<帝と賢者>

短編まとめ
やる夫ショートストーリーセレクション

推奨スレ
中編 短編投下所153                    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1313420444/
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No.56 【練習用】 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1284259845/
やらない夫短編投下所25                http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1283273433/
やる夫系R18ストーリースレ その36              http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1271794106/
ヒロイン短編投下スレッド16                  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1280923208/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1282825654/
【一発ネタ】 やる夫のネタスレ 【短編】  その3    http://yy69.60.kg/test/read.cgi/index/1258195912/
【歴史ネタ】短編・コピペAAスレ【古今東西】        http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1269959376/
翠星夫短編スレ                          http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
やる夫でコピペスレ                        http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1364895481/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】          http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1276815988/
【安価で】安価短編スレ【やるお!】           http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14504/1298996698/
やる夫で学ぶご当地知識&方言                http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1328104512/

14 名前: ◆sd1esSni3c [sage] 投稿日:13/12/20(金) 03:55:05 ID:V1hjtQaz [1/7]




             ┌───────────────────────┐
             │                                  │
             │ 三人の賢者が、疑わしいものについて話し合っていた.│
             │                                  │
             └───────────────────────┘
                                    ____
                                   /      \
            / ̄ ̄\             / ⌒    ⌒ \
          /   _ノ  \        ./   (●)  (<)  \
          |    ( ●)(●)       |      ___'___     |          ___
          |     (__人__)        \     ` n´   ,/        ./      \
          |         ノ       /     | |    \       /(● ) (● ) \
          |     ∩ノ ⊃ }                 ノ .ュ           / (トェェェェェェェェイ)   \
          /ヽ   / _ノ }                 { ..ニj           |  l^l^lnェェェェ/     |
         ( ヽ  /  / ノ               | "ツ            \ヽ   L        /
          ヽ “  /_|  |                             ゝ  ノ
           \__/__ /                           /   /






                     )i☆i(
               ;O;+  ;o+: ;i|*|i、 ;;o;+、 ;;O+;
               |i、i''ii、;i゙ii、;ii'゙゙'ii;;、,ii゙i、,ii''i,i|
               |i|O|・Xo゚)||◯||(゚oX・|O|i|             .┌────────────────┐
               |'゙゙+''゙゙*''゙゙+''゙゙゙'+''゙゙*゙゙''+゙゙|             .│                          │
               ゙!!'''゙'''''゙''''''゙''''''''''゙'''''''゙'''、!!゙           │ そこに帝が現れ、賢者たちに尋ねた.│
              /  ⌒     ⌒ \           │                          │
             /   (●)    (●)  .\          └────────────────┘
             |      (__人__)     |
             \      ` ⌒´      /
            f~~r 、''''‐-: ''''~~"~ ""~~~,,,,{,
      _,,,,,,_    /,ィ〔/T‐ェ',     ''''' ~~   ヽ             “幽霊はいるのだろうか?”
   ,.'''~   ゙i ~~''t-'7:::i' ! !::::::::~''- .,         -‐く
   i   , t-l   l::/:::::l l l:::::::::::::::::::゙i' - .,_     `i
   i゙''''f l::::l    l/::::::;l ll l:::::::::::::::::::;!:::::::::::~ ''''''‐-t-'
   l_l l::::!   /::::::::l l l l::::::::::::::::ゝ:;:::::::::::::::::::::::::゙i
 /  \:::l.  /:::::::〔,,,l:l,,,〕:::::::::::::゙!~ ~'- 、:::::::::::::::〈
.."''t---f''゙!::!  ./::::::::::::::i:i:::::::::::::::::r.'    ヽ;:::::::::::::ヽ
  〈   〉.l::l.  ,!:::::::::::::::l::l:::::::::::::::::゙t:..、     ~''‐-- 'i
  l---l ゙',.=く:::::::::::::::::l:::l:::::::::::;;: -!  ヽ,        ヽ
    ̄ r::'":::::::ヽ;::::::::::;;l;;;;l. ァ ''/ .r゙;..,,,.ノ::ヽ,       ゙:,
      ヾ:;;;;;;;::;;: ‐'' "   i  i‐ァ ,!r'''''' '' - 'ヽ.,     ,,. t'
    ,,. -'''"__゙' ‐---‐‐''"__,」:l,,,!l;         ヽ;::~'''''''~:::::::゙;,
    ゙'''''''''" ゙''‐----‐''"     ゙''‐---‐''" ゙''‐---‐''


15 名前: ◆sd1esSni3c [sage] 投稿日:13/12/20(金) 03:55:36 ID:V1hjtQaz [2/7]



                          ┌───────────┐
    / ̄ ̄\                    │                │
  /   _ノ  \                   │ 一人目の賢者は答えた. │
  |    ( 一)(●)               │                │
  |     (__人__)               └───────────┘
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃                 「幽霊はいる」
   ヽ、l    ´ヽ〉
    ,-/    __人〉
   / ./.   /    \
   | /   /     i \
   |"  /       | >  )
   ヽ/      とヽ /
    |       そ ノ



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)            「現れては消える人影、ありえないところに滴る水」
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ       「多くのものが見ている事実から、存在しているのは確実である」
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \


16 名前: ◆sd1esSni3c [sage] 投稿日:13/12/20(金) 03:56:05 ID:V1hjtQaz [3/7]



                                    ┌───────────┐
                                    │                │
                                    │ 二人目の賢者は答えた. │
.               / ̄ ̄ ̄ \                .│                │
    (        / ノ     ヽ \    ` 、        .└───────────┘
   ( ゙''ー--  /   (ー)  (ー)    .___,,..)  )
    ゙''ー--   |      __´ _      | --‐''´          「幽霊はいない」
           \       ̄      /
.           ノ           \



       ____
     /     \
   / _,ノ  ⌒ \                     「大抵の事象は思い込みと気のせいで説明できる」
  /   (●)  (●)   \
 |     、 ´       |  (( ∩))      「そも、死者がすべて幽霊となれば、地上が幽霊で溢れてしまうではないか」
  \       ̄ ̄   /    ( ⌒)
  /          \


17 名前: ◆sd1esSni3c [sage] 投稿日:13/12/20(金) 03:56:39 ID:V1hjtQaz [4/7]



                                  ┌───────────┐
            ____               │                │
          /     \               │ 三人目の賢者は答えた. │
         /         \            │                │
       /     (●) (●)\            └───────────┘
       |    (トェェェェェェェェイ) |
       \    \ェェェェェ//
        /⌒ヽ   ー‐    ィヽ_
        /  、     、  〆ヾ ̄ `i     「いるかいないかを断言することはできない」
      /  /      ゙  lヾ_ ,|ヽ─ヘ
      /  /l         `、´/     ヽ
     /  / ヽ  ,____   `  ,ヽ  ヽ
   -─ヽ イ_ ヽ /     ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ Y   ゝ‐-、
  ( _i _i_ト、__)  ヽ、___⊥____ノ 「___ノ



         ____
         /     \
.     / (ー)  (ー)\     「死んだ人間で幽霊となるもの、ならないものがいるかもしれぬ」
    l^l^ln (トェェェェェェェェイ)\
    ヽ   L \ェェェェェ/  |      「幽霊が見えるものも、見えないものもいるかもしれぬ」
     ゝ  ノ         /
   /   /         \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))


18 名前: ◆sd1esSni3c [sage] 投稿日:13/12/20(金) 03:57:01 ID:V1hjtQaz [5/7]

                     )i☆i(
               ;O;+  ;o+: ;i|*|i、 ;;o;+、 ;;O+;
               |i、i''ii、;i゙ii、;ii'゙゙'ii;;、,ii゙i、,ii''i,i|       .┌───────────────────┐
               |i|O|・Xo゚)||◯||(゚oX・|O|i|       .│                                │
               |'゙゙+''゙゙*''゙゙+''゙゙゙'+''゙゙*゙゙''+゙゙|       .│ それを聞いた帝は、別の質問を投げかけた.│
               ゙!!'''゙'''''゙''''''゙''''''''''゙'''''''゙'''、!!゙        .│                                │
              /  ⌒     ⌒ \        .└───────────────────┘
             /   (●)    (●)  .\
             |      (__人__)     |
             \      ` ⌒´      /
            f~~r 、''''‐-: ''''~~"~ ""~~~,,,,{,
      _,,,,,,_    /,ィ〔/T‐ェ',     ''''' ~~   ヽ        “では、恋人なるものは存在するのだろうか?”
   ,.'''~   ゙i ~~''t-'7:::i' ! !::::::::~''- .,         -‐く
   i   , t-l   l::/:::::l l l:::::::::::::::::::゙i' - .,_     `i
   i゙''''f l::::l    l/::::::;l ll l:::::::::::::::::::;!:::::::::::~ ''''''‐-t-'
   l_l l::::!   /::::::::l l l l::::::::::::::::ゝ:;:::::::::::::::::::::::::゙i
 /  \:::l.  /:::::::〔,,,l:l,,,〕:::::::::::::゙!~ ~'- 、:::::::::::::::〈
.."''t---f''゙!::!  ./::::::::::::::i:i:::::::::::::::::r.'    ヽ;:::::::::::::ヽ
  〈   〉.l::l.  ,!:::::::::::::::l::l:::::::::::::::::゙t:..、     ~''‐-- 'i
  l---l ゙',.=く:::::::::::::::::l:::l:::::::::::;;: -!  ヽ,        ヽ
    ̄ r::'":::::::ヽ;::::::::::;;l;;;;l. ァ ''/ .r゙;..,,,.ノ::ヽ,       ゙:,
      ヾ:;;;;;;;::;;: ‐'' "   i  i‐ァ ,!r'''''' '' - 'ヽ.,     ,,. t'
    ,,. -'''"__゙' ‐---‐‐''"__,」:l,,,!l;         ヽ;::~'''''''~:::::::゙;,
    ゙'''''''''" ゙''‐----‐''"     ゙''‐---‐''" ゙''‐---‐''


19 名前: ◆sd1esSni3c [sage] 投稿日:13/12/20(金) 03:57:57 ID:V1hjtQaz [6/7]



                      ┌─────────────┐
                      │                    │
                      │ 三人の賢者はすぐに答えた. │
                      │                    │
                      └─────────────┘



                          “そんなものは存在しない”



                             ___
                            /      \
           / ̄ ̄\          ./   ⌒  ⌒ \
          /  u  ノ \       /   ( ー)  (ー) ヽ            .____
          |    .u ( ○) |     ..|  u   ___`___     |          /      \
     .     |      (__人_)      .ヽ、    `ー '´   /          /         \
          |      ` ⌒ノ  ...⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ    ./ ;;;(◯)::::::(◯);; \
           |        }    ...\ ヽ  /      \ ヽ /    .|   (トェェェェェェェェイ)   |
           ヽ u      }                              \  \ェェェェェ/   /
            ヽ     ノ                              (ヽ、      / ̄)  |
           ノ     \                              | ``ー――‐''|  ヽ、. |
          /´        ヽ                         ゝ ノ      ヽ  ノ  |
                                            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


20 名前: ◆sd1esSni3c [sage] 投稿日:13/12/20(金) 03:58:09 ID:V1hjtQaz [7/7]

<帝と賢者>

おわり



21 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:13/12/20(金) 08:04:27 ID:9fpisUcO

乙であります

陛下もそんなあたりまえのこと聞かないでほしいな
そんなものいるわけがないじゃないか



22 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:13/12/21(土) 22:14:01 ID:xWAk7kqF

そんなことすら聞かないとわからない王様では、この国の行く末も危ぶまれますなあ。





2 Comments

  1. Mukankei na nanashi san 2014年3月7日



    いない、いないのだ!

  2. Mukankei na nanashi san 2014年3月8日



    ふかいな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。