【18禁】ヒナちゃんのママ

推奨スレ
中編 短編投下所                        http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12973/1444445245/
やらない夫短編投下所                   http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14429/1399037709/
やる夫系R18ストーリースレ                 http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1445234972/
ヒロイン短編投下スレッド                     http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1430814027/
やる夫短編投下所 in おーぷん             http://open.open2ch.net/test/read.cgi/yaruo/1396490018/
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)           http://testtest4556.seesaa.net/article/428080454.html
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)           http://blog.livedoor.jp/mukankei961/
短編投下用スレ(方舟板)                   http://shokaku05.sakura.ne.jp/test/read.cgi/reppua7m1/1406803565/
短編スレ(シェルター板)                    http://yaruoshelter.saber.jp/test/read.cgi/yaruo001/1397181772/
普通のやる夫板短編所                  http://bbs.yaruyomi.com/test/read.cgi/ban/1449322720/
ホラー、オカルト系共用短編スレ                http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14504/1439291132/
【歴史ネタ】短編・コピペAAスレ【古今東西】       http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1332498408/
翠星夫短編スレ                      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1286199880/
やる夫でコピペスレ                    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1364895481/
やる夫自作絵投下所                    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/15956/1384273840/
【安価で】安価短編スレ【やるお!】             http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14504/1408446068/
やる夫達で語るF1あれこれ                   http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12973/1400395580/
プロ野球12球団紹介スレ                      http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12973/1403012413/
やる夫で学ぶご当地知識&方言            http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1343321601/
牧場                             http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14504/1437750109/
やる夫はセクサロイドを調教するようです       http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15257/1424043118/

718 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日::2012/11/26(月) 23:24:12 ID:yV3TM..Y0

               ,,,,,,,,
          ,  ´       :` 丶
         /             \
        ./                ヽ
       /  /  :/ //  :/       丶    奨学金目当てに皆に慕われる生徒会長を演じる日々。ヒナギクは疲れていた。
       ,’  ,’ ,’ :/ / :/:/,/ //        ‘,
      .i  :i i: /:’/ / /’/ / ///ヽ.    i    勉強するのも――
      li  i i irァ、/ / /// :// `ヽ´    }
       ‘, :li::i::j {ヽ} / i//l://`ヽ // /   :,’,    クラスメイトの相談に真摯にのるのも――
       ‘,i ‘,l }ゝ-’,’ ´了>、  // /  / /
      /:ヽハ丶    .{: :\_ゝ// /  :レ.       笑顔を浮かべることすらも――
.     / ::// :/ヽー-   ゝ–´//}   l
     { / { ,'{ { \_ ,,,, _//_.ノ   l.      すべては金・金・金だという浅ましさへの自己嫌悪がつきまとった。
     ヽl l: {ヽ\/: : : : :ヽ<ヽ \   {
      l  ゝ ヽ,/: : : : : : : }  `ミ、 `ヽ、 ’,
         `/: : : : : : : : :l    ヽ、  `丶、
.         / : : : : : : : : l ヽ   ヽゝ、  \`丶、
         /: : : : : : : : : l   ヽ、 ’, `ヽ 、,: \ `ヽ、
         /: : : : : /: :/ i      `丶、  `”丶,ヽ、 \
        ノ: :, /: : : :/: : \        `\   \ヽ ヽ
       ゝ/ : : : : : //: : : \、       / }    ヽヽ     孤児だから――
        }: : : : : : : :/: : : : : : : : \`’l   /\ .L     ‘, i
       ./: : : : : : : /: : : : : : : : : : : :ヽL/ヾ,\ヽ、_\    }       頼れる肉親はいないのだから――
      /: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : ___’, ヽ\
.     /: : : : : : : /\: : : : : : : : : : : : , /´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:},            という言い訳をする相手すらいない寂しい生き方をしていると自覚はあった。
    . /: : : : : : ::/ ヽ `丶、 _,, ィ ´L, :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
   ./: : : : : : : /   ‘,          ` ヽ、.:.:.:/








                  -ー‐‐-  、
             ,. : ´: : : : : : : : : : : : : `ヽ
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
         .//: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : ‘,
         //: : :i : : /: :i: : : :/: :/ヽ : : : : : : : i    ストレスが溜まっていたせいなのだろうか――
      ../ i : : l : : / : i : : /i: :/:iミヾ: : : : : : :}
        ..{ : : |: /i : i: : :/ | /i:i ヽi: :l : : : : i.     ヒナギクは売春をもちかけてきたおじさんに発作的に抱かれていた。
        .’,: : :|: {,ィヽi: :/  |´|i   i : i |: : : ,’
        .ヽ::i:::::i l:ソl:/ 才てヽi、 / :/ i: : :/      .痛くないどころか気持ちよくて、生暖かい人肌にはなにか惹かれるものがあった。
         .`ヽ、_} ,    { ::::ノノ: :/ヽ:i: : :{
         ./: : /ヽ   // ̄ ./ :/ソ : i: : i.      なによりたった一晩で3万稼げるという現実に心が揺れた。
       /: : / {: \っ __ //´ : : : ‘,、 :’,
        ヽ、{  ヽ.__,/ /__|: : : -‐’´  ̄`ヽ 、  ヒナギクは月にいちにど外泊してその相手に春をひさぐようになった。
             /´   , ‘´(‘゙ソ `ヽ  、     i ヽヽ、
        r; rー’‐             |      l   .ヽヽ、
       ./”´                 l      l ヽヽ ヽヽ
.       ,’                     !    l.ヽヽヽ ヽ }
.       l,.                  ,. ‘ l     l . } ’,:}  }
      ./                /   !   | j  j  /
.     ,’   /   ヽ         /    |    | ./ /  /
    !              l     |    |
     l                  |      |    | パンッ
     !   |             l      !    |  パンッ

719 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日::2012/11/26(月) 23:24:26 ID:yV3TM..Y0

            _____
        ∠三三ニ=     \
        ∠三ニ=         \
     .∠三ニ             \
   .∠三ニ            三乂     \     やる夫と名乗った相手は、ヒナギクの事情を追及しようとせずに金払いのいい上客だった。
  .∠三三          ノ三三 ≧=-  |
  |三三三    ー-=≦z 三三 {::ノ )  |     そのくせ、セックスは上手――
  |三三三     (乂::ノ  }三三 ¨¨´ヽ  |
  |三三三       `¨¨¨¨    }    }  |     2回目のときには絶頂というものにはじめて導くほどのテクニシャンだった。
  |三三三        (___ノーr―’ /
.  \三三ニ=          \_ ノ  /         .自慰の仕方、ローターの振動、ローションのぬめり……彼の教えてくれるものはすべて気持ちいい。
    \三三三ニ=          / ̄ ̄ ̄\
     >三三三三ニ=-――
    ∠三三三三ニ=                    故に、その彼に「今日は妻と一緒に3Pしたい」というふうにお願いされたときにヒナギクは断らなかった。
  ∠三三三ニ=





        /.::;∠、::::::/.:::::::::::::::::.\:::::::::::::.\_
       /.:::::ノ.:::::::::<:::::::::::::ニ=-‐…‐:、::::::::::::::::.丶、
    …/.:::::/.:::::::::::::::::::`Yハ:::::::::::::::::::: ├-ミ:::::::::::::::::.`ヽ
     /.:::::/.::::::::::::::::::::::::∧.:::|:::::::::::::::::::::::|:::::::::::`Y:::.ヽ:::::::i
    ::::/.::::::::::::::::::::::::::::::{:::{::::l:::::::::i::::::}::::::|:::::::::::::::iヽ::::}:::::::!    春夏と名乗った大人の女性は柔らかい笑みを浮かべていた。
.    |:::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ⅥV;:::::::::|:::八::八:::::::::::::::::|:::ハ::::|
   ;::::|::::::::::::::::::}::::::}::::}::::::ハ |:::::::::|::::::::.ヽ:::.\::::::::::|::::::::}:::|.     旦那を若い娘に盗られていたというのにその瞳には嫉妬の色はない。
   ;::::::l:::::::::;::::::/_」/」_::}::::::::} !::::::_」;二::::」:::::::::.\:::::’;::::/.:ハ
  .::i::/.::::::/.::ィ゙:::::{:::::〃::::::ノ ::{::::::{`ヽ::::|`ト、::::::::.ヽ::V.:/.::::::.
. 〈:::l/.::::::/.:::::八::::jニ八:::::::{  ‘;:::}::八二L」_;} }ハ::::}:::}::::Ⅵ::::::::i   リラックスするためにまずはホテルで話してみると、
  Ⅵ::://{:://i Ⅳ兀心ヽ人 j/l/ ´[_兀心ノ ノ::ノ::ハ:::}i:::::::::|
  ノ’イ::l:::l:{::::::’,/i{ h:::::}   /    h:::::::::リ〉イ:::/::::j::ハ::::::ノ    どうやらやる夫は若いころからハーレムを築いていたので感覚がマヒしているらしい。
 〃 |八八\::{   込ヅ          ー-=シ′//}::}::::::::::}:::(
 {  ノ:::::}::::.ヽ 个=-             -=彳 //::::::ノ八::::).   3Pなんてのは当たり前、最大7P(女6)までしたことがあるとか……別世界のような話だ。
.   Y::::ノ{:::::::::ゝヘ  ’ ‘    〈    ’ ‘   /イ.::厶イ    )’
  人( 人::::::( ヽ:\     、__         イ::人::::::::(          今は精力の衰えとともに一番家事能力の高かった春夏一人に絞っているけど、
    )  )ハ:)  ):::〕iト .    `´    イ::八::::::}`ヽ:)
          〃 (:::(八::::::〕ト   _    |::::) )ノ  ノ′       昔の女や新しい女を抱いてくることは珍しくなく、彼女も容認しているらしい。
          i′  )’ ) )::ィ|        |く( (
               ./.::リ       V:\                それどころか昔のが懐かしくなって、今回は春夏のほうから混ぜてと申し出たのだという――
        -‐.::::::::::::::::/         }::::::::丶、





       ____
     /⌒  ⌒\
   /        \     いつもはリードしてくれているやる夫はどうやらヒナギクと春夏を見守るかまえのようだった。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |.   一緒に抱かれるならともかく、レズなんてどうしたらいいのかわからないヒナギクは戸惑ってしまったが……
  \      `ー’´     /

720 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日::2012/11/26(月) 23:24:38 ID:yV3TM..Y0
     \        -―――-
       \       ´ ̄ ̄`
         \        ,.¬ー-,ッ-‐- ,,_
           \   _,,.-‘゙::: : : ‘”      ` 丶、
              `ヾ ‘”         :..,! _,,. –ュヽ
 \   、                   ‐-=-””   〈.. ノ ゙:、
   \  ` 、      ,,                  /丶、 ゙’ヽ       春夏に優しく頭を撫でられるとなぜか涙が出そうになった。
     ヾ:::::…… 、   ””           ,.- ‘′   ` く
       ゙:、::::::  .,,_           _,.-”゛   、    \.       家族というものにヒナギクは飢えていたのかもしれない。
       /> --””``丶、、zz==””         ゙、      ヽ
     /ィ’´       ,’                  ゙、      i.      ふわっ。気付くと、豊かな胸で抱きしめられていた。
   /’゛/      ,’       ゙:、           ゙、     .i
  /  /        i          ゙、     :、   ゙:.       i






      ./.::/.::::/.::/_/.::::::/}.:::|::::::::::::::::::::ハ::::::::::.
    .〃/.:::/.:/.::/l/:`/.:::/`ヽノ.:::::ノ.::’:::::}::::::}::::::::::.ヽ
.     〃.:::イ{:::{:〃x=ミメ、’.:::/ 〃.::/.::/.:::/.:::::ハ:::::::::::ハ
     八:::(八八{ ん:ハ八八 }:::::ノ\/.:::/.:::::::|::::}:::::::::::::}    「ね、ヒナちゃん。私は子供を産めない体質で……でもずっと娘が欲しいなって思っていたの
       )::ハ::::ハ {:::::ツ    ノイミノイヽ/.::::::::ノ.::ハ :::::::::ノ
     (  (::::jゝ.::`゚        ん心l//.:::::/.::/.::’.::::::イ       こんなときだけど――私のこと『ママ』って呼んでくれないかしら?
        八   ’     ,::::::::りiイ.::イ:/.::::|::::|:::::::::i
          丶  、   :::.`ヾ゚’_ ノ’う }/.:::::::l::::l::::::::ノ      私もあなたのことを娘のように想うから……
.             \ `     .ィー-=彳::::::ノリ.:ノ::イ
              >ー=  ´ (〃⌒ー=彡'(::( ヽ::}.        ダメ……かしら…………?」
                        ) \ ノノ  )ノ 丿






{: |: : : : |l: : :|!: : :|: :{|: : ||: : : ハ: : : : |l: : : : :.|マ: :| /     |: : |: : : : : |: : : : :|: : |
!: |: : : :_|マ-:|マ: ̄: lー:、!!_: :{ | : : : |}: : : : :.!、!,イ        ,|: : |: : : : : |: : : : :|: : |
,: :!: : : :.| マ:.| ∨: |:{ {: :!|: `|ヽ!-、/j/! : : : リ |:/  ____ j: :.:| : : : : :|: : : : :}: : }
:!: {: : : :.! マ! ,Ⅵl羊圭羊ミ、 |: : :リ !: : : リ j/ ,イ,ィて`ヽ`ヾミ>:ハ: : : :.:リ: : : :.;’: : リ
:Ⅵ: : : :.| ,.イ/  ム:( `ヽ ヾ、!: :/  |: : :/ / /’ ムr.::\ム /イ:/: }: : : :/: : : :/: : /
: Ⅵ: : :.:|{iil<    {i:::::::r;,ーム  |:./  j: :/     {i::::::ij:::::i}   |:; : :|: : :/: : : :/!: :/
: :.Ⅵ: : :| ヾゝ.  |ilハ:ij:/ハi} j/   {:./     Ⅵ ー ‘Ⅳ  /イ: :j!: :/: : : :/ j:./    抱擁しながら髪を撫でつつそう言われるとこくんと頷くしかなかった。
: : |Ⅵ : |     弋 辷 ,ノノ /   |/     、ゞこ_ソ, / |: :j!:./: : : :/ j/
: : |:.Ⅵ: {       、_` 二´ ‘       /         ̄ ´   {: /:イ: : : /  /        「ま、ママ?」
: : {: :ヽ: ム 、:::::\、::::\::\::::\:::::\     ヽ:\}::\:{::\:::: マ: j!: : :/
、: ム: :.|\:}::::\:::::\\::\::\::::\ ´    ’  \:::N:::::::\ }:/: :,.イ!                「そ、ヒナちゃんのママよ」
: \:}:.:|   \:::\:::::`   ,….、__,__,..  _   __           八:/: : |
: : : \{!              /      `´  `´∨         //:イ: : : |         このあたりからヒナギクの脳みそはぐにょぐにょにとろけてしまっていた。
: : : |: : {          {             {       /! : : : : :.:.|
: : : |: : :ト、           ∨         j     /: : |: : : : : : :|

721 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日::2012/11/26(月) 23:24:52 ID:yV3TM..Y0
        |\:::.\::::::.\::::::::.\::::::.\:::::..、:::::ミー-..、
       .〈|::::::.ヽ::∧::::::::.\ヽ-‐\::::::.\/`ヽ:::::.ヽ::::.\
     ../|:::::::::ハ |i:::::::::.ヽ,xテ芯ミヽ:::ハ くi l::::::::|`ヽ::::)
      ヽ::::::}::::::::’,八:::::::::::iハ弋::ツ } j八ト、.イ::::::::| 八(
       .ノ.::::ノ|:::::::::Y´,>、::八 ヽ.::::.: 〃 )::八:::::::|
   .(⌒ヽ::::〃i|:::::::::::v笊〉\     {  ハ:::::::.ヽ人         「はい、ヒナちゃん。ママのおっぱいですよー」
   )   イ{::八:::::::;个ジ.:ヽ   _,     / i::::::::( ヽ`ヽ
      从(::::::ヽ(八::ゝ、  ‘ご    . ‘   |(ハ::ハノ 丿         いつのまにか脱いでいた春夏が胸をさらすとヒナギクはふらふらと吸い寄せられていた。
    ー=彡イ:〃´ ̄) ̄` ≧=‐-  イ   | 人!(
        ノ/  __/     ̄`ヽ、    >‐-=ミ           さきほどまでの家族愛感じさせる母性は、
.     _,イ.斗 ’⌒ヽヽ \…‐- 、           `丶、
   _〃/       \\〉    ヽ       _ ヽ  ヽ.     不思議とインモラルな背徳的な雰囲気に転じていたのだった。
  ./ /   _ .ィヘ \\ヽ.>           ´    `丶、 ’,
 ..|  !   「 /   ` ーー’′        /      r‐=,ニニ、
 ..|  |    ト {                          |fニ ヽ \
 人_ |   |八             /   {        | ヽ ヽ \ ヽ
く   |  |、丶.          /               |   \ \  ’,
. V /|    ‘. ヽ个 . __ .   ´        、      |    }ヽ     ‘,
 // !    ’. }|                丶       |    人l     i
.〈_{  i       Ⅵ У                  .   |   〃 ∧   ,!




.   ヽ、          /
     ` -.     ヽ
        : : `: : 、   丶
.        : : : : : : `弋::7、            チュ…チュバ…… ♥
.        : : : : : : : V:.:.:ヽ
           : : : : : :/:.:.:.:.:}
           .: : : : : i:.:.:.:./                子供のように背中をあやされながら吸うおっぱいは特別な味がした。
         : : : : :|:.:.:/、
              : : 人./ ヽ
             }      ‘.
               ’     ’    ママァー♡
            ’      ‘.
          /        乂




  f:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:’,l               ,…….._- ´¨¨¨`==
、 :.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.’!           ,.ィ ´    ` ‐- 、
 .ヽ:.:.:.:.:.:.:ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.’,     __… -´‐ ´ ̄¨       `丶
.` 、 ヽ:.:.:.:.:.:ヾ;,;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:r==ヽ__:.:.:.:L ‐  ̄
    .` ヾ.:.:.:.:.:ヾ;;,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i{ヽ‐´  ¨´
        .`ヾ:.:.:ヾ;,:.:.:.:.:.:.:.:.:.’,ヽ、
           .ヾ:.ヾ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:!¨`:.‐-. .____… -‐7- 、_                 下着越しにやらしく触られると乳首の吸い方もやらしくなった。
           ヾヾ、:.:.:.:.:.:.:’,.:.i.:.:.:.:.:.:.:/.      /   ヽ `
           ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:/      ./  –ヽ                    女同士だからなのか。自然とお互いの気持ちのいいところを触りだす。
            ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:,’.:.:.:.:.:/    .i´ ヽ____ィ´ヽ
               ‘;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./     !
                ’:.:.:.:.:.:.:.:.:./.      丶、
                  }:.:.:.:.:.:.:/       !、
               ,:.:.:.:.:.:.,’           ¨ ‐-  _          __ ..  ´
                .,:.:.:.:.:.:.i                  >‐‐

722 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日::2012/11/26(月) 23:25:05 ID:yV3TM..Y0
                ,、 '”   ̄ ̄   - .._
             /
            , ‘                 ヽ  ノ(_
          /   /  i              、    そ
          ,’  i ,’  i l l          .’.    .、    て
         i   l l  ! l l.  / /ヘ    ..’. ’.   ヽ  Y⌒
         l   l li  l. l l /  /シil      ‘. ’. ‘. ヽヽ       それからはもうめくるめくる官能の一時だった。
         ‘, l l. l.| |l li. l /l /  !  i     .’. ’. ‘. ヽヽ.
         ヽ! l liト、リlハl/Ll/   !  i   l  ‘. ’. ‘.  ヽヽ.       レズの経験なんてないのに、春夏の手解きによってどこまでも堕ちていく。
           ヽトハノ  '”i::::cヽ、 ,’  ト 、 l l l’. l  l l’.   ヽヽ、
           / i.゛   c.{::::::/つ /.> }.i l l ‘.l  l l ‘.  ’.\\
        (⌒) ./   ハ :::::::;;;;`”゛ ノ/ /-‘ / l l ‘. ’. !.l ’. ‘. ’. \\
         ,’   /  \ .._) . .ノ‐‐–‘..,_ ! l ’. ’..l l  ‘. ‘. ’.、  \\
         li /   l ヽ!( _/      ノl l’. ’. ’l l ! ’. ‘. ’. \  \ヽ、
         !l ,’ (⌒) . ‘,  /        ./ / .l ‘. ’. ヽl  l ’. ’.\\_ヽ\ ` 、
          リ       ‘, /      / /λi ___ヽ、\l_l  ‘._≧\ ヽ、_ヽ
                 .’/       >””´    ` `ヽミ .._____ ニ二ヽ._ `ヽ、
                  /      /     ___rー、ーy<: : : : : : : : ミ¨>ー-、.、ヽヽ、
                   /     /      /::/::/::::/: : : : : : : : : : : Zイ: ヾ: : : ヽ、
              /     , ‘ u      从:::/::::イ/: : : : : : : : : : : :{: : : : : : : 从.ヽ
             ./    ./       //:::/: : :リ: /: : : : : : : : : : :.|: : : : : :弋: ハ . ‘.
               ./    ./       //:::/::{: : {彡 : : : : : : : : : : : :.j: : : : : : : :ヽ:.ヽ、’.
              /    ./       ..{:从:{: :|: ::ハ彡〃: : : : /: : : : /: :丿: : : :ヽ : \:ハ.
             ./     ,’        ソヽハ:: : : : :イミヽノ /: : : :.Y: :/: : : : : : :}: : : ::Y:}      女性同士でするときの作法をいくつも春夏に教わった。
            /      .,’         u . .}: : : : ハ }j : :/: : : : : |: :|: : : : : : : |: : : : {:.jl
           .{     .,’              .リ: : : : : :Y(ノ〃小,ィイ:.人:ハ: : : : : : ノ.: : : :j:.{ l     何度絶頂しようと終わることのない快楽地獄。
           ‘、.___,,.,’            {イ: : : : :ノ)     Y㍉ ハ从:::::::: :イ: : : :.ノイ l
                   l            ..人{从イ从丶、 ヽ ノ   ノイjハ:::::. :|: : :.イ: リ  l
               l                ̄  / .-―‐-=辷.!       ∨从小ソ人从  l
                 l                  / /                       `ヽ  l
                  !             /              ‘,            ‘. . l
              l                 / . |                     |  | .l
               l                 / …|                     | | l





     ,..¨ ̄ ̄¨丶
    /        \      「さぁて、そろそろパパも混ざらせてもらうとするか」
   / ヽ、:::::::::      ヽ,
.  /( ●):::::::::::, -‐    i      そういってやる夫が参戦するころには二人はぐしょぐしょのトロトロになっていた。
  i     ::::: ( ●)     |
  \ (_,、           /      すっかりとできあがっている躰では二対一だというのに一方的に蹂躙されるだけであったが、ヒナギクは満足だった。
   \ ` ‐’    __/
    /         \

723 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日::2012/11/26(月) 23:25:23 ID:yV3TM..Y0

  後日、やる夫と春夏の家に養子として引き取られることになった。

  そうなったときのヒナギクは学園の皆が驚くほどの上機嫌になっていたという。



   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   |_________|


                 |.=. –.= . .  | | \\          .|
                  . :‘: : : : : : : : : : :≧..!   \\       |
             /: /: : : : : : : : : :./ :fニ、:\.   \\      |
              ./: : /: : : : : :| : : : : ハ: :l ij ∨:‘.,.  \\    |
           ,: : : :{: : :. :.r‐|: : : : ,{ 、:l\ }: : : :.,        .| 
           : : : : |: : :|: { l: : : :ィ=ミ、  从: }: :}       |
             |: : : :.|: : :|: :ゝ:,: : :{  ` ィ=ノ: : :リ       |  .ィ  _
             |: : : :.|: : :|: : :八: : :.|.// `}: /}:/         .| ././ ./ 〉     当然のようにやる夫との関係は家族になっても続いていた。
             |: : : :.|: : :|: : : : :ヾ: :l. f´: :}八./          ト.{ { ./ / ,イ
             |: : : :.|: : :ト、: : : : :_ヽヽ=.ァ-、:{             |/ .ゝ //イ
            _|: : : :.|: : :|-=≦´    /::::::::\            |    / .    けど、春夏とは料理を教えてもらったりと母娘らしいこともしている。
          / |: : : :.|: : :|        /:::::::::::::::::ヾ         |}__/
          .ィ/   |: : : /}:. :.|_……-::=::≦::::::::::::::::::::::::::\     /≧=- ‘.ァ
    -=≦::/  /: : :/:::|: : |::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::\ ./:::::::::::::::::./      そして半月に一度ほどのペースで3Pをすることになっていた。
-=≦::::::::::::::/ .ィ/: : :/:::::|: : |::::::::::::::::::::::ィ’,:::::::::::::::::::::::::::::Y:::::::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::::’´}:/{: : :.{:::::::l: : |:_:_:_彡イ´: } i:\::::::::::::::::::::::::::‘,::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::::::/: /|: : : |三ハ: :.l: : : : : : :: : :| }: : }\:::::::::::::::::::::::}:::::::::::::/          それ以外は別々に抱かれている。
:::::_   -=≦/イ-:’—‘–:-‘-:’:==ニ二:_: :〈 .|: :リ : }\:::::::::::::::::::::::::::::/
 ̄   .,.<二ニ=——–==ァ–=ミ、: :\!:/ }:/   \::::::::::::::::::::/
  . イ : /: : : : : :_:_:_>–=彡’ ̄ ̄`ヽ\: ‘,/___\::::::::::::イ          いろいろとおかしいところのある家ではあった。
´: : : /:_: : -=≦ : : _:二ニ=´ _   _   ‘ <}l       ` ¨ ´
: ,:ィフ—ァ-=ァ        ∨:\ {:::ヽ r.、   \
/:::f::::::/:::-イ     ,′   ヽ:::::Y.、:::ヾ::\.   \                     そうではあるけど――ヒナギクはもう寂しいと思うことはなくなっていた。
{::::j::::::{:::/        :      }:::::| /::::/}:::::}     ‘,
::::::::::::::::{        {     |:::::l’:::::::}/:::/ヽ    :.
:::::::::::::八    / .r, ゝ_  .八:::::::::::::::イ:::::/    .}       イ
::::::::::::::::::::ーイア(´{,ィ==ミ、ヽ:ヽイ:::::::::::::::::::::::::::イー――’―――=≦::::::::::
:::::::::::::::::::::::/ rィ{{:::::::::::::}ノ{V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::ノ ̄ ̄ ̄   ノ ゞ==彡_ノ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           (j ノゞ==イ\   `ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             ,: : : : : {       \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            ,′: : : :.|        ≧=- _::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       <これは離れ離れになっていた父と娘が奇跡の再開を果たした物語である>
         ハ: : : : : ::.                 ̄ | ニ=-
        ./: :ゝ-==彡         i          |
        /: : : {: : ::イ: ∧       J          |

724 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日::2012/11/26(月) 23:25:42 ID:yV3TM..Y0

テーマは「援助交際」――15戦目の締切に間に合わなかった「母性」の使い回しだったりはしませんよ!?

AAは、5レス目の上のみ既存合成。他は既存。

半額希望は、「五更瑠璃・黒猫」



アクセスカウンター


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。