\ミ  ーーフノ∨ヽl.‐”l‐”l‐”l”lミノー/lー–,.,.、╋¬┃┃
 \┌┐┌──┐\/ ̄l ̄/\ │\ーー/┏━ │ミミ__\\ミミ○○○。 └┘ ┘┘        -‐  ┃  ノ レ ウ ━━ ツ
 □└┘└─┐│/◎ /   l  \/┏ミミミ\。○ー□、 ミl三l三l≡l\└─       /:::::::::::/::::::::  \
─┐   ┌─┘│/        \    ┃┏ミミ○○ミミミミl  \,.ll-l二○○○。       /\ ,彡´(○ )   ヽ
  └┐ ・└──┘ ,.,.// ̄ ̄\  \   ┃┃ミ○○。ミミミミl     l二/二/=/”‐、.   /(○) 、  ヽ     |
  ┌┘ ┌┐口□ー、__llミミミミ\へへへ\\\lミミミミミミ//\  ≡ l__ll___ll___ll;;;/\    |  (__ノ` ‐-,’     ./
  │  │└┐     ミミミミ┌/○○lミll\\\\ミミミ//ミミミ\ ≡≡ └─\l  \,.-‐-、ll |li!l|!il|i|-,.、 –,<
─┘  │┌┘┌───┐\ll○○○ミミl\\\\ |\     /\     / |   //  /,.llllフ/ ̄ ̄ーー,.、\\
     ││  └──┐│ \○○ミミ//\\\\_|  \/\/   \/\/ |∧/ ///\/”/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\;;;;;;;\
     └┘  ┌──┘│\ \ミミ//ミミミ\ \\                     / /,/;;;;;;       ;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;\
        へ└───┘\\\-\ミミ\\\  ∠ バッキャロォォォーーーー!! > l/;;;;;;;;;;;; ;==;;;;  ;;;;l;:;:;:;:;:;:;:
        l /ーー┐__/ ̄‐—,.、\\/\ ̄  /_                 _ \ l,.,.-‐”’ ;;;     ,.,. ,,l;:;:;:;:
        \ー,.,.,l__l  ,.  ;;   l /__///\ /  ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄/” ;‐””'”    ;;;;”’l;;;;;/;:;:
  \\\ \,.\  ヽ ”’lー└─”/ーー\//lノノノlミ //   |/     \/     \|\/、/ ;;       ;;;;l-ー
     \\,.ー┘  ;;; ,.’/   ○○///// ̄////\◯ ◯ ◯ ◯ミミミミl\\\\l  ;;\ —‐‐”””   ;;;/
   \\\/、 ’l‐”  l  l  ○○○///l /川川ノノ/ーミミミミ‐‐ミミミ//\\\\l   \\        ;/
       / ‐‐,.’/ __l、 l/ /○lミlミlミl┘/川ーー‐┤  \\\\”\ミミ\\\l   ,.,.-‐”,l ー ,.,.,.,.-‐””
   \\/,.___,.l l  )lー’ l____  l└└└ 」 / ◯川川l、││  \ \ ”‐‐–,.,.,./  ̄ ;;; ,.'” “‘,.ー
      \\ l ̄l ”\'”____フ ////// ○ ○川川l│││   \\\ ’\   ,.,. ,.-”l、__/'”  \\
          レ'” \ \  //彡llll○○○川川l││ │     \  ”””'”””~~ ”””\\\
            \\\ \/////巛l巛l巛l巛l川l ││               \\   \ \
              \\\\彡//ll└└└└___」││ │
                        ││lll│││││

350 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 19:21:29 ID:FNu4C3RE [4/30]
           ___
          /::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::\
        |:::::─三三─::::::|         :∴: :;. ;. .: :`:: ∵:゛
       | ( ○)三(○)|    :゛;∴゛` ;`: :゛;:`´..;.∴;.`:’:
       |::::::::::::(__人__):::|  ゛;.゛;. ; :″:: :゛;. :∵゛ ;. :’-、
        |:::::::::::::|r┬-|’ ;`∵: ;`;.:`´..; ` ;.゛;.: ::゛;.゛;.         ドゥブッハァ!?
        |:::::::::::;::`ー;:: :゛;.・:゛∴;.゛;.: ::゛;.″:: :゛;∵゛ ;
        \::::::::::::::::::∵∴゛;.゛;.:: `;  :; `,  ・
        >::::::::::::::::::<∴;.゛;.: ::゛;.″:: :゛;∵
       /::::::::::::::::::::::::\
       |:::::::::::::::::::::::::::::::::|



                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 /:.ノ(          \           ,,              ,,.    ,.
                /: : : ⌒             \        / |   /| /|     _,,.r’:/  /::|
                / : : : : ._          _    \     /:::::i  /::i |:::::i  ./”'”´:::::/ ./:::::::|
               | : : : :   ´⌒\,, ;、  、、/⌒`.  l     /::::::::i  |::::! .i::::::i /::::::::::,,.//:::::::/
.                  |: : : ::;  ( ◎ ) ノヽ ( ◎ ).;;:: |    i::::::::::i  i::::i i:::::::i/:::;.r”” /:::::::/
               |: : : : :   ´””” ,      ”””´  l     i:::::::::i. i::::i,/i:::::/'”´ ./:::::::/
                \ : : :     (    j    )  /      i:::::::::i. i:::/::::i:::/  /:::::::/
               ,r””\: :   .`ー-‐’´`ー-‐’′/         i:::::::::i i/:::::::i/:| /::::::::/
              f!: : : : :: : :           ト、        i:::::::::”::::::::::/ |:::::::/
              i!: : : !: : : : :             ヽ.       i:::::::::::::::/  i::/
           ! i ./: : .i i: : : : :: : ;!ii:::i:      :i:i  i       i:::::::::/     i/
            | i!i/: : : : !l|r”-‘”-i| i`i|‐、     :i’   i,        i::::::::i
            |,イ|,,..r””!l|  i!  |ヽi  `i    :,./.   ‘,     / .  i:::::::i
           ,r”’! |i!       ii |  | |`i  i: :// ’,   ヽ.,.r”/.    i:::::::i
    i、     /  !       ,,,,.i! l-ー|–i!、 .i:/ ./ :’i,’.,.,,,.r'” /    .i:::::::i
\   i \  /i     ,,..r””  i! i.   !  i! l .i  ./:: ;;ir””  /ヽ  .   i::::/
  \ !  .\/ .:i.              |   i ヾ、./:r””    /  ヽ.   i/      お前はエリキャロの可能性をまるでわかっちゃいないお!
   `’    / .::/             .!|,,.rヾ、,,ノ       /ヽ.   ヽ、
.      〈 .::::i  i  |    ,,..-‐ ””|i   i       /  ヽ、   .ヽ、      あいつらの属性は主人公のなのはにだって負けないんだお!
       ヾ;::ヽ、i  !            /      /,,,,….. --”’ “´
 ―-―――ヾ;::::i   !   !|i        !|/ヾ;― ==                  それを今からじっくり解説してやるお!!
          ヾ:i,  |i.  !||    i |i ,,.r”!|   〉
           `i、 ||  |i   i ||'”    /
            .ヽ||           i|’
.              i’ヽ、      ,,.r””!i
            ….:::::::::ヽ|i,,,,,|,,..r””:::::::…….

351 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 19:21:53 ID:FNu4C3RE
                  ,r-‐’ ̄レ、´
                     l ‘´ ´ ,イ、
                   ,ノ-‐、 .`’/’´ ̄ ̄ ̄  ‐- 、_
                    l´    ヽ,_l     /       i
                l      〉   ,イ●)         l
                ,’     /‐-、  `、         l
                  i     ,’、●,(_ィーイ        /
               i     i `   Y  .l      /           問う! 少年と少女の恋愛劇の王道とはなんぞや!!
              ,’     i’ ̄`ヽ、└‐┘ __,.イく‐-、 ,-、
               i            ̄ヽ、/く冫l〈 〈 ̄  ヽ、-、
             `ー- 、      、_   <.ハ Fヽl i ト、   `i ヽ,
                     ` ヽ、_   ` 、 ヽl ’i::.`ll  ト `   ノ  .l
                         `ヽ、 ヽ  .`l l::.ハ  `‐i<  /
                          ト、  `  l l::::::.ヽ  .l   ̄
                         ,/ ヽ    l l:::::::: i  .l
                      /       l l;:::::: lヽ  `-、



           / ̄ ̄\
        /# ヽ、_  \
       (○)(< ) u |
       (__人__)    |
        (`⌒ ´  #  |       くっ……ボ、ボーイミーツガールだ!
   .     {           |
        {        ノ        ガンダムX、武装錬金などの主人公とヒロインが出会うタイプの物語!
         ヽ     ノ
        i        、\ ;
        |   !    /__} ;
       ,-| . |ー-、/ ゞノヽ
      {_ i、___,l   |    | ;
       )ソ(___i)—|    |
              ゝ-i–i´ ;
                `-゙


アクセスカウンター
ワンデーカラコンおっきくなぁれメール配信結婚指輪サーチ欲しログ



352 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 19:22:19 ID:FNu4C3RE [6/30]
         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \       nn       そうだ! 少年が少女と出会い、絆を紡ぐ!
     |       (__人__)   |        i i.i
      \      |r┬-|  ,/、-─,‐─‐/ ヽ-、      やがてそれが恋へと変わり、育まれて愛になる!!
.      /⌒,    `ー’´     ___; _、r イフ’
     /  ,)、_, -、_    ,/ ̄       ̄       これぞ恋愛! ニヤニヤとイチャイチャの真骨頂だお!
    (_____´r’  〉   l
.      |    ` ̄~    |



          ____
        /      \
       / ヽ、   _ノ \
     /   (●)  (●)   \
     |      (__人__)      |
     \( (ヽ(\ ⌒´     /
    γ⌒\\\\   ⌒ヽ          二に問う! 絆が恋へと変わるその一瞬、それが恋愛にはある!
     i  j  ヽ _  `ヽー‐   i
     ヽ、 l ( ̄ ヾ_____.ノ         その一瞬の王道とは如何なるものぞ! 例を答えよ!
   /つゝ、,,!   ̄ ̄      }
  {〈〈〈,ゞ,ソ          〈          今回はエリキャロだからファンタジーやバトルものをメインに据えること!!
    ` ̄/            \
    /     /´`\      \
    !    く´     \      ヘ
     \    \       ヽ     ヘ
     (´________ノ        ヽ    ヘ
      ` ̄  ̄            ∨______`)

353 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 19:22:36 ID:FNu4C3RE [7/30]
          ,-、     _,.. -一’ ” ´  ̄  ̄`ー-、
        /ヽ、 ‘, -‐/´ )        /´_    i
        ,’ヽ_ )´  ヽノ       ,’      ヽ ´  ̄` ー-、
        ,ヽ ヽ   /_ ,.. -一──|_.. -‐- 、         ヽ
       ヽ、ヽノ-‐ ´       /       ヽ   _,.-‘     ヽ         それは『守る』こと!
        `¨          ,’          ‘,          丶
                    \,  ,/     l              ‘,      少年が少女を、少女が少年を『守る』ことによって、信頼に依存が生まれる!
                    (●) ( ●)    i
                      (__,、_)      /    ヽ、             依存がやがて暖かなるものへと生まれ変わり、絆は変質する!
                     ヽr-ヽ    /      !
                      ヽ¨´   /                   それが恋い焦がれる、愛に向かう感情となるのだ!
                       `ー‐ ヽ/     `ー、
                          /         ヽ
                          i



          ____
         /\  /\    r ⌒j
       /( ●)  (●)\  /   /
      /    (__人__)   \/   /   /  )
   _rーn|     |i|||||||i|     /  /  /  /
  i j j j j\     ` ー’´     /   ’` ´  /           よろしい! 『守る』ことが恋に繋がるというのなら、
  {   ’つr´  (⌒’ー―- イ′     ´廴
  入  人     > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)      シチュエーションを例に挙げよ!!
   \_/\     -、      }        (  ̄¨´
         \     ヽ._       __  \
           >     `   –‐’´ `゙’ 、_.)

354 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 19:23:10 ID:FNu4C3RE [8/30]
            / ̄ ̄\
           / ,/    \
        .  { (● )    |
         . (ノ、__)     |
          .|           |          例えば、だ! ふとした理由で少年と少女が喧嘩し、行動を取ったとする!
    _      丶       /
    l !        \ .   イ_           お互いが相手の方が悪いと思いつつも、それでも罪悪感が捨てきれない!
    | !       ,/i「`TT ´_.. -┴- 、
  _ノ ┴、__     フ⊆ノ |/   -‐`ー!、       自分の方が悪いんじゃないか……そんな事を考える少女に危険が迫る!
  | `二l. )   / 〃 /,-、〔__)、__    ヽ
.  |  r’_,「l  /|||   ト⊂二)}ヽ\  |      あわやというそのとき!
   |   )ノ  _/ | ||   ヽ.)-‐”)} } | 〉 〉
  rL -┴i. / `「 ||    l`で´ノノ / /



            / ̄ ̄\
           / ヽ、. _ノ \
           |  (●)(●) |
             .|   (__人__)  |
            .|   ` ⌒´  |           少年は助けに来た! お姫様抱っこだと更にグーだ!!
    _        ヽ         /
    l !        ゝ     イ_          自らの命を救ってくれたばかりか、謝罪までしてくる少年!
    | !       ,/i「`TT ´_.. -┴- 、
  _ノ ┴、__     フ⊆ノ |/   -‐`ー!、       彼に対して生まれる暖かくてもどかしい感情の種!
  | `二l. )   / 〃 /,-、〔__)、__    ヽ
.  |  r’_,「l  /|||   ト⊂二)}ヽ\  |      やがてこれが蕾になり、恋という名の花を咲かせる!
   |   )ノ  _/ | ||   ヽ.)-‐”)} } | 〉 〉
  rL -┴i. / `「 ||    l`で´ノノ / /

355 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 19:23:41 ID:FNu4C3RE [9/30]
                              r、
                     . -─‐-、   ! iト、
                    /      \v’ ; ;’}
                    , ′   `ヽ、 〈.   リ
                /     ( ー) (/   /
                 i     .(_ノ、/    /      いいだろう、合格だ!
                ゝ、   、 /   /
                  〉   Y     /        このほかにも例を挙げれば、『受け入れる』というフラグが存在する!
                 //. Y    ゝ  イ
             〈 .{   ヽ     ノ        少女には隠していた秘密があり、少年には知られたくなかったことだ!
                  \∨       !
                   リ          リ         だがそれが少年にばれてしまった。全ては終わったと泣き崩れる少女……だが!
                  /          ∧
              /     /、   ∧



                  ___
                 /     \
                 / ヽ、,, __ノ   ヽ
               _ ./ (ー) (一)    ‘,
          /,-、`|  (__人__)     〉
            ///」〉ノ、\  ` ⌒´      ノ
        〈/、!    ヽ ヽ 、   , - = ≦、           少年は少女を受け入れた! 彼女の秘密を受け止めてくれたのだ!
               ∨.  Y      ,:” `ヽ
                 `{        ト、   \        自分を真っ向から受け止めてくれた少年に、少女は新たな感情が芽生える!
                   !          `ー\   ヽ、
                 ソ         `〈. ‘, rt`ヽ>      これもまた恋愛への布石、そのひとつ!
              /    ヽ      \{ノ {ハ ト’
              /     /´`\     \ `
            !     く´    \      ヘ
            \    \     ヽ     ヘ
             (´_____ ___ノ      ヽ    ヘ
               ` ̄  ̄         ∨______`)

356 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 19:24:10 ID:FNu4C3RE [10/30]
                    ___
                   /     \ rl^i、
                 /          :|il 「|
               /    ヽ_, , ノ | ./ 〉
                |    (○)  (○|  }
               \    (__人_ノ   /
               γ ⌒` ̄ ̄´  /
               〈    、 ___/          では三に問う! 少年と少女が戦いの場に身を置くとしよう!
               ∨      /  /
                    〉  _/  /           その際、この二人が織りなす理想的な絵図とは如何なるものぞ!!
               /   ーァ   /:\
               /   `ー=’イ:     \
              /    / `\     \
            /    /    `ン    !
           /    /      /    /
         /    /       !、____`)
        (´_____ ___ノ
         ` ̄  ̄



                ,..  ―― 、
               /         \
             ,イ |          |
            /   | ⌒ヽ   ,,/ |   \
         /.:     | (●) (● )|    \
      __ /    /  |  (__人__)  l      \
    /         |   ヽ  `ー-r’  /          |       愚問! それは『盾』である!
    /          l   \_  _/ ̄ ̄ヽ、     ノ
   {          /^ ̄\ヾ-(_ i_/ __  {  / <        少年が少女の前に立ち、体を張って少女を守るのだ!
   }      `、 /  ヽ \7   >ヘ_/__   |_/ r’
    >      /  \  \∧ /ヽ_Y´    |    |         その小さくも雄々しく逞しい背中に少女の想いは加速する!
  ヽ: : : : :/  、  l\/ノ}:::{: : : i_     |: : :|
  /: : :./\/   Yー’ / /:::::l: : : : : : 〉   「\ |
. /:..:..:/l/   __ノ  ̄´.. /::::::::|..:..:..: ,-{\   | l i>
./.:.:./:.:ヽ_/|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l::::::::: |:.:.:.:.:.l | 〈\」∧

357 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 19:24:39 ID:FNu4C3RE [11/30]
                    n  ,、
                      <ヾ、!.|_//
                    .r’     ク
                   Y ¨` ./
                       .ゝ -,ィ
                   ;’  |___
                      i   |、, ,/ヽ
                       !   }) (○).\
                 /|   .i(__人__)  ヽ
                 | .i   ||lliilil ll|   |
                    Y     ヾ⌒ ´   イ        ならば! 少年と少女が並び合う姿は理想にあらずか!?
                 { ゝ    ヽ /ヽ
                 ヽ  ノ  ノ    }ヽ       少女が少年の前に立つ状態は愚策の果てか!?
                      Y       ヽ  / }
                     .!         } ノ
                       ム           〈⊂ヽ
                     /          \〉}
                    /      /´`\    \





 y=-、                      _,.y–…、_
./  /      ,,……、             /      \
‘ ;; /、     /  ,_ノ           .ハ         \        否! それもまた愛という樹木を育てる水たり得る!
  ./ ヽ、  /  f            .f              |
  \; ‘ `ー'”   }            |     ヽ、.  _ノ |         並び会うならばお互いに背中を併せ!
,r—‘-、  ’;  ` ,/            |   (● )ヾ /●)|
  ___ノ;..、 ‘,  `ヽ             |           |         少女が前に立つならば少年がその背中を支える!!
 〈、_ “  ヽ’;   〉           |    (   人  )
/  _ ``7  ’;  /-、_          \_. Y, ̄:::::::: ヲ/          位置と絆はお互いの心が定めるものなるぞ!!
{  /⌒-‘   ’, /))  i     _,. – –、___/ V.、 `.=彳/\=-
.Y、__     ノ”/   {__>'”      ヾヽ、 ヽ>≦’: {,_ Y,ーi         .{^ヽ、_i^)/
.{  `ー―-‘”-´    /– -、_       ヾ:ヽ,  マ: : : : ‘ :{_ ‘ムヽ_    __r’¨¨``ヽ、 k’
.`t、          ./{、_  `ヽ、     マム  }: : : : : : :} .|ム |^Y/`´  `ヾt  `, `
  (_         /::/ \\   \    fY__ノ`ー―–―-‘\i ヾ,i      ヾ, .|__
   .7T-、__,,>”::_ィ    ヾ,t,   `、   }i  .|: : : : : : : : : : : :`、  };}      Y” ヽ
   { `ー-―― ‘”´      `,`,   }   .i:i  }: : : : : : : : : : : : :`、 i i     _/´

358 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 19:25:16 ID:FNu4C3RE [12/30]
 /’´ ̄ )/ヽ
./  Y/´ /,へ、
く、 {./  // ├(⌒ヽ
 \ ヽ ヾ」  | ./  /
  ヽ ヽ !! /Y  {
   `ヽヽノヽ( ( )ヽ
     \       i ____
.      i      }  \ / \
      |     :{ (●)三(●)\
.     |:      :|   (__人__)   \
     |: :     :|    |::::::|     |
     i.| ::     |__   l;;;;;;l    /           四に問う! 少年に少女以外の女子が出来たとする!
.    |  :      |  \´ ̄`/ ´ .ヽ
    /        .|::… ヾ  ゙ヾ;;::;” ..::\        その女子はどんな立場が理想的か!!
    /       ヽ…}゙l:::::::::::…   : :;”  :::: 、
   {  . ノ      ヽノ :、:::::::::・;: ;;;;”、,::::・ ;:ノ.. ヽ
   ヽ::/:  ヽ………::ソ “゙”ー–””'” ゛::; “゛’…}、:::: |
    ヽ:::…:::::::::::::_/::゛’ー_  ,,;;;!、  ,,;;;  ,、:::ノ
      ̄ー─’i::::::: .゙゙,,、  ;::””`;:::;”’゛゛` /’



      _______
    _,./       ヽ
   /  ─、,,_   _ヽ、-ー 、
   〉       `Y(,_ )  )
  (´   ─、,,_  入_____ク / ̄ ̄ \
  }         \_/   /./ \,  ,/ \           それは少年達の行く末次第である!
  {   ─、,_   !   、i |  (●) (●) |
  ヽ      ヽ/  /( |   (__人__)  |           ハーレムを作るならば当然その女子を入れるべきであり、
   ヽ ¬─-ー”  /   ノ |    |r┬-|  |
    ゝ、_     _L  / ヽ |    `ー’´   |           また少女との純愛を貫くならスパイスとして使うべきである!!
      `゛ー<  /    ヽ        /
          ∨       ヘ      ゝr’.二ヽ、      そして勿論その少女にもロマンスや魅力を作るべきである!!
          ∨             i^Y゙ r─ ゝ、
           ヽ            ヽ._H゙ f゙ニ、|
            \             \`7ー┘!
              ヽ               「:ト  イ

359 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 19:25:41 ID:FNu4C3RE [13/30]
    | |       _
    | |   , -‐    \
    | |  /        \
    | | ./、/        \
    | |/(一 )          |
    | |、___)         /
    | |` 、         ヽ       ――――よろしい、では本題に入るとしよう。
    | |  l   /   ヽ   l
    〔 ̄〕  l  l    l   l
    <⌒ヽ__ l_⊥   l   l
    〈          ノ   l
     >ー-  –  一´     l
.    〈 二)し’ l         l



                ,ィ7
               /,/
            / /
              / /
.             / /
            / /
           / ̄ ̄\
          /\  /  \
.         | (●)(●)  │
.         /| (__人__)   .|
        / ,| ` ⌒´     |
.    ィ´ /”ヽ      ノ      今までのは前座でしかないと申すか、よかろう!!
   (⌒) イi一‐ヽ、   /
    7 .K.`ー–→―― )
    ヽ/ ヾ–‐―‐  /
.       /      /
      /      /

360 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 19:26:05 ID:FNu4C3RE [14/30]
           ____
          ゝ  、/  \
        ,(●)  (● )  \
       /  (__人__)      |
       |   |r┬|       |
        \_/⌒ヽ、– .._ ,/
          |   イ    ` ̄ヽ
         ヤ/‐<__ ,..、   ヽ.
          |        ゝ、   ゙.
             ‘,         |ヽ, トヘイ´>       主人公をエリオと定めたとき、彼の持つ属性は如何なるものか!!
          ’,          |ヘトイ「」”´
           ヤ        {〉、<“          それを今から叩き込んでみせようぞ!!
              j         トメヽ>
          /            |
         . イ./          |
      イ  ,.イ.            |
   . イ  . イ´ /         /  |
  ト、_ イ   /      /´l”    |
         /       /  |    |



             / ̄ ̄\
   |\       / _ノ  .ヽ、\        /|
    \\      |  (●)(●) .|     //
      \\    |   (__人__) |     //
       \\  |   ` ⌒´  |   //
        \\.l        } //           来い!!
          \\ノ) ヾ\//
          / ⊂ ̄ \∩_ノ )
         (〆 ⊂ / _ノ |
         .\ “ ヘ/_  /
           \ /__/

361 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 19:26:21 ID:FNu4C3RE [15/30]
            /i
             ||: |
             ||: |
             ||: |
             ||: |
             ||: |
             ||: |
             ||: |
             ||: |
             ||: |      ____
             ||: |     /      \
             〔[|]〕  / ヽ、   _ノ \           一に、出会いである!
            /ソjヘ /   (●)  (●)   \
            〔彡ヘ|      (__人__)     |         エリオはラッキースケベと共にキャロという少女とであり、
            /⌒ヾ\     ` ⌒´     /
             ヾ___ソ,,,__ ̄``”””‐ー-─=ノハ          最終的に二人はパートナーとして共に過ごすこととなる!!
              |   //{¨`”””ー─-、、,,____.,,ノ
            弋_ソ′i           /           それも最低でも6年後までずっと一緒にである!!
                i          l
                ノ          i
              /            \
             /     /´`\      \
             !    く´     \      ヘ
              \    \       ヽ     ヘ
              (´________ノ        ヽ    ヘ
               ` ̄  ̄            ∨______`)
                               ̄ ̄ ̄´



                                     / ̄ ̄\
                                    /ノ     \
                                     ( ●)       | ,r-、__  ____,r‐”7´7       ラッキースケベという王道のロマンス!
                                  ((___)      |┬フ   i ̄`”´r–っ二>
                       ___,,,,..,..—‐‐‐‐”” ヽ           |┴<   r-ニ””’/ f”’´ /       幼くも芯のある二人の心が合わさり、絆となった!
            ___,,,,….–‐‐‐”””’ ̄__,,,,,…–‐‐‐”””” ̄´´ {          |__  lニ;l_,f-、~`ヾ /
     __,,,..–‐‐” ̄_,,..–‐‐‐”””””  ̄               >      '”  ` ̄     /´          ボーイミーツガールとして成功した出会いと言えるだろう!
 -‐” ̄,…-‐”””’  ̄                      ,,/'”~´/               /
 ”’  ̄                            /    /           , -‐ ~´             これはもはや運命的とすら言える出会い方である!
                                〈   l          r~´

362 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 19:27:05 ID:FNu4C3RE [16/30]

       /\
        \  \                    —
        .\ \                 /      `
            \ \             ‘          ヽ
             \ \ .         / \     /
              \/ \   _/| ( ●)  ( ●)     }
             (/ ’  、ノ ×   (__人__)     /          二に、彼の『守る』気持ちである!
              `、´// (. \ ‐-`ニ´-――‐ ´ > 、
               _ソ  /  /\!__ノノ  {.!   /        少年故の純粋かつ真っ直ぐなその志は代え難き心!
              / ×⌒  / \  \ ̄   八 ̄ { { 
               ̄  \/\:::::::\  \__    `i /´         その想いの矛先が少女に向けられたとしたら、
                   \  \:::::::\  \、  / !
                    \  \:::::::\  \ / |          それは既に愛情への変貌を含んだ純然たるフラグである!
                           \  \:::::::\  \ニ}
                         | \  \:::::::\  \
                       { ̄ ̄\  \:::::::\  \
                      ト----- \  \:::::::\  \



             /|   /:.:/                /
               /:.{ /:.:.:./x ――一ァ       ,.. -/―――– 、
               |:.:.V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.<       /    |           \
          .. -┘:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、 /     |           \
        /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.<⌒/  / \V二二二 / ヽ   ’,
      ∠ -―ァ’:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.//   ,        、   ∨ |
            /:.:./:.:.:.:.:.:./:.|:.:.:.:.:.|:.:.:.:.!:.:.:.V:.’,:.トゝ/  Y.   ∧ 、   Y  .|  |
         /:;:.イ:.:.:.:.:.:./:.:.ハ:.:.:.:.:ト、:斗:.:.:.:|:.:ト| |  :| / // ヽ\ .、l  |  |
         |/ l:.:.:.:.:./元:x ヘ:.:.:.|x云ハ:.:.:|:.:|、!  |  斗x:示    示:x ト、 | /           「この絵を見よ! 少年は少女の前に立ち、盾となる!
             .ハ:.:.:.:| 辷」 ヘ:.:|辷ソ {:.:.:ト、! T ┴- …」_.ヒzリ___  ヒzリ ハ.   |/
           x|:.:./lヘ、   ’   、/|:.:/|  |         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7ー ..___       その背中にかつて孤独だった少女は何を見るか!
         イ  ∨   へ、 ` ` イ |/’|  |                     // /`ヽ
      . イ  |.   |    |:.∧ ̄:::/:.:.:.|  |  |         ___          // /        部族に捨てられた少女は自らを捨てぬ少年の背に何を想うか!
    . イ      ハ.  レ ̄ヽ|、:. |::::::/:.:/レー、|  |_r‐┬―‐r<    >`「「 T ー-く/ /
. イ           }     V:.:.Vヽ/`く:.:.:}    /ハ/|   レ‐‐ゝ‐‐/―、|   ト、     ̄``¨      その背中は果たして他の仲間のそれと同じに映るものだろうか!
      > ‘”  V\/ハ:.:.:.:. /:.:/ヽ.|\―‐’|ハ.、!ルヘヘ    ∨    ∨ル’ }
  > ”      V || ノ:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:| / |   |    >r‐ハ_ イト、_/-―‐ハ
            }. |V:.:.:.:./:。:.:.:.:.:。.:.:.|/  |   |  /:::::::}ニ{/  ∧ }ニ{::\  ∧            初めて前に立つ異性の背中は、フラグ無しで見つめられる背中とでも言うか!!」
―――┬――――〉./:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |   ||  /――┐’^ \/ Lソ}ニ{::::::|___∧
───┴───‐/ /:.:.:.:.:.:|:.。:.:.:.:.:。.:.:.:|   ||’ |―─┘ \/ \ハ /ハ::::::>、  ` \
           / /7ー–.|—-― ”|   || ∧::::r’′ \/ 。   。}___.\  \‐‐ 、|

364 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 19:27:30 ID:FNu4C3RE [17/30]
    \                      /      ’,
     \                      /          ‘,
   ./   > 、               ,. イ、   `ヽ      l
   l   (::::0::>、_ .   }  !  {.   ,.ィ、::0::::)   j       l
   ’:,    `ー ‘  ‘,`ヽノ l !.l ゝ_ノ/   `ー ‘    /      l
    ` ―――‐/    `Y´     ヽ ー――― ‘
          /      i      ‘,               l
          .{        .l      }               /        否ッ!! 断じて否ッッ!!!
         乂      .人     ノ              ./
           | `ー―”  `ー― ‘|               /
           |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |           /
           |Y´        .`Y|             /
           |             |        .  /
\           乂_______ノ       /




              , -―‐- 、
             /       ヽ
            / /‐-、      }ー≦=、
           |i:.:/ッ ノ    彡ミ==ヾ ヾ,-、
           ト、”ー=’、_  r--‘ ..::::::::ヽ ’;::ヾ,\
    r>≦ヽ   ヾ} 、 ノミ/_丿 ..::r::::::::::::::ヽ:i:!:::::::\ヾ、
    `7ー< ヽ、   ヽノ`ー’/ニ..:::_ノ::::::;;-、_::::ヾ}:人::::::ヾ:;\            人の心はきっかけ一つで善にも悪にも転ぶもの!
     ( ´⌒}’ヾー、–≧=”-、 ヽ:::::::::;;ィ<,__;;ィ’」:::、:::ヽ:::::::ヾ,、
     `i ´ノ=-‘`ー≦、:::::::ヾ、 },,ィK ヽ、 ,1`´ ヽヾ:::::\::}ヾ\          守られなかった過去を持つ少女に対して、
      ゝ´ヽ ハヽ:::ヾ、ゝ:::::ノ」≦、 ∨\ ヾ、 彡   ::::>,;;::ヽヾ、
       ∨、  ::::::::_,,–< >-ヾヾヾー\ ヘ     /、ヘ >ヘヽ        守る意志を持つ少年の背中がきっかけにならぬわけがない!
        ヽ,,-‐≦,,-==、ヾ!   }| ヘハ  ヽヘ  ィ´__ィ::::::::::::::ヽ}
        /,ィ/´    il| ム   |! }、〉  / ッ”´   `ヾ\::::{        その雄々しき背中が少女の脳裏に焼き付かぬなど、言語道断!!
       /, ´イ         ト,、. ム  ハーl| ヾ;ィ /     `ー-、ヽ∧
      <ヘヾ ヘヘ..       ヾ;、..ム  ヾ='{_ノ´:::::  /      ヾハ
       ∨∧  ヾ;、      ヾ;、. ム   _丿  ヽ }/:/ア ̄   :::::::ハ
         ∨∧__ヾ;、    .ヾ;、. ム j|ノ、__ >”:::!:::{:::      ::::::ハ
           ∨∧ ̄ ヾ;、    .ヾ;、…ム   `ー´:゙:_ィ;:|ト::      :::::::ハ_
             ∨∧  ヾ;、    ヾ;、 ム  …:::/::::::::ハ         :::::`ヾ、

365 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 19:28:17 ID:FNu4C3RE [18/30]
               //::::::/:::::::/
                //::::::/:::::::/        ____
              //:::::::/:::::::/    ,. -‘”´      `¨ー 、
           ___//_:::::/:::::::/    /             \
         ,’ ‐ ‐ ‐、`;/:::::::/ .   /                ’,           ……少年は愛を忘れた存在だった。
         |      |.|:::::::/     ./                     ‘,
        ,,,-iー– 、. |.|::::/    l     \          /    .l          それがある女性に保護され、彼女を憧れとし前に進んだ。
        i ,,,-ーー、ゝ l.|:/      l      \_i ,, i_/     .l
        i ,,,‐- 、 ゝ,.|.|    , -‐.’,    `ー―’    `ー―’   ./          その先で少年は少女と出会い、彼女を守る意志を固めていく。
        |、ヽ ‐‐、ゝ j |.|   /””:::::::::\      l   人   l    /\
      /:i:::::/-./ /, `|.|  /:::::::::::::::::::::`ー、   `ー´_`ー’  ‐’::::::::::::\        彼女を守る騎士となり、さらなる高みへ登ることを決意する。
      /:,’´ ` 、. /、_|,|  \::::::::::::::::::::i:::::/      ̄   . i::::::::::::::::::::/
     /::〈、´ `ヽ ヾ、、-──二ヾ、::::::::::::i:::j、         /:::::::_:::;;;;;./\         少年は憧れという境地を経て、自分だけの意志を育てたのだ。
    /::〈´_` ヽ    ヾ::::: ̄::::::::::::::\::::ヽ.i ヽ、   _, ,,‐ ;”’ ”´:::::ヽ   `ヽ\
    /::〈´_ _ ヽ     `ヽ, 、:::::::::::::::::::::ヽ::j  `~~´  /::::::::::i::::::::ヽ ;;;;;;;、ヽ.`、      では、少年が少女に送るその想いは一体何ぞや?
    /:::::::/‐./`、     //::\:::::::::::::ヽ::ヾj     /:::::::::::::::::j::::::/≦|7≧、| ::ヾ



               //::::::/:::::::/
                //::::::/:::::::/        ____
              //:::::::/:::::::/    ,. -‘”´      `¨ー 、
           ___//_:::::/:::::::/    /             \
         ,’ ‐ ‐ ‐、`;/:::::::/ .   /                ’,
         |      |.|:::::::/     ./                     ‘,
        ,,,-iー– 、. |.|::::/    l     、 ヾ、        ,∠,   .l         愛であるッ! 真の愛である!!
        i ,,,-ーー、ゝ l.|:/      l   i{  0\_ii ,, ii_/0 , }i  .l
        i ,,,‐- 、 ゝ,.|.|    , -‐.’,    ` ー―’    `ー”’    ./         愛を捨てさせられたが故に、愛深き男へと育つのである!!
        |、ヽ ‐‐、ゝ j |.|   /””:::::::::\      l   人   l    /\
      /:i:::::/-./ /, `|.|  /:::::::::::::::::::::`ー、   `ー´_`ー’  ‐’::::::::::::\       夢想を越え、憧憬を越え、少女の想いを受け止める器になる!!
      /:,’´ ` 、. /、_|,|  \::::::::::::::::::::i:::::/      ̄   . i::::::::::::::::::::/
     /::〈、´ `ヽ ヾ、、-──二ヾ、::::::::::::i:::j、         /:::::::_:::;;;;;./\       それを愛の物語とせずしてなんと呼ぶのか!!
    /::〈´_` ヽ    ヾ::::: ̄::::::::::::::\::::ヽ.i ヽ、   _, ,,‐ ;”’ ”´:::::ヽ   `ヽ\
    /::〈´_ _ ヽ     `ヽ, 、:::::::::::::::::::::ヽ::j  `~~´  /::::::::::i::::::::ヽ ;;;;;;;、ヽ.`、

366 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 19:28:54 ID:FNu4C3RE [19/30]

        __            /|
      /     ̄ ̄         / /
     /   /        三   / // ̄/
   /   /             / /  ̄//
   .|l   l l|         三.  / ./  //
   |l   l l|           三 /_/  //
  |l   l l|              /  //
  |l   l l|             /  //
  |l  l  l|        ____ r~ ̄`ヽ
  l|l!   ll|       /_ノ     \( ⌒}
 .|  !  !|     (● )        \/          エリオには闇があった、キャロには孤独があった!
 |l   l  l|   ( __)           |
 ヽl|l!   ll|    |!!il|       /          彼らは二人で一つとなる事で、その絶望を払うのである!
   ヽ’, ヽ \  | ̄| ̄| ̄|     \
   ヽ ヽ `ヽ、 |__」  L___|       )         エリオがキャロを受け入れて、キャロはエリオを受け入れる!
    ヽ ` 、丶.|–i  i–|     /
       ヽ、 `丶_|_|/     /           それは果たして単なる絆か! パートナーとしての友情か!?
        ` -/    ,,-,,   ヽ
         (___/   ヽ___)




                              ___
  i` 、                      /      \
  |  ` 、_                   /  \   _ノ
.  !     i               /   ( ●)  (●)’
   !     !              |        (__人__)  |
    、   `               \      ` ⌒´x-、  ,
    、    ゙           r‐γ‐’´` 、  ー-../  x、≫ ||, ヽ
     `、   ゙、         乂 乂  __}` ア .ィ/ /ニ二 ||∧ |ヽ
      、     、         Y__〉ィ三j/./ ◎’‐ァ‐-→ .||  .V  !
      \   \,.、      _Y  {‘´Xノ,/__/.ミ{ / .||   〉-、!.__         愛である!
        \    .ゝ  γ´ ,’  .{X/ /| ̄ ̄| /\ j\/ ||   〉 ’T´
          `¨i’⌒>’-‐Y´{    _, V /X|><_\_/  ` ∧  /  _}=‐‐       互いが互いを想うなら、それは既に愛である!
           |x〈レァ、‘、>ー’´  V X⊥_  _二7     {,’-V \ コ==-
                X/X’、     {二||二|二===”’ヽ     =V   | ト=-         恋の過程を踏み越えて育まれた紛れもなき愛である!!
               Y.\ \  /  T T V´ ̄ヽ_ゝ    V  ヽ{ {
                  ̄ ,.’    〈  〉 V´ ̄ヽ_ゝ    V  |\.!
                   /、\  ヽ Vノ ノV´ ̄ヽ_ゝ    ` 、 ! `、
                 γ  \\ =≫’´`( / ̄` 、 i       \
                  {   三≫《    `{` 、´ 〉、
                  `i_〈´   ヽ    `ト、_ノ .∧
                   ` 、`    ヽ_   `トー‐’ .ヽ
                       ̄‐、    `、   \    ∧
                      _ノ   __ノ     `i .‐’ V
                     Y___/       )二ニY
                                  }_,,,,_ ゙i
                                 Y    ゙i
                                  `‐===”’

367 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 19:29:20 ID:FNu4C3RE
                          ヘ
      \                    ヘ
        \                    ×
      , - \               /´ ‘,
     〃  γ ` <           > ´’,   | i       それは友情で片付けてはいけないもの!
     {i   {  ● } ヽェー ,.}     .}=ッ{● }   i |
     ヘ   !、._.ノ、 ノ           ト !、_ソ__,/ .i       二人だけの絆、で片付けてはいけないもの!
      ゛”’──ー /          i `ヽ     i
           /         i   ヽ     ハ      心と心を通わせた、肉親の情をも越える愛である!!
           {               }.   }   /
           !、       _.入.__/  /        違うか!?
           /  ̄ ̄ ̄ ∨/////イ  ./
         /           }////ッ  /                     違うかッ!?
         { ヽ        .}//// /
         \ ヽ、__二ニ ー´_. イ                                 違うかぁぁぁッッ!!






                           /  ̄ ̄ `ヽ
                             ノ /  ̄ .丶  \
                         / /      V ヽ. \
               , 、         |   i_\   /_, i   ヽ ヽ
                /  ` <         i   |(●ゞ イ●) |   , |  i            否ッ! 否ッ!! それは愛!!
            /     ` <    ゝ.  ヽ (_人__,) /  ,’イ  V
             /         ` <  ゝ  ヽ`´_`_ ノ  /」    \           愛故に守り、愛故に受け入れる!!
              /       _     ` <ヽ  ヽ  i  .´/    i  ヽ
          /       /:::>:::…_   `ヾ   ゙i  |  /     丶 |         偽りなき愛情である!!
            /       /::::::::::::::::::::::::`>::…_ `ヽ-.,,>  ,´、         i
        /       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>|i:|   7  \   メ ト、        エリオはこの愛を持つ! 愛の可能性を持つ!!
         /        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|i:|_.ィ´     ヽ、  ,   丶
       ./        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::> |i:|        ゝ \   |      それがエリオという少年の深き、熱き、暖かき由縁である!!
      〈       V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://¨´         ヽ ヽ  |
        V         .V:::::::::::::::::::::::::::::::::::://              \ i  ヽ
          .V         .V:::::::::::::::::::::::::::://                   }    }
         .V         .V:::::::::::::::::::://                 / i   .i
           V       V:::::::::::://                   `´ ̄ ̄
          V       V:::://
          V       V’./
            .V      ./
           .V    /
              V ./

368 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 19:29:58 ID:FNu4C3RE [21/30]
                                  //
                                    /∠___
                              ∠/      \
                            /./          \
                           /./  \_   _/  \
                         _,イ __|   ( ●)  (●)   |         三に! 少年の志である!!
                            {__  イ´ \    (__人__)   /ヽ
                         //゙´    ` t──‐ ,イ´ ⌒ /  .i        彼は騎士を望んだ! 守れる騎士を望んだ!!
                         //      / iー -  {    ./   {
   , . , .                  //        ./   、.   .}   ィ’    ヽ        では何を守る!? 何故守る!?
  , ‘ : : : :ヽ           //        __./    ,ヘ.  i   .i    ∧
 ,’ : : : : : : ‘;        /ニ/      /    >’´.   ̄}   {、    ∧      後悔か! 逃避か! 幻夢か! 理想か!
 ゙’ ‘ソ: : : : :,’       /:::/      /    /´      i   } ヽ     .i
,:;’ : : : : : : :’、       /::/       /  /         i   i   {ヽ..__/
===;;: : :;;;: : :ヾ  /::/       /   ∠              i   i   ヽ._}
        ゛゛ヾ::/        {_.{_.{_.}_.}_ソ         __,ノ   i
     ゙゙゙ー;; :/                       ’‐‐{_エ_}_)つ




                                           ,-x7
                                        // /7__
                       , ─  、                 // /.//ヽ〉
                  /       ヽ             〈/ /:〈7:::/
                     /           ‘,           .// /:/ 〈::/
                 |             |            〈/ /:;へ `
                |   、__  , ノ  }          // ソ::i/´〉〉
                     |  (● ) (● ) !          .//ニ.∧/ヽ//ヽ
               ,,∧  (___人__) i!       .,ノ/ ムr‐/::::/:::ヽ/)
            ⊂スヽ::::\  `⌒´  /ヽ       `ーイ:::/ ̄\/:/ )       初めはただの幻想だった! 続いては憧憬だった!
             / ’⌒ヽ\::::::r     イl | \      /::/::::::::::::::\ー:’二)
         //  _ _\ヽ::::::`-‐”\l l\ \    〈::/\::::::::::::::/(__ノ       だが今、キャロに出会った今、彼の心には芽生えてるはずである!
.         //  /    `ヽ ‘,:::ノ   `ヒ!  \ /〉、   /__`ヽ::\_:_/__/
        /∧  /         i |     | |   /  `/–ミヽ:\::/           夢でも憧れでもない、現実に在る肉体への想いが!
.       //  ∨       ..:ハ、    l\/   /    `ソ´/
      //   ’;::..    /   `ヽ、  j  \. /     / /             心に深く刻まれた暖かいものが!
.     //l    V:::… ノ     / >、/   /      //_ノ
      | l !    ヽ::::::.    / /  \/      /   /                ――――すなわちッ!!
     H |     ` <:::…. / /       {      /   /
     ト{___V       > ::、/    \     ノ  , ‘
    / ̄/\__ x<>'”  > .    ` ー ´   /

369 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 19:30:24 ID:FNu4C3RE
                                   ,<         _>¨
                 , –──<        _-=,<         _>¨
                / \   _/\      ,廴ノ      _>¨
               / ( ●)  (●) ゙i   ,-‘ニ厂 l ヘ  _>¨
           |.    (__人__)   | ,< f l l  L ヽ=ノ
           ゙i    | -<|   ,<   廴ヽニニ=‐¨
            \/ ´ ̄ ̄`,<    _>二__/
           /      ,<   _>¨
              ハ     ,<  _>¨  i
            /   /<  >¨    i
            / ‐ニニ弌≧¨        l            愛であるッ!!
           ,<lヘヱシ i.     _  i
      ,< >¨¨ ̄  /   /    \          「心を通わせた少女を守るため!」
     又>¨       /    {       ∧
                  /    ‘,       }         少年がこれ以上に力を発揮するシチュエーションが! 場面が!!
             /       V        l
            /     /⌒{弋     /         少女への愛以上に強くなるきっかけが! 他に存在するというのか!!
          /     /    ト,   /|
           /    /     i ` ー /
        /     /         i  V
        /    /        廴/
      /  ,/
    {_ /



  :,      \    \
   \     l \    \
     丶_ ..ノ::: O丶    \          ___
  丶  \:::O:::::O:.\    \     .:/  / \       __
 、 .::.\  \:::O:::::O:.\    \   ./  / /:/、     /ヽ、 ノ ヽ
  、.:.::::::\  \O::::::../\   \ /一”一’ / /       i(● ●) |
   \.:.:::::\  \/ヾ:.\\  / /三/\..::i./      i (_人_)  /
    :.\.:.:::::\  \  ヾ:.\べヽ/\/  /,、7/>..、_,∧)__/  /
        :\.:.:::::\  \  ヾ:::. . /    _,//./..:.::::::::::::::ハ ヽ:. _//
        :\.:.:::::\   lヾ:::::::. /  /´ヾ y:! .:::::::::::::::::::::i ∧ ,/:
           \.:.:::::\:|\\/\ |_}(.ノ \`7..:::::::::::|_,,ハ ヾ\         否ッ! であるが故のボーイミーツガールである!!
                ̄ ̄    ̄}─→      /.:::::::::::::::::::::::くハ ir一
                    /─‐/ // .へ /,;i:::::::::::::::::::::::::::>.|_」ハ        それが至高であるからこその物語である!!
                 /─‐/:..\/─‐/ ,;;∨:::::::::::::::::::::.:.. . i.::::ソ
                   /  ∧._/ ̄ ̄  ̄ }:::::::::::::::::::::::::::o::::/         そしてエリオは、その可能性を内包する存在である!!
               /.,_/ // /       k< ̄..:.::::::::::::::::/:
               \  \//      / . ..:.:::::::::::::::o:::::/.::i
                      \_/     /….:..:.::.::::::::::::::::::::::/.::::7
                       /..:.::.::::::::::::::::::::::::::::::::i..:.:::::\
                         >…`ヾ::.:…:.:::::::::/|::::::::| 、:::::::::.丶
                        /..:.::::::::::::\.:.::::::/:::|::::::::|  `ヾ:::::.:..\r‐-、
                       /..:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::|     \_//⌒7
                       /..:.:::::::::::::::::::::/´ ..:::::::::::::::>|       `ー”

370 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 19:30:50 ID:FNu4C3RE [23/30]
                      |
          ____       |!.,_
         /\  /\    r || .j         /
       /( ●)  (●)\  / .|.|/        _//             そして、四にッ! ルーテシアという存在である!!
      /    (__人__)   \/ .|.|    /  ) _/ /
   _rーn|     |i|||||||i|     /  ||  /  / //                闇に囚われた少女を少年が救い出す!!
  i j j j j\     ` ー’´  \,/   ’|! ´  / /´
  {   ’つr´  (⌒’ー―- イ\  |   ´廴  -‐                なんと素晴らしきロマンスか、物語かッ!!
  入  人     > 、     ,;:””゙゙”:.,   _  ̄ ̄ ̄)
  -―==ニ二二ニ=―‐ ‐     :; -―==ニ二二ニ=―‐ ‐      だがエリオには既にキャロが居る!
         \     ヽ._  :、,. ..,::’  __  \
           >    /   ノVi`v:’´ `゙’ 、_.)                 この場合における第2のヒロインは、果たして価値があるのか!?



               / ̄ ̄\
              / /    \
          _  (●)(● )    |
          (^ヽ{ ヽ (__人__)     |
      ( ̄ ヽ ヽ i   ||:::::::::|     |
     (二 ヽ i i |,r‐i.{`⌒´     |
       ヽ   /  丿{        /            あるっ!! 論ずるまでもないこと!!
        i   {   イ―\      /
        ヽ. `ー ‘/        ヽ. r‐、__       恋のライバルを登場させることで恋愛劇を発展させ、
         `ー ‘  ̄ i       .’,`´ ┬┤
               l         i  _匸}       さらには新たなルートを開拓することも出来る!!
               }       ├゙ー ‘
               }       │           極めつけにはハーレムエンドだ!
               /’        l、
              /   _     ヽ          ルーテシアの存在はエリオにとってプラスでしかない!!
            /   /  ヽ、    i
          /   /    ノ   /
          _/    /      /    >_
        /     ヾ     }    ´  `ヽ
        {       〉     〈        〉
        ヽ___ ィ      ー‐’`ー―一’

372 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 19:31:12 ID:FNu4C3RE [24/30]
    ‘,  _》     ,. -=ニ¨ ̄ ̄`丶            /
      :. jl    i     /           \       /
\    ∨    }!γ^ヽ            ,    /
 .:\  〃 \  《:. l   }              ,’   〃
.    \≫   -‐》,l   l       メ._,,;;   /    ≫
 γ^ヽ. 丶.   {{ |\ l   .-‐又ゝrヶ7`ヾ  /
 {    、 ` ー’ 」:}|  .: j  ;イ     .{ 」irヽ /
≫.\   \  {.{ | j{ ト、圦 ヽ._ ノ、 )                           適度な三角関係はニヤニヤを生む!
ヽ\__ヽ__:..\_|.}__ノ ゝ >\  こフ´ x≪               /⌒ヽ
  ー ‐=ヘ \〃   iレヘx≪_:_:マハ:二´:Vハ_:.ヽ__ -== ¨Ζ -‐  { /,   }        二人の少女が一人の少年を奪い合うのは古くからの王道!
    / _≫       _  -―=ァ=rt=: : } ̄             〈 Y /,、‘,
==- -へ ̄      ≪x’⌒ ー—‐彡: :Vハ:‘,               {`ー^ァケ  }       どちらをとっても良し! 両方とっても良し!
.   /   └ァ    xへ  \_厶: : Vハ: : : : Vハ: :ー==x         人 {     ノ
  /   /  _j}  _ \: :¨ニ=- , ∨: :Vハ : : : Vハ: : : : : :У⌒: :ー==イ{     /        片方が片方の恋愛を援助するも良し!
. /   /t≪ √ ̄∨ 〃77777∧ ≪/Vハ7777ヽ\: : : { : : : : : : : : : ゞ、_/
 ー ‘《:|  厂≫ :}i 〃////////ニ=- ¨ ー-ヘ_///>>: 〉: : : : : : : : :/            二人目の登場は須くニヤニヤを加速させるのである!
    》}  / 《  /∧/////////////圧ニ=- -=≦ :_:_人 : : : : : :/
.   / し /  〃 ∨///////////////////∧ =- ̄`¨¨¨´
  /        /:   ∨///////////////////∧   ` ̄ヾ



          ____                ○
        /      \.             O .::::::::. ○
       /  ヽ、   _ノ\             .:::::::::::::. ○
     /     (●)  (●) \        o .:::::::::::::::::.
     |        (__人__)    |       /)/)/)::::::::::::: (⌒)
     \       ⌒´   /     「////:::::::::::::::::: `~           そう! そしてエリオは、これまでの全てを兼ね備えている!!
    γ⌒           ⌒ ̄ ̄’ ̄´  (:::::::::::::::::::::::r ⌒ヽ
     i  j            ___、__,、_`つ::::::::::::::::ゝ __ノ          少女との出会い、守る心、育んだ愛、新たなヒロインの可能性!
     ヽ、 l           /′           。 :::::::::::::::::::::
   /つゝ、,,!             }          o :::::::::::::::::: (⌒)          果たしてこれらの要素を備えるエリオを「ただの」サブキャラとして
  {〈〈〈,ゞ,ソ          〈             O :::::::::::::: `~´
    ` ̄/            \          O :::::::: ○            片付けてしまって本当によいのか!?
    /     /´`\      \           Ο ○
    !    く´     \      ヘ                         これほどの可能性を持つ逸材を使わないで良いのか!?
     \    \       ヽ     ヘ
     (´________ノ        ヽ    ヘ
      ` ̄  ̄            ∨______`)

373 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 19:32:09 ID:FNu4C3RE
          ___
         /     \
       /         \
     /     \ , , /  \       確かに、原作の物語はこの通りではない!
      |      (ー)  (ー)  |
     \  u.   (__人__) ,/       この解釈は原作のエリオには当てはまらぬものかもしれない!!
      ノ     ` ⌒´  \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ      だが彼は可能性を持つ!
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /        可能性という芽は、やがて彼の個性へと結びつくのである!


          ___
         /     \
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \       その可能性を育てるのは我々だ!
      |       (__人__)   |
     \      ` ⌒ ´  ,/       彼の愛を紡ぎ出すのは我々だ!!
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ      二次創作というフィールドで彼を描き出すことが出来るはずだ!!
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /

374 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 19:32:32 ID:FNu4C3RE [26/30]


         ___
       /     \
      /   \ , , /\        さぁ行こう! エリオとキャロの可能性はなのはにだって負けない!
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |      ルーテシアを絡めればさらなる高みへと上れる!
      \      |r┬-|  ,/
     , -‐ (_).ヽ`ー’´   ィヽ       ロリショタの素晴らしさを、可能性を!
      l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l      今こそ知らしめるときだ!!




           . -─━─ 、
          /         .
           /         .
            /             i
           .’       `,:、 /ノ
       _,<   ,  `泛ダソ^
       /ヘヽ! :i !  γ  i<
       メv/\ヽ、ヘ.  ゝ.__.ノ_)
     //ハ/,∧ \\_/
    /////_j//jヘ. /,7j                 ビバ・エリキャロ! ビバ・ロリショタ!
  ///////\////\/∧、.
  ;γ⌒ `ヾv \////\ヘ廴    ,-、__         ジーク・エリルー! ジーク・ロリショタ!
  i//ヽ、///,\/\/////ヘN  /У ヘ_,ヽ
  |//ヽ、_≧=ヽiリ//> 、/∧i!ハ }   /  `i        エリキャロルーよ永遠に! ロリショタカプよフォーエヴァー!!
  |、///ー=ニ7/{/j/////\.リ/∧,     l
  Nv/////,≧7、////////N,メ゙ ゝ、  /
  ヾ.V/////ヽ、∧///////// \ 。У
   VV/////ヽ、∧//////////。Y
    Vヾ////////У<///////。/
    V/\//////’リ,/////。 /ヘ
     V//,\//// // //,/i!//,∧
     ヾ/∧ ヾ/////,///ヘ/// ∧
      `Vヘ/ \_/イ//ヾ\V////j
          }/|//////////////ヽ//メヽ

375 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 19:33:00 ID:FNu4C3RE [27/30]




                              _____
                         .. ´             `丶、
                        .. ´                  \
                   .  ´

                 /
                /

          , ‘
          ./
        /                    /
          ×                   /
       ,’`\               /- 、          ___
       λ  7` <           > ´ ヽ  ヽ ヽ       \ \        /\        /\
       ハ  { ●}ヾ={    {、ーェイ { ●  }   i} :; ;        \  \/\/   \/\/   \/\/\
        i ゝ、弋ノ イ        ゝ、ヽ._.ノ   /  , ’         \                            \
        i     7´ i         ヽー──”'” ´           /   エリキャロの時代はこれからだッッ!!  \
      .ハ    /   i          ヽ                  \                             \
       ∧   {   .{               }                  /  /\/\/\   /\   /\/\      >
        ヽ `・、__.入._       ノ                   ̄ ̄           \/   \/       \__/
          ヽ  ヽ////// ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
           ヽ. ヾ///{         ヽ
             `ヽゝ/{、       / .}
               `ー ニ二_ ..イ /







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

─── ─────────── ─── ──  ─…

─────────── … ……

_________

__ __

__

376 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 19:33:21 ID:FNu4C3RE [28/30]

             \  ヘ
             ィヽ\ ヘ
   ,    <      `\V   ̄ ̄  > 、
<                         \
  ` <_ _   / ̄    -‐v‐-.   、 ̄>、\
    フ/ / /      .ムx     \‐-、  |
.   ,イ/   | rイ       /  ヘ.      ヽ、| ∧
    /   ハ ./ /    |   |       ヘ| |
.   / /   ヘ|  |, 斗七´l.    |.ー‐┼‐ト、 .l |ヘ |
  /イ     |l λ ,ハト、 |   |  ,イl ハ.   }| |`Y
.   / ,イ    lヽ | ン示云、|    レ’ィ’云ヽl /リλ.|
  厶イ |i  λ} `ヾ {::J::_}      {_:し::}/’イ. .l入l
.      |ハ | ヾ  | `´         `´ . j  .l  |        ……で、つまり……何が言いたいの?
.     、 ヽl  | 、ハ , , , ,   、    , , ,j, ,イ/ . |  |
        l` .| `ト、             し,イ   |  |
        l  l  .|\   r ‐― 、  , イ/|   |  |
        |  l |ヽ >,    ̄   ,ィ | l. |   |  |
        |  l | Y⌒ヽ><=-‐ヘ / |   |  |
        |  |  | ,ィ{ヘ`  ∧∧   .入  |   |  |
        |_|  l l:.:.:ヘ `´>o<`´/:. {ヽ|   |_|
      ,-< >|  l´l:.:.:.:.ヘ=-‐‐‐-=/:::::::l::::|   |_ >-、
   /:::|>’:::::::|  ハ:l:.:.:.:.:.ヘ:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.l::::|   |::>‐/ヽ
   }:::::::|:::::::::::/   |:|:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.:/:.:.:.:.:.:.:|:::|  .ハ::::::〈:::::::/
   ン::::、ヽ::::::{   .|:`>=-、:V:.:><二:.:/    }::::::レ:::}
   |:::::::/ヘ ̄ヽ、 ト` ̄ ̄く`ヾ:.ゝ:.:.:.:.:.:.イイ /ソフ:.:|:::::|


               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \     もっとエリキャロ出してイチャイチャさせようぜ。
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/     属性的には恵まれてるんだし。
          /     ー‐    \


   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |     エロAAもあるからエロも出来るよ! やったねやるちゃん!
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |




                        おわり


.

377 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 19:34:14 ID:lcmX2HUM [4/7]

そこにふぇいとさんをつっこんでもかまわんのだろう?



378 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 19:35:25 ID:FNu4C3RE [29/30]

以上です。
ノリと勢いとテンションとエリキャロ愛だけで作った。

とりあえず、エリキャロ可愛いよエリキャロ。



379 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 19:35:55 ID:gg8jNkUw


エリフェいいよねエリフェ



380 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/02/23(木) 19:38:29 ID:8T.lrdvI

熱いねぇ…、まったくおたく熱いぜ
乙!






7 Comments

  1. Mukankei na nanashi san 2012年2月25日


    PASS: f5564c23d7cc6530b44902eb08323860
    これをきっかけにエリオのAAが増える→ショタ物が増える→エリオの陵辱物が増える!

    こうなるとエリオ好きの私は信じてる。

    FORCE?…何それ。

  2. Mukankei na nanashi san 2012年2月25日



    しかし、リリカルなのはは最終的になのはさんがすべてを持っていくからなぁ

  3. Mukankei na nanashi san 2012年2月25日



    ユノエリとか待ってるのは俺だけなんだろうなあ

  4. Mukankei na nanashi san 2012年2月26日



    コメントのショタコン率にワロタwww

  5. Mukankei na nanashi san 2012年2月27日



    なのはシリーズは人数多すぎてもうなにがなんだか・・・
    だからやる夫スレで抽出する際どうしても
    なのは&フェイト+はやて がいいとこになるんだよな
    そもそもこの三人が登場原作が多い分AAも多いし
    少女から大人まで幅広く役をこなすからな

  6. Mukankei na nanashi san 2012年2月27日


    PASS: 8209182b55be2bcff108ce6733d46591
    ボーイミーツガールは英語で「お決まりの」という慣用句でもある。
    お決まりとはすなわち王道。
    王道が王道たる所以は、多くの人が求めているからに他ならない。

  7. Mukankei na nanashi san 2012年3月3日



    今のエリオはショタ成分ないしなあ…
    Fなんぞ完全に兄貴分キャラになってるぞ。
    キャロはロリのまんまなのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。